パパは責任重大!子供の性格はパパとの関わり方で決まる!?

パパは責任重大!子供の性格はパパとの関わり方で決まる!?

Bu facebook
Bu twitter
子供の性格 パパとの関係

『イクメン』という言葉が浸透してパパの育児参加も珍しくはなくなりましたが、それをさらに後押しする興味深い研究結果が発表されました。これまで子供の人格形成には母親が大きく影響すると言われていましたが、実際は母親より父親の方が大きく影響するというのです。

ロナルド・ローナー氏の研究結果

コネチカット大学研究所長である人類学者ロナルド・ローナー氏が世界中の家族について調査し、『子供の性格は父親で決まる』という研究結果を発表しました。

ローナー氏の研究によると、“母親より父親の愛情を多く感じて成長する子供は、より幸福感や人生の充実感を持つ兆候がみられる”のだそうです。それに対し「愛されていない」「認められていない」と感じて育つ子供は“敵対的で攻撃的、感情的に不安定な傾向が見られる”とのこと。しかも、母親より父親の愛情不足を感じたときの方が、その傾向は大きいという調査結果が出ました。

パパの愛情が子供の性質に与える影響

この研究では、パパが育児に関わることで、子供に以下のような良い性質がみられたとされています。

  • 性格が穏やか
  • 癇癪(かんしゃく)を起さない
  • 新しいことへのチャレンジ精神、達成意欲が強い
  • 学業成績が優秀
  • 我慢強い
  • 人間関係が良好
  • 自己肯定感が強い

さらに、成人してからは“自身の能力を発揮する職業につき、結婚して幸せな家庭を築く”傾向が見られるのだとか。性格だけではなく学校の成績や人生までも大きく左右するなんて、パパの責任は重大ですね。

最も良い影響を与える父親像とは?

子供に最も良い影響を与える父親の関わり方は、『子供の話をちゃんと聞いてあげて、いつも側にいてあげて、きちんとしたルールを守らせることができる。でも逃げ場がなく窮屈に感じることがないような自由な空間も与えてあげられる』こと。確かに理想的ですが、常に実践できるかというと難しそうですよね。

パパのすべきことは、とにかく子供と多くの時間を過ごすこと

ローナー氏によれば、具体的にパパがするべきことは意外にもシンプル。 『特別なことをする必要はなく、とにかく多くの時間を子供と一緒に過ごすことが重要』なのだそうです。

子供と過ごすことでパパも幸せに!

子供と長い時間一緒に過ごすことが重要である根拠に、ローナー氏は生物学の専門誌で発表された興味深い研究結果を記載しています。赤ちゃんが誕生して1週間で父親の中に『オキシトシン』が急激に増加するそうです。オキシトシンは『幸福ホルモン』とも呼ばれます。つまりパパは赤ちゃんといると幸福感で満たされるようになるということです。

別の研究でも、父親は子供と遊ぶことでオキシトシンが増加し、男性ホルモンであるテストステロンが減少するという調査結果が出ています。パパにも子育てのスイッチがあったのですね!

パパは社会とのつながり

人は母親から人との関わり方を学び、父親から社会を学ぶと言われます。つまり子供にとってパパは『社会』の象徴。パパに愛されることで子供は「外の世界でも自分は受け入れられる」と確信することができ、『自分はかけがえのない存在』と思えるようになります。

その結果子供の心は安定し、何事にも意欲的に取り組むことができるようになるのです。

毎日忙しいパパたちは子供と長く過ごすのは難しいかもしれません。また子供の性格や人生に大きな影響を与えると聞いてプレッシャーを感じたかもしれませんが、大事なことは子供と強い絆を結べるかです。

気負う必要はありませんので、子供との関わり方を振り返るひとつのきっかけにしてみたらいいかもしれませんね。

参照/ 新発見。BLOG 子育て中の親は知っとくべし!子供の性格は父親で決まることが判明! live science The Science of Fatherhood: Why Dads Matter AllAbout「子供の成長に不可欠!夫を子煩悩パパに変える秘策」 写真/anieto2k

関連コラム

兄弟差別で起こる子供への影響『カイン・コンプレックス』
性格にも悪影響が!?子供の好き嫌いの放置はNG!
母親以外の大人がカギ!?子供の学習時間はこうして伸ばす!
理想のパパ像とは!?『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしが人気!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP