【妊婦さんに聞いた】“マタニティマーク”つけていて「良かった」話

【妊婦さんに聞いた】“マタニティマーク”つけていて「良かった」話

Bu facebook
Bu twitter
妊婦さんが交通機関や職場、飲食店、その他の公共機関等を利用する際に周囲が配慮できるよう、妊婦さんにやさしい環境づくりを推進するためのものとして発表された「マタニティマーク」。

実際に身に着けることで周囲から配慮は受けられているのでしょうか? 妊娠を経験したみなさんに、「マタニティマーク」にまつわるうれしい出来事を聞いてみました。

■席を譲ってくれた

・「席を譲ってくれたのは、足をケガした松葉づえの人、ご高齢の方、私よりもおなかの大きな妊婦さん、若い男性2人組。女性と中年の男性は席を譲ってくれることはほとんどなかった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「席を譲ってくださる方が多かった。今でも心から感謝しています。妊娠中という話題で知らない方とも話すことができ、一期一会の大事さを知った」(32歳/その他/その他)

・「電車で中学生くらいの女の子が席を譲ってくれたこと」(25歳/その他/その他)

・「わざわざ背後から声をかけて席を譲ってくれる男性がいました。小さなお子さまがいらっしゃるのかなと幸せな気分になりました」(38歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

マタニティマークは本来、「席を譲ってもらう」目的のものではありませんが、体を気遣った行動はうれしいですよね。

■カゴを運んでもらった

・「スーパーでカゴを運んでもらったり、親切にしてもらった」(35歳/その他/その他)

・「スーパーの会計後にカゴを運んでもらえた。カートに乗せてもらえたこと」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「買い物カバンにつけていると、レジ係の人が買い物カゴを袋詰めする所まで運んでくれた」(30歳/その他/その他)

妊娠中は、重いものをもつのもできれば避けたいものです。買物へ出かけた際にマタニティマークを付けていることで、カゴの上げ下げなどを手伝ってもらえるのは大変うれしいですよね。

■声をかけられる

・「『膝掛けいりますか』や、『空調寒くないですか』などたくさん声をかけられるようになりました」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ランチのお店で店員さんが気づき、膝掛けを貸してもらえました」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「まだおなかが目立たない頃、図書館で受付の人に、『元気な赤ちゃんが生まれるといいね』と話しかけてもらえた。ほっこりしました」(31歳/医療・福祉/専門職)

妊娠中はちょっとした他人の好意がうれしいものです。何かしてくれるわけではなくても、ちょっとした気遣いで、声をかけてくれるのはうれしいものですよね。

■同じ妊婦さん同士で励ましあった

・「おなかが目立たない時期でも気づいてもらいやすかった」(31歳/その他/その他)

・「外出時に、先輩ママさんや、同じく妊娠してる方と声を掛け合い、仲良くなったり、その場限りでも情報交換や、お互いの励まし合いもでき、1人じゃないんだなと心強くなったことがあります。席を譲ってるいただいたり、優先していただくこともありましたが、申し訳ない思いも強かったです」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

マタニティマークは同じ妊婦仲間を見つけるマークにもなります。そのため妊婦さん同士声を掛け合い励ましあうこともできるので心強いですよね。

■まとめ

妊婦さんに聞いた「マタニティマークにまつわる心温まる体験」いかがでしたか? 「電車で席を譲ってもらう」「思いやりの言葉をかけられる」などは、妊娠中の女性にとってはとっても有難いことです。マタハラなどの話もよく聞きますが、悪いことばかりでない事実があるということは、これから妊娠をされる女性にとってはうれしいお話ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※クリエイティブサーベイ株式会社調べ。(https://creativesurvey.com/)
有効回答数307件(社会人女性)

関連リンク
あなたは許せる? 妊娠中に旦那が浮気する理由4つ
コンドームは避妊に適していない!? 確実に避妊をするには……?
未来の私はどんな母親? 「ママタイプ」診断
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP