「折り紙」で子どもの脳が活性化!?楽しみ方をまとめてみた!

「折り紙」で子どもの脳が活性化!?楽しみ方をまとめてみた!

Bu facebook
Bu twitter


小さい頃、折り紙をつかって「風船」や「鶴」など、いろんなものを折った思い出がある人も多いのではないでしょうか。日本の伝統的な遊びともいえる折り紙は、紙1枚あれば遊ぶことができ、場所も取らない手軽な遊びとして現代でも小さい子どもたちに人気です。

その折り紙が、実は「脳の活性化になる」と今見直されているようです。そこで、親子で楽しみたい「折り紙の遊び方」を改めてまとめてみました! 参考にしてみてくださいね!

■「手先の細かい動き」が脳を活性化させる

折り紙を折るためには、手先を器用に動かす必要があります。

この、手先を器用に動かす能力が知能と深く関係しているようです。知能に関わるということで、認知症予防や鬱の改善にも折り紙が見直されています。

折る行為は子どもの集中力も高めてくれますね。折ながら手先を動かすことはもちろん脳にいいのですが、さらに効果を高めるためには出来上がりのイメージをしながら折ること。そうすることでワクワクして楽しくなりますし、脳もより活性化されます。紙飛行機や多面体など、出来上がりのイメージがより明確になるものを作ると効果がアップしますよ。

■折り紙を教えるポイントをおさえよう!

子どもと折り紙をする際、折り紙選びから一緒に行いましょう。様々な色が1パックになっている折り紙から好きな色を選ぶことは、子どもの色彩感覚も豊かにします。

折りたい紙を選ばせたら、まずは見本をママが作ります。ここでは、完成形をイメージさせることが大切です。一緒に折る際は、山折り・谷折りなど基本を教えながら横に並んで進めます。角を合わせる・折り目をしっかりつけるなどのポイントを教えることは重要ですが、最初は上手にできなくても大丈夫です。あまりママが手を出しすぎないように注意しましょう。子ども自身が作る達成感を味わうことが大切ですよ。

折り紙が完成したらちゃんと褒めてあげましょう。動物などを作った場合は、顔などを書き込むのも楽しいですね。

「飛行機ができたね」「次は何を作ろうか」など、親子のコミュニケーションを楽しめるのも折り紙の魅力の1つ。手先を使い脳の活性化を図りながら、親子の時間を楽しみましょう!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP