残る夏休みはコスパ重視! 子どもに経験させたい人気の日帰りレジャー

残る夏休みはコスパ重視! 子どもに経験させたい人気の日帰りレジャー

Bu facebook
Bu twitter
夏休みも後半戦、家族の大イベントはすでに体験済みという人も多いのではないでしょうか。残り少ない休みは、あまりお金をかけず楽しみたいという人も多いですよね。

アスレチックで遊ぶ幼い男の子

(c) ziggy - Fotolia.com



コスパの良い日帰りレジャーにはどんなものがあるのでしょうか。とあるアンケート調査結果をもとに、ご紹介していきましょう。

■家計に響いても、夏休みは子どものためにお金を使う
株式会社i.JTBは3歳~中学生の子どもがいる男女1,000名を対象に「子育て世代の夏レジャーに関する調査(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000883.000005912.html)を行いました。

「夏休み中の子育てについての意識」のアンケートで「夏休みは一年のうち子供がいちばん成長できる時期だ」と答えた人は69.7%と全体の約7割にのぼり、夏休みにさまざまな体験をさせてあげたい、と考える親が多いことが明らかになっています。

夏休み中の子育てについての意識

また「夏休みは多少家計に無理をしてでも子供にお金を使ってあげたい」という人が72.6%という結果に。普段は節約していても、夏休みだけは費用のかかるレジャーも多めにみる、といったケースが多いようです。

■コスパ重視のレジャー&経験させたい体験プログラム
とはいっても夏休みは長いですよね。「お金のかかるレジャーばかり行ってられない!」という本音もちらほら…。

「子供連れで楽しみたいと回答した日帰りレジャーのうち、コストパフォーマンスが良いと思うものは何か」というアンケートで1位となったのは「プールや海水浴」で68%。

次いで「山登り・ハイキング」が66.7%、「夏祭り・花火大会」が57.6%、「アスレチック・スポーツ施設」が48.4%と続いています。

コストパフォーマンスが良いと思うレジャーは何か

山や海といった自然や、夏ならではの風物詩に加え「名所旧跡(45.1%)」など入場料などが無料、あるいは比較的安いスポットもコスパが良いと感じている人が多いようです。



また、子どもにさせたい体験プログラムについてのアンケートでは、天体観測などの「自然・科学体験」が60.8%と1位に。

子ども連れで楽しみたい体験プログラムは何か

次いで「スポーツ体験」が33.6%、「工作体験」が27.2%、「料理体験」が19.8%と続いています。

中には「エコ・リサイクル体験(11%)」や「防災体験(8.1%)」などもあり、住んでいる地域のイベントでできる体験もあるようです。

■日帰りレジャー! みんなが用意しているものって?
子連れのレジャーは、現地で「忘れた!」「なくて困った!」という経験が、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

「子供連れで日帰りレジャーにいく事前準備としてよく購入するもの」についてのアンケートは1位から順に「食べ物・飲み物(78.5%)」、「虫よけスプレー(43.9%)」、「レジャーなどのチケット(41.4%)」、「日焼け止め・制汗スプレー(38.4%)」、「ティッシュ・ウェットティッシュ(36.7%)」という回答が続いています。

子ども連れで日帰りレジャーに行く事前準備として購入するもの

レジャー先、あるいは周辺の外食は待ち時間が多かったり、食べ損ねたりすることも。そんなとき、子どもにグズられると困りますよね。そこで、ちょっとつまめるお菓子やおにぎりなどを準備していく人が多いようです。

また、未就学児では「ティッシュ・ウェットティッシュ」の比率が小・中学生より高い結果に。食べこぼしや鼻水など、あらゆるケースを想定して持ち歩く人が多いようです。

さらにお出かけ先のチケットをコンビニで事前手配する人も多くいました。割引になるだけでなく、事前に用意しておくことで入場待ちの時間などを短縮することもできます。親子でストレスなくレジャーを楽しめるよう、事前準備・手配などは早めにやっておくと安心ですね。

残り少ない夏休みは、上記のようなコスパが良い日帰りレジャーや、子どもの成長が見込める体験プログラムが人気です。たくさんの思い出をつくれるとよいですね。
 
 
(すだ あゆみ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP