「おさるのジョージ」の黄色い帽子のおじさんに学ぶ“怒らない育児”

「おさるのジョージ」の黄色い帽子のおじさんに学ぶ“怒らない育児”

Bu facebook
Bu twitter


Eテレで毎週土曜午前8時35分から放送中の「おさるのジョージ」
お子さんと一緒に観ているというママも少なくないはず。
土曜の朝に子どもと一緒に観ていると「ジョージのいたずら、笑えないな…」と、狭い心で見てしまう私がいます。
実際、お子さんと見ているママ達の中にも「ジョージにイライラする」「ジョージやりたい放題すぎて…」「毎回イラッとしちゃう」という声が多かったりします。
この声を見て「良かった。私だけじゃなかった!」と安心しつつ、もう一つ、とても多くのママ達が話題にしていることがあります。
それが、「黄色いおじさんのように、寛大な気持ちで子育てしたい。」ということ。

見ている多くのママ達がイライラしてしまうほど、ジョージのいたずらは笑えないものがたくさんあります。
「こんなことされたら怒鳴っちゃう」「手が出そう」と思うようないたずらもたくさん。
ところが、黄色い帽子のおじさんは、ジョージのことを怒ることはほとんどありません。

「黄色い帽子のおじさん、ジョージのことをペットというより息子みたいに扱っていて好き。 話しかけたり教えたり注意したり。」
「ジョージの暴走をいつも笑って済ませる黄色い帽子のおじさんの器のデカさに毎回脱帽。 」
「おじさん、やさしいから好きだなぁ」
「黄色いおじさんもだけど、この街の人皆が猿に寛大?優しすぎない?」
「黄色のおじさんが寛大すぎる」
「好き勝手できて溺愛されてるジョージがうらやましい」
「黄色いおじさん全然怒らないよね。なだめるような感じ。ジョージがいろいろやらかすけど、おじさんとか怒らない~(笑) 」
「おじさん、寛大だよね~。いけないことしたらちゃんと丁寧に説明してるし。」
実は今、ネット上では黄色い帽子のおじさんのジョージへの接し方を見て「こんな風に子育てしたい」「育児スキル高すぎる」というママ達が増えているんです。
“叱らない育児”については、多くの育児書でもテーマになりますが、まさにそれを実践しているのが、黄色い帽子のおじさんなのです!

ママ達が見ていて感じているように、おじさんはジョージのいたずらを怒りません。
迷惑をかけた人にはきちんと謝ります。
そして、ジョージになぜそれがダメなことなのかをきちんと話します。
それでも、ジョージのいたずらは繰り返されるのですが…(笑)
「ジョージの好奇心や発想力は凄いなーと思って見てるよ。失敗してもそれを学習して、次はどうしようか考えてる。」
ただ、いたずらなだけではなく、ジョージもおじさんといることで学習していることがたくさんあるようです。

おさるのジョージを見ていると、「この2人良いなぁ~」と思うことがよくあります。
きっとそこには、2人の間の信頼関係が見えたりするからなのかもしれません。
「黄色い帽子のおじさんて優しいよね。というか、心が広いね。
ジョージがどんなにいたずらしても怒らないし、怒ったとしても、怒鳴ったりしないし。
ある意味、見習いたい…。」
子ども達が夢中になる理由の中には、おじさんとジョージへの関係性に何かを感じている…なんてこともあるかもしれませんね。

ライター 鈴木じゅん子
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP