3歳児に絵本を読み聞かせ!選び方とおすすめ10選をご紹介

3歳児に絵本を読み聞かせ!選び方とおすすめ10選をご紹介

Bu facebook
Bu twitter

3歳児は言葉の発達が目覚ましく、記憶力や集中力もグッとアップします。より多くのことを吸収するといわれている3歳期こそ、たくさんの絵本を読んであげたいものですよね。

赤ちゃん期は、擬音が多いものやイラストがカラフルなものなど、視覚や聴覚に訴えるような絵本を読み聞かせる機会が多かったと思います。

幼児期となった3歳児には、ストーリーが面白いものなど読みごたえのある絵本を読み聞かせると、言葉だけでなく感情の発達にも効果的でしょう。

ここでは3歳児への読み聞かせにおすすめの絵本を10冊をご紹介したいと思います。

3歳ってどんな時期?

絵本の楽しみ方がいっきに広がる時期

親子で読み聞かせ,絵本,読み聞かせ,おすすめ

赤ちゃん期を卒業し、自分でできることが増えたり、周りとのコミュニケーション能力がぐんと発達し、魔のイヤイヤ期も幾分落ち着きを見せはじめる3歳児。

相手の気持ちが分かるようになり社会性が高まると同時に、食事やトイレといった生活面でも自立が始まる時期でもあります。

好奇心からさまざまなことにチャレンジしようとしたり、好き嫌いといった好みもはっきりとしてくるため、子どもとの接し方において、これまでとは違った悩みを抱えるママパパも少なくありません。

2歳より口は達者なのに4歳ほど聞き分けがない3歳=第一次反抗期ともいわれる所以かもしれませんが、実にさまざまな事を学び吸収する3歳は、子どもにとって非常に大切な時期なのです。

3歳児の絵本の選び方

シンプルなストーリーと挿絵がポイント

絵本を選ぶ男の子,絵本,読み聞かせ,おすすめ

急激に言葉に対する理解力が発達する3歳児。赤ちゃん向けの単純な言葉と絵だけのものから、簡単なストーリー性のあるものを理解できるようになると共に、絵本を通して集中力も身についていきます。

おとなの働きかけ次第でその力は目覚ましく育ち、言葉や情緒の発達にもつながるため、この時期における絵本の読み聞かせはとても大事です。

3歳児の絵本を選ぶときにまず気をつけたいポイントは、読書が楽しいと感じられるよう、なるべく文章がシンプルで分かりやすいものを選んであげることです。

ページ数は15ページ、1ページ3~5行程度のものをおすすめします。次に、挿絵がストーリーに沿ってできる限り丁寧に描かれているものを選ぶといいでしょう。3歳児はまだ文字を理解できない分、絵から内容を把握するため挿絵には深い意味合いがあります。

途中で遊び始めたり、絵本になかなか興味を示さない子には、子どもが経験したことと共通性のあるものや、興味のあるものが題材の本を選ぶのも手ですね。

3歳児向けのおすすめ読み聞かせ絵本を紹介!

【1】どうぞのいす|香山 美子

「どうぞ」の思いやりの心を育む絵本

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

うさぎさんが作ったかわいい小さな椅子、「どうぞのいす」を看板と一緒に丘の上に置き、そこにやってくるたくさんの動物たちの物語です。

まずろばさんがやってきてどんぐりを置いてひと休み、次にやってきたくまさんがどんぐりを食べたかわりに持ってきた蜂蜜を置いていきます。

そこへやってきたきつねさんが、はちみつを食べたかわりに持ってきたパンを置いていき…。あとから来た人のために何かを置いていくという、大人も読んで温かい気持ちになれる、思いやりの気持ちを育む絵本です。

繰り返しのストーリーの中にも変化に富んだ情景があふれ、挿絵の色彩やタッチが実にやさしく、子どもに馴染みのある動物達がたくさん登場するおすすめの1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:ひさかたチャイルド
*著作者:香山 美子
*ページ数:32

この商品の口コミ

・心温まる内容の絵本です。繰り返しフレーズが出てくるので、小さい子どもでも内容に入りやすいです。

・「どうぞ」や「からっぽにしてはおきのどく」など、日本人らしい気遣いの心や優しさを学ぶことができます。絵本の読み聞かせから自然と身に付けられそうです。

【2】ぐりとぐら|なかがわ りえこ

心に残るかわいらしい世界観

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

シリーズ累計2400万部にものぼる1967創刊の名作ロングセラー絵本「ぐりとぐら」。野ねずみのぐりとぐらが、森で見つけた大きな卵で大きなフライパンを使ってカステラをつくることにしました。

すると、カステラのいい匂いにつられたくさんの動物たちが集まってきて…。森の中で様々な動物たちが仲良く協力しあって生きている様子が描かれ、優しい気持ちを育ててくれるストーリーです。

子どもの頃に読んだパパママは、子どもの頃とまた違った思いが出てきたり、親しみをもって子ども達に読み聞かせてあげられますね。食べることやお料理に興味のある子なら夢中になること請け合いです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:28

この商品の口コミ

・優しいイラストと楽しいお話の展開に、いつまでも心に残る絵本です。大人も子どもも一緒に楽しむことができます。

・繰り返し出てくるフレーズのリズムが心地よく、子どもも集中して聞いてくれます。長い間愛されている理由がわかる絵本です。

【3】はらぺこあおむし|エリック=カール

世界で1番有名なあおむしのお話

はらぺこあおむし エリック=カール作,絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

穴あきの仕掛けがあったり、鮮やかでおしゃれな色使いが子どもの目をひく、1969年に出版されたアメリカの絵本作家エリック・カール氏の名作です。

いろいろな食べ物を食べながらさなぎになり、やがては美しい蝶へと成長していくあおむしの物語です。途中、食べ過ぎてお腹が痛くなるところも有名ですよね。

あおむしが食べた部分は穴があけられ、ボードブック版であれば子どもが指を入れても破れにくいよう丈夫な紙で作られています。

美味しそうなお菓子や果物が月曜日から順番にたくさん登場するので、曜日や食べ物を楽しみながら覚えるにはもってこいの1冊ですよ。3歳児でも最後まで集中できるシンプルなストーリーなので、ぜひ一度読んでみて下さいね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*ブランド:偕成社
*メーカー:偕成社
*著作者:エリック=カール
*対象年齢:3歳〜6歳
*ページ数:25

この商品の基本情報

・小さな赤ちゃんから大きくなってもお気に入りの1冊になる絵本です。カラフルなイラストや仕掛けに子どもは夢中になります。

・読み聞かせしやすい絵本です。ただストーリーを読むだけでなく、イラストや仕掛けに合わせてアレンジできるので飽きのこない絵本です。

【4】ぐるんぱのようちえん|西内 ミナミ

失敗は成功につながることを優しく学べるお話

ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

ひとりぼっちで暮らしてきたぞうのぐるんぱは、ビスケット屋、靴屋、お皿屋でお皿つくりなど色々な仕事に挑戦します。

しかし作るものが大きすぎて失敗の連続。そんなとき子だくさんのお母さんと出会い、子ども達のお世話をすることになります。

ぐるんぱの作った大きすぎる失敗作は子ども達が大喜びする遊び道具に変身し、ぐるんぱは素敵な幼稚園を開くのです。

大きな体に優しい笑顔、たくさんの失敗を乗り越えて最後は子ども達に囲まれてハッピーエンドとなるぐるんぱのお話は、多くの保育園や幼稚園でも読まれ、数ある絵本の中でも親しまれている1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:西内 ミナミ
*ページ数:28

この商品の口コミ

・出会いには全て意味があることや、誰かに必要とされる喜びなど、「子どもに伝えたい大切なこと」が詰まった絵本です。3歳くらいからの読み聞かせにぴったりです。

・失敗をしても次に進めば、成功につながることがかわいらしく描かれています。ぐるんぱの自分探しとも読めるストーリーは、まさに人生とも言えます。

【5】ねないこだれだ|せな けいこ

寝かしつけにも効果てきめん!

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

3歳頃になると体力がついてくると共に夜更かしをする子どもも増えてきます。なかなか寝てくれないとお悩みのパパママに、子どもを寝かしつけるための絵本として多くの人に読まれてきたおすすめの1冊が「ねないこだれだ」です。

夜の9時になると、ボン ボン ボンと時計が鳴り、寝ない子のところにおばけがやってきます。おばけがなかなか寝ない子を空の彼方まで連れていってしまうという、子どもにとっては少々インパクトの強い内容。

はり絵や分かりやすいストーリー展開は、怖いながらも子どもの心をひきつけると同時に、夜寝ることの大切さを学べる1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 756
*メーカー:福音館書店
*著作者:せな けいこ
*ページ数:24

この商品の口コミ

・子どもの生活リズムを整えることに効果抜群です。子どもにとっては怖い内容でトラウマにもなりそうですが、自分から布団に入っていくほど効き目がありました。

・怖い内容ですが、味のあるイラストに親しみが持てるからなのか、怖いながらも「読んで」とせがまれる絵本です。きちんと寝てくれるようになりました。

【6】そらまめくんのベッド|なかや みわ

お友達との関わり方を学ぶことができる1冊

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

子ども達が大好きなおまめさんがたくさん登場する、そらまめが主人公の人気シリーズです。誰にも貸してあげなかったお気に入りのふかふかのベッドが突然なくなってしまったそらまめくん。

一生懸命探しても見つからずやっとの思いで見つけ出した自分のベッドには…?

大切なベッドがなくなってしまったときには、ほかのまめ仲間が一緒にさがしてくれるシーンがあったり、ベッドを貸し借りするシーンが出てきます。

そのようなストーリーからは、お友達とのかかわりがぐんと増える、3歳児にとって大切な「かして」「いいよ」「だめ」といったやり取りが学ぶことができる貴重な1冊です。

読んでいる大人まで、そらまめくんの気持ちになって喜怒哀楽を感じられるストーリー展開も魅力の一つですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかや みわ
*ページ数:28

この商品の口コミ

・教育的な内容ですが、押し付けがましくなく親切な心を自然と学ぶことができる絵本です。

・リズムが良く、小さい子どもでも暗記しやすい文章なので、読み聞かせしやすいです。子どもも聞き入ってくれるし、何度か読むうちに暗記して一緒に読めるようになりました。

【7】おおきなかぶ|A.トルストイ

単純なストーリーで絵本に入り込みやすい

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声でおなじみの、ロシア民話です。おじいさんが自分の作った甘くておおきなかぶを抜こうとしますが、なかなか抜けないのでおばあさんをよんできます。

次はおばあさんがおじいさんを引っぱり、おじいさんがかぶを引っぱりますがかぶは抜けません。そこで、まご娘、犬、ねこと次々と助っ人をよんできて、最後はねずみも加わりやっと抜けるという、実にシンプルでわかりやすいストーリーです。

登場人物と一緒に「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声と共に体を動かす単純な動作の繰り返しが、子どもにはとても楽しく、親子で楽しめるおすすめの1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:A.トルストイ
*ページ数:28

この商品の口コミ

・単純な内容で、繰り返しのフレーズが多いので小さい子どもでも理解しやすい絵本です。リズムも良く、読み聞かせにぴったりです。

【8】はじめてのおつかい|筒井 頼子

子どもの繊細な心の動きがよく描かれています

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

子どもがいつかは経験する大仕事、はじめてのおつかい。大人にとっては大したことではなくても子どもには大冒険です。

主人公の5歳のみいちゃんは、お母さんに頼まれて赤ちゃんのために一人で牛乳を買いに行きます。途中で転んでけがをしたり、お金を落としたり、ハプニングを乗り越えてようやく牛乳を買うと、緊張がとけたのか思わず涙がぽろり、お釣りももらわず走って帰ってしまいます。

おつかいだけでなく、子どもにとって日々の生活の中に冒険はたくさんあります。そんな不安やドキドキ、達成した時の喜びといった子どもの繊細な心情が描かれ、共感しながら読み進むことができるお話です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:筒井 頼子
*対象年齢:4歳〜8歳
*ページ数:32

この商品の口コミ

・子どもの感性が驚くほどよく表現されている絵本です。初めての経験でのドキドキや不安感、達成感など本当によく表現されています。

・読んでいると、おつかいのドキドキ感が蘇ってくるような絵本です。大人にとっても子どもにとっても楽しめます。音が聞こえてきそうな描写など、イラストも素晴らしいです。

【9】ぱんつのはきかた|岸田今日子

自分でできるようになることを後押ししてくれる絵本

パンツのはきかた (幼児絵本シリーズ),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

おむつを卒業し一人でパンツがはけるようになるのは、子どもにとってとても大きなイベントです。

「パンツはね はじめてに かたあしいれるでしょ それから もう かたっぽいれるでしょ」と小気味よいリズムで、ピンクの子ぶたの女の子が、パンツのはき方を丁寧に教えてくれます。

ひとつひとつの子ぶたのかわいい仕草や、ユニークなキャラクターが子ども心をくすぐり、子ぶたと一緒に自分もパンツをはきたいと思うこと請け合いです。

トイレトレーニングがなかなかすすまずイライラしてしまうママも、この1冊で笑顔で楽しく子どもと向き合えるのではないでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:岸田今日子
*ページ数:24

この商品の口コミ

・トイレトレーニングにぴったりです。3歳になってもおむつが外れませんでしたが、この絵本を読み聞かせると途端にやる気が出たようです。

・リズミカルで歌を歌うように読み聞かせができます。ブタさんの表情も面白く、子どもが大好きになる絵本です。

【10】もったいないおばあさん|真珠 まりこ

「ものを大切にする」心を親子で学べる絵本

もったいないばあさん (講談社の創作絵本),絵本,読み聞かせ,おすすめ 出典:www.amazon.co.jp

ものを大切にしなければならない事を、読み聞かせを通して子どもと一緒に親も学ぶことのできる、ものが溢れている今の時代だからこそおすすめの1冊です。

もったいないことをしている子どものところにやってくるもったいないおばあさん。お皿の残っているご飯粒をぺろぺろ。くしゃくしゃにまるめて捨ててある紙は、伸ばしてくっつけて遊び道具に作り変えてしまいます。

短くなった鉛筆やみかんの皮も、おばあちゃんの手にかかれば魔法がかかったように別のものに変身します。

子どもには難しい「ものを大切にする」意味を、強烈なキャラクターのおばあさんがおもしろおかしく教えてくれますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,620
*メーカー:講談社
*著作者:真珠 まりこ
*ページ数:34

この商品の口コミ

・ものに恵まれているこの時代に、「もったいない」という心を教えるのはなかなか難しいです。この絵本では、ものを大切にする心を面白おかしく学ぶことができます。

まとめ

今回は3歳児への読み聞かせにぴったりの絵本を10冊ご紹介いたしました。人として身につけておきたい大切なことは、わかりやすい絵本から学ぶことができると、しっかりと心に刻み込まれます。

お友達との付き合い方や、日頃の生活のことなど育児やしつけで壁にぶつかった時は、絵本に頼ってみても良いかもしれません。

ぜひずっと心に残るような絵本を見つけてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP