出産の入院準備!焦らないように準備したい必要なものリスト一覧

出産の入院準備!焦らないように準備したい必要なものリスト一覧

Bu facebook
Bu twitter

ようやく赤ちゃんに会える!本当に待ち遠しい瞬間ですが、その前に準備しておかないといけないことがあります。それは出産の入院準備です。

筆者は妊娠中、長期入院していたので「入院とだいたい同じ?」くらいの感覚で準備をしていたので、陣痛がきてから大慌てしてしまい持つものも持たず、病院へ行くことに。

なので、余裕を持って出産に向けた入院準備をすることをおすすめします。筆者の思う必要なものリストを、自身の経験を踏まえて作りましたので、参考にしてくださいね!

まずは出産の入院準備をしよう

いつ頃からしたらいい?

もうすぐ出産,出産,入院準備,リスト

出産が予定日より早まることもあるので、入院準備は遅くても妊娠36週に入る頃にはしておくといいでしょう。 

特に2人目以降はお産が早く進む傾向があるので、いつどうなってもいいように準備をしておきます。

陣痛がきてからでは思ったように動けませんし、破水したらすぐにでも病院に行かないといけないので余裕を持った準備が大切です。

荷物さえまとめておけば、急な入院となったときでも家族に頼んで荷物を持ってきてもらうことができます。まとめた荷物は玄関先など、家族がわかるところに置きましょう。

★妊娠したらこれだけは準備しておくものリスト一覧★

ケースに入れて常に持ち歩くものリスト

妊婦外出中,出産,入院準備,リスト

外出先で体調が変化して、すぐにでも病院へ向かわないといけないこともあるので次のものは常に持ち歩くようにしましょう。

□母子手帳:今までの経過と、出産の際に記入事項があるので必要です。緊急時の連絡先を書く項目もあるので記入しておきましょう。

□保険証:病院に提出を求められます。

□診察券:病院の受付に使います。

□印鑑:入院の際に、同意の確認で印鑑を押すこともあるので必要です。

これさえ持っておけば、万が一どこかで意識を失ったとしてもスムーズに入院して家族へも連絡が行くので安心です。

入院準備持ち物リスト

妊婦診断中,出産,入院準備,リスト

最低限、これだけは用意したいものリストです。

□パジャマ:病衣を用意してくれるところもありますが要確認です。

□授乳用ブラジャー:前空きの授乳しやすいものがいいです。

□母乳パッド:母乳がにじむのを防ぎます。

□産褥ショーツ:出産後は出血が続くので専用のショーツが必要です。

□産褥パッド:出産後は悪露といって出血が続くので必要です。

□歯磨きセット:コップも忘れずに用意しましょう。

□スリッパ:筆者は100均の使い捨ててもいいものを選びました。

□タオル:洗顔などに使います。

□テッシュペーパー:鼻をかんだり、飲み物をこぼしてしまったときに使います。

□携帯電話・スマホ(充電器):家族と連絡を取るのに使います。(病室で使えないこともあるので要確認)

□カーディガンや羽織るもの:夏でも朝晩は冷えるので用意しておくといいですよ。

以上のものを1週間前後の入院を考えて用意します。大部屋の場合はスペースが限られているので、荷物がコンパクトなほうがいい場合があります。

この他に産院から持ち物の指示がある場合もあるので、確認してリストに加えましょう。

入院中あったら便利な持ち物リスト

いろんなアイテム,出産,入院準備,リスト

より快適な入院生活を送るために必要なものです。

□化粧品:来客や写真を撮ることが多いので出産直後はともかく、薄化粧しておくのがベターです。

□ボディケア用品:乾燥が気になることがあるので、保湿できるものなど用意します。

□リフォーム下着:骨盤にいいものもあるので、必要に応じて。

□靴下:冷えが気になる方は用意しておきましょう。

□おやつ:出してくれる産院もありますが、おなかが空くので用意しておきましょう。

□授乳クッション:産院で貸してくれましたが、ない場合はあると便利です。

□吸水シート:筆者は赤ちゃんのオムツ替えに失敗して布団を汚してしまったので、あると助かりました。

□時計:卓上型を置いておくとすぐ時間がわかります。

□小銭:飲み物を買ったり、連絡に公衆電話を使用する場合に必要です。

□筆記用具:入院中、意外とメモをすることがあります。

□デジカメ:自分で持っておくとシャッターチャンスを逃しません。

□ウェットテッシュ:テッシュペーパー同様、ちょっと手を拭いたりするのにも使います。

□洗浄綿:授乳の際に乳頭を清潔にするため使ったほうがいいと指導するところもあるようです。

□ガーゼ:赤ちゃんのケアに使います。産院でもらう場合もあります。

□イヤホン:まわりへの音漏れが気になるときに使います。

□携帯音楽プレーヤー:気持ちが紛れます。

□アイマスク・耳栓:まわりの音が気になるときに使います。

□ヘアゴム:ロングヘアが邪魔になるときに束ねます。

□カイロ・冷えピタ:痛みの軽減や寒い時、暑い時に使います。

これらがあると便利です。赤ちゃんのオムツを自分で用意する産院もあるので、おしり拭きと合わせて必要か確認しましょう。

まとめ

このリストを参考に入院準備していただければ、出産の入院生活も不便なく生活できるのではないでしょうか。

また産院で何を用意してもらえるかによって持ち物が変わるので、持ち物を用意する前の健診時に持ち物の確認を取っておくと不要な買い物をしないで済むのでおすすめです。

赤ちゃんが産まれてから、だいたい5日くらいの入院となるのでその間快適に過ごせるような準備を早めに行って出産に臨みましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP