こども(15歳以下)「頭・首のけが」があるときの救急受診ガイド

こども(15歳以下)「頭・首のけが」があるときの救急受診ガイド

Bu facebook
Bu twitter

子どもの頭・首のけががある場合に、「病院やクリニックに行った方がいいかどうか?」「救急車を呼んだ方がいいかどうか?」などで迷ったときは、以下のガイドをご利用ください。

主な症状

・頭をぶつけた
・落ちた
・頭から血が出た
など

≪チェック①≫

以下の症状はありますか?

・数回にわたって吐いている。
・片側の腕があがらない。または、反対側と比べてあがりが悪い。または、腕のあがり具合に左右差がある。
・サラサラした液体が鼻、または、耳からポタポタと出ている。
・押さえても、鼻血が止まらない。または、直接ぶつけていないのに耳から血が出ている。
・頭からの出血が多い。または、出血をタオルやガーゼで圧迫しても止まらない。
・首をかしげる姿勢をとっている。または、まっすぐ体を向かせても横を向いてしまう。
・手足で動きにくいところがある。または、手足にしびれがある。
・けがをした後、または、けがをした時に意識がなくなった。
・意識はしっかりしているが、頭が痛いと言っている。
・めまいがする。
・目が見えにくかったり、ものが二重に見えたりする。
・1回吐き、さらに元気がない。
・同じことを何度も質問する。
・首の後ろ側をさわると痛がる。

【ひとつでも症状がある】

緊急度が高いと思われます。今すぐに119番に電話して救急車を呼んでください

【どれにもあてはまらない】

≪チェック②≫をご確認ください

≪チェック②≫

以下の症状はありますか?

・起こせば起きるが、元気がない。
・頭から出血していたが今は止まった。または、タオルやガーゼで圧迫して止まっている。
・38℃以上の熱がある。
・1回吐いたが、その後は普通である。
・大きなこぶがあるが、普段と様子に変わりはない。

【ひとつでも症状がある】

2時間以内を目安に病院で受診しましょう

【どれにもあてはまらない】

≪チェック③≫をご確認ください

≪チェック③≫

以下の症状はありますか?

・普段ととくに変わった様子はない。(37℃台の熱を含む)
・けがをしてからすでに2日(48時間)以上経っているが心配だ。

【ひとつでも症状がある】

当日又は翌日の通常時間に病院で受診しましょう

【どれにもあてはまらない】

すべての項目に該当しない場合、継続的に様子をみて、以下の状態であれば、医療機関の受診を考慮してください。
・症状が悪化した場合
・変わらずに続く場合
・他の症状が出現した場合

応急手当等

・けがをしてから48時間は、できるだけ安静にしましょう。
・鼻血のときは、小鼻をつまむように指でしっかり押さえ、安静にしましょう。後頭部は叩かず、前かがみに座り、血液を飲み込まないように吐き出しましょう。

本記事について

本記事の内容は、横浜市救急受診ガイド(以下「当ガイド」という)に記載されています。

当ガイドは、急な病気やけがをして、救急車を呼ぶべきか、医療機関を受診すべきか、迷ったときにご自身による判断の一助となることを目的としています。

当ガイドは、「平成25年度緊急度判定体系に関する検討会」(総務省消防庁)において策定された緊急度判定プロトコルver.1及び電話救急医療プロトコル(日本救急医学会監修)を参考としており、「平成26年度横浜市救急業務検討委員会」において承認を受けたものです。

このガイドの内容は、平成25年10月現在の医学的判断基準をもとに作成されています。今後、内容は変更される可能性があります。

本記事で紹介している症状以外に関する救急受診については、以下の関連リンクより横浜市救急受診ガイドWEB版をご活用ください。

この記事に関連するリンクはこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP