競う?競わない?子供の成長に大切なこと

競う?競わない?子供の成長に大切なこと

Bu facebook
Bu twitter
5157275571_8c3807525f_z

運動会で盛り上がる競技と言えば、徒競走。子供たちがゴールを目指して一生懸命に走りぬく姿を見るだけで親は感動するものです。

私たちが幼かった頃、徒競走では順位がついていましたよね。1位になった子はメダルをもらって誇らしげな顔をし、その一方でビリだった子は参加賞を手にして残念そうにしているのは運動会でよくみかける光景でした。

ところが、最近は「順位をつけない徒競走」をする学校もあるのだとか。「活躍できる子はいいけれど、そうでない子は失敗体験になってかわいそう」「人間はみんな平等だから」など順番をつけないほうが良いという意見もあります。

しかし、子供の成長過程において「競う」ことは実はとても大切なことなのです。

競争しないとどうなる!?

可愛い我が子が他の子と優劣をつけられたくない、失敗体験ばかりさせたくないと思うのは親としてごく当たり前の気持ちですよね。子供に競争をさせたくないと思う親もいることでしょう。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか。現代の世の中はまさに競争社会。受験をするとなると、成績が良くて勉強ができる子のほうが合格を手にします。社会に出ると能力があって仕事ができる人が評価されて昇進していきますよね。

そんな時代なのに全く競争しないで育ってしまうと、競争することに対してとても大きな抵抗を感じたり、競争して力が及ばなかったときにぽっきりと心が折れてしまったりすることも……。

競争に挑むことを恐れて新しいことにチャレンジする気持ちを持てず、壁にぶつかるとすぐに諦めてしまい、自分の力で人生を切り開いていけない大人になってしまう可能性まであるのです。

競争することのメリット

「競争」は、時として子供を大きく前に動かす原動力になります。「徒競走でビリだった」「テストの点数が友達より悪かった」「ゲームで負けた」など負けると悔しい思いをしますよね。そして誰しも勝てば楽しいですし誇らしく感じるはずです。

競争意識とは、もっと強くなりたい、できるようになりたい、一番になりたいという気持ちになることであり、自分をさらに高めるためにはとても大切なことです。

「勝ちたい」という気持ちで物事に取り組んでいくことでさらに成長し、これまでできなかったことができるようになり成功経験を積み重ねることで自信につながる。次第にチャレンジすることに楽しさを感じられるようになって良い循環が生まれるわけです。

勉強をする場合でも、ライバルがいたほうがやる気も出ますよね。「あと少しだけ問題を解こう」「眠いけれどもうちょっと頑張ろう」など自分自身との競争もできるようになり、誘惑に打ち勝って努力する中で心の強さも養うことができるのです。

「負けた」からダメではない

競争にはメリットがたくさんありますが、やはり負けたときは誰でも悲しいですよね。しかし、「負ける」という経験をすること、そこから学んで次につなげようと努力することは、子供のためになります。

ここで気をつけたいのは、目標に及ばなかったとき、競争した結果が思わしくなかったときに親がとる反応。

「もっと頑張らないとだめじゃない!」「負けちゃったね」など、負けてしまったことを責めたり、結果のことだけ言ったりするのはNGです。

親は子供の負けん気を刺激しようとして言っていても、子供は負けたことを恥じたり落ち込んだりして、競争に苦手意識を持ってしまうかもしれません。

たとえ結果が思わしくなくても、「前回よりもよくなっているね」「最後までよく走ったね」など頑張った過程を認めてしっかりとほめてあげましょう

子供は負けたとしても努力したことをきちんと認めてもらえると「次はもっと頑張ろう」と前向きな気持ちになれるものです。

幼い頃からある程度の競争をさせることはとても有意義なことです。将来自立した大人になるためにも、親が子供の頑張りを認めてあげなから「勝ち負け」体験をさせてあげたいですね。

Photo/Peter Zuco

参考/ マイナビニュース 運動会で順番を付けないことをどう思いますか

関連コラム

うちは大丈夫?暴力的な子供の家庭環境
子供のためになる褒め方・叱り方って?~みんなが悩む子供の教育~
子供の能力を伸ばすカギは褒め方にあった!
マシュマロを我慢できる子は将来成功する?!IQより大事な自制心

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP