不妊治療の治療費。医療費控除で戻ってくる?

不妊治療の治療費。医療費控除で戻ってくる?

Bu facebook
Bu twitter

なかなか子宝に恵まれず、不妊治療を始めようかなと検討されている方に。不妊治療はお金がかかり、お金をかけて治療したとしても子どもができるかもわからない・・・、金銭的にも精神的にも負担がかかりますよね。

不妊治療は医療費控除の対象になるのか、また助成金や戻ってくるお金があるなら知っておきたい、という方に読んでいただきたいコラムです。

■不妊治療は医療費控除の対象になる?

晩婚化の影響で、初めて子どもを持つ年齢も遅くなっています。その結果、欲しいけどなかなか子どもが授からずに不妊治療を利用する夫婦も珍しくありません。
経済的な面からも負担が発生する不妊治療ですが、確定申告のタイミングで医療費控除により、治療費の一部を取り戻すことはできるのでしょうか。

答えは「YES」です。
治療という扱いになるので、医療費控除の対象となります。治療費はもちろん、婦人科への交通費(基本、公共交通機関)も対象になります。

■そもそも医療費控除ってどんな制度?

医療費控除とは確定申告のタイミングで、1年間で10万円を超えた部分を、所得から控除することで税金の還付を受けられる制度です。

ポイントは、以下の3点です

------------------
1)確定申告で申告する
⇒勤務先の年末調整では対応できないため、医療費控除を利用したい場合、会社員であっても確定申告をする必要があります。

2)10万円を超えた部分が医療費控除の対象
⇒そもそも、医療費が10万円を超えないと利用することができません。12万円医療費が掛かったとして、12万円が控除されるわけではありません。10万円を超えた部分なので控除に利用できる金額は2万円です。

3)世帯合算できる
⇒1人では、10万円も医療費掛かっていないという方も、世帯合算なら超える可能性が出てきますよね。
------------------

なお、「世帯の中で誰が確定申告するのか?」も自由です。一般的には、一番所得が高い人で確定申告すると良いと言われています。

■医療費控除でどれくらいのお金が戻ってくるの?

では実際に医療費控除を利用すると、どれくらいのお金が戻ってくるのでしょうか。
仮に年収が600万円の家族(家族は専業主婦の妻のみ)を例にしましょう。

不妊治療を含めた医療費が年間で70万円掛かったとします。この70万円を確定申告で、医療費控除したとします。
掛かった医療費70万円のうち10万円を超えた部分、60万円が医療費控除の対象となります。
年収が600万円で扶養家族が1人の場合、一般的に所得税の税率は10%となりますので、60万円×10%=60,000円が戻ってくるイメージです。

同じ控除額でも税率次第で戻ってくる金額は異なります。
例えば、年収が800万円で扶養家族が1人の場合、一般的に所得税の税率は20%となります。そのため上記の例ですと60万円×20%=120,000円が戻ってきます。
さきほど、世帯の中で年収が高い方で利用する方が良いと書きました。その理由は、日本の税率は累進課税となっており、年収が高い方が税率も高いため、同じ控除を利用するのであれば税率が高い方で利用した方が有利だからです。

■不妊治療をサポートする助成金も活用しよう

不妊治療をバックアップしてくれる国の制度があることをご存知でしょうか。

例えば、一部所得制限こそあるものの、厚生労働省は不妊治療1回に付き15万円の助成を用意しています。
これをベースに東京都では、不妊治療の治療ステージA(新鮮胚移植の実施)や治療ステージB(凍結胚移植の実施)に関しては15万円⇒20万円と助成金の額を増額しています。なお、初めて助成を受けたタイミングで、助成回数の上限が異なります。
詳しくは、東京都福祉保健局の不妊理療助成のページをご覧ください。

いかがでしたでしょうか。
不妊治療を受けた場合、医療費控除として利用できるだけでなく、助成金も利用できる可能性もあります。不妊治療には、様々なバックアップの体制も整ってきているようなので、ご検討されている方は前向きに受けて頂ければと思います。
また、実際に不妊治療を受けられれた方は、確定申告をお忘れなく!

--------------------
執筆者:平原 直樹
(ブロードマインド株式会社のベテランファイナンシャルプランナー)
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
--------------------

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP