夏場は半身浴ですっきりリラックス! 週1、2回でもOK

夏場は半身浴ですっきりリラックス! 週1、2回でもOK

Bu facebook
Bu twitter
夏はエアコンや薄着の影響で、意外と体が冷えやすい時期。特に冷え性の女性は多く、「暑いのに冷える」というつらい症状に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


© taka - Fotolia.com



夏場はシャワーで済ませがちですが、冷えた体を温め、血行をよくするには、湯船できちんと温まることが必要。入浴して体を芯から温めると、体がリラックスしてよく眠れます。疲れがとれて、夏バテ対策にも効果的。そこで今回は、夏の暑い時期に適した入浴法を紹介します。

ぬるめのお湯で半身浴
日本の一般家庭では、湯温を42度程度に設定することが多いようですが、42度以上の熱めのお風呂に長時間つかっていると、体には大きな負担がかかります。

特に夏場は気温が高く、エアコンの影響で体内の体温調節機能が乱れていることも多いため、お風呂あがりに脱水症状やのぼせが起こりやすくなります。

そうした症状を避け、夏でも快適に入浴するためには、38度以下のぬるめのお湯で、20~30分半身浴をするのがおすすめ。ぬるめのお湯には、副交感神経を働かせる作用があり、体がリラックスして気分もやすらぐと言われています。

暑くてお風呂に入る気がしない、入ってもすぐ出たくなる人も、この入浴法なら汗をかきすぎることなく、ゆっくりと体を温め、冷えを解消することができます。

できれば1日の終わりに、毎日入浴するのが理想です。しかし、子どもをお風呂に入れたり寝かしつけたりと忙しい夜は、毎日ひとりでゆっくり入浴する時間はとりにくいかもしれません。その場合は、2日に1度、もしくは週に1、2回でもお風呂タイムを確保するようにしましょう。

夜に入ることがどうしても難しければ、子どもが起きてくる前の早朝をお風呂タイムにしてもいいかもしれません。ちなみに朝風呂の場合は、お風呂あがりや体を流すときにちょっと熱めのシャワーを浴びると、交感神経が刺激されてシャキッと目が覚めます。


制汗作用のあるミョウバン風呂ですっきり
ぬるめのお湯で半身浴をしても、夏のお風呂あがりは汗がダラダラ…。そんな人は、制汗・消臭作用があると言われるミョウバン浴を試してみてはいかがでしょうか。

まず1.5リットルの水を入れたペットボトルに市販のミョウバン(約50グラム)を加えて振って溶かし、ミョウバン水をつくります。これを40ccほどお風呂に入れるとミョウバン風呂に。余ったミョウバン水は、冷蔵庫で1カ月ほど保存できます。

ミョウバンは、主に漬け物の発色をよくするために使う食品添加物として、スーパーやドラッグストアで販売されています。価格は100円から数百円程度。リーズナブルにさっぱり気分を味わうことができます。

そのほか、肌をひんやりさせてくれるミント、香りが爽やかなレモン、グレープフルーツなどの精油を2~3滴、お湯に落としてアロマバスを楽しむのもいいですね。

もちろん市販の入浴剤にも、ミョウバンやミントオイルなどを配合した夏向きの製品がたくさんあります。夏のお風呂タイムに気軽に取り入れてみましょう。
(二条しおり)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP