「ベランダプール」で遊ばせたい!ご近所トラブルを予防する3つの方法

「ベランダプール」で遊ばせたい!ご近所トラブルを予防する3つの方法

Bu facebook
Bu twitter
お店やネットショッピングで販売されているビニールプールの中には「ベランダプール」と書かれたものもありますよね。これってベランダで使ってもOKってことなのでしょうか? 我が家でもベランダでプール遊びをさせたいのですが、ご近所の反応が気になります。すぐそばでベランダプールをすると、どんな問題が起きてしまうのでしょうか?


■危険性1…排水を間違える→下の階が水浸しに
■対策→自宅ベランダの排水方法をチェックしておく
ベランダの排水は雨水を想定して作られています。大量に排水すると、建物によっては水が溢れて両隣や下の階へ流れてしまうケースも。自室のベランダが大丈夫でも、ご近所に水がいってしまうこともあります。流した水がどのようなルートをたどって排水されていくのかチェックしてから排水をした方がいいでしょう。また、一度に水を流さないようにする等の注意をして下さい。
■危険性2…干したハズの洗濯ものがびしょ濡れ
■対策→シートを張ってはねた水をガード
気をつけたつもりでも、両隣や下の階で干してある洗濯物が濡れてしまうと最悪。水はね防止にシートを張ると違います。サンシェードをベランダの柵に取り付けるのもいいですよ。
■危険性3…エキサイトした子どもの声が騒音問題に
■対策→マナーを教えるチャンス!大きい子なら公共のプールへ行くことも考えて
水遊びが楽しくなると、つい声が大きくなってしまいますよね。子どもの高い声は近所迷惑になってしまうことも…。ベランダプールをするときは、騒ぎ過ぎないように子どもにマナーを教えることも大切です。大きくなると水遊びもダイナミックになるので、思い切り遊ばせたいときは、公共のプールに行くことも考えてみるのはいかがですか?
■騒音や水に気をつけた上で、ご近所に声かけを!
ご近所の反応を知るには、ひとこと声をかけてみるのもオススメ。「子どもがまだ小さいのでプールには行かせられない」等の理由を話してみるのもいいですね。マンションやアパートの規約でベランダプールが禁止の場合もあるので、管理会社に確認するのも忘れずに。
■補足:ベランダプールの使用上の注意
ベランダプールを販売しているショップ数社に問い合わせをしてみたところ、「ベランダプール」と書いているのは、ベランダでも使用できるサイズだから記載しているそうです。使用する際の注意点はプールの下にアルミシート等のシートを曳くこと、「ベランダプール」と書かれていても大きめのものもあるので、サイズをしっかり測ってから購入して下さい、とアドバイスを頂きました。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP