夢の一戸建て。空き巣に備える盗難保険とは?

夢の一戸建て。空き巣に備える盗難保険とは?

Bu facebook
Bu twitter

念願の一戸建てを購入!でもちょっと心配なのが、空き巣や盗難被害に遭わないかな……ということ。もしそんな被害に遭った場合、補償してくれる保険ってあるのかな?

■一戸建てに多い盗難被害とは?

「マンションと一戸建てのどちらにしようかな?」

住宅購入を検討している方であれば、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

一戸建てのデメリットとしてよく挙げられるのが、セキュリティ面です。筆者も現在、一戸建てに住んでいますが、妻は最後までセキュリティ面を心配していました。それまで住んでいた分譲マンションでは、マンションの入り口から自宅の玄関まで辿り着く間に、何度かオートロックのセキュリティチェックを挟まないと辿り着きませんでした。ところが、一戸建ての場合は、玄関のすぐ先が公共スペース(道路)ですよね。そのため、自宅の壁のすぐ先を、知らない人が自由に往来できる状態というのに不安を覚えたようです。実際に、一戸建ての場合は、空き巣被害に特に気を付ける必要があるのも事実です。

では、空き巣被害に遭ってしまった場合、どのような被害を被るのでしょうか?

空き巣に入られたけど何も盗まれなかったということは稀でしょうから、当然、自宅にある現金や家財が盗まれることになるでしょう。実損以外にも、住宅に侵入する際にドアや窓を壊されてしまった場合、修理費もかかってきてしまいますよね。そして、一度でも空き巣に入られたご家庭は、防犯面から、全ての鍵の交換をすることなども考えられます。このように、盗難の実損額以外にも、多大な資金が必要となることが予想されますね。

■盗難に備える保険!?その内容とは

では、実際に「盗難に備えたい!」という場合、どのような方法があるのでしょうか?

答えは、火災保険(盗難補償付)+家財保険(盗難補償付)に加入することです。

火災保険というと、その名のとおり火事にあった時の保険というイメージがありますが、実はそれだけではないんです!火事のほかに、落雷や破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災に対する補償などもついています。そして、より補償範囲の広いプランを選ぶと、水災や水濡れ、外部からの落下物や車などの衝突、盗難などに対する補償もしてくれます。ただし、ご加入中の火災保険のプランによっては、「盗難は補償対象外」となっている恐れがありますので、ご注意ください。なお、火災保険は、あくまでも「建物」に対する保険となります。よって、たとえば空き巣に窓を割られた際などの、建物(窓)の修繕にかかる費用に対して給付金が下りるいうことですね。

そして、家財保険への加入も忘れてはいけません。前述の火災保険は、あくまでも「建物」に対する保険となりますので、家財が盗まれた場合は補償されません。よって、空き巣などの実損被害が心配な場合は、火災保険だけでなく家財保険にも加入する必要があるのです。なお、どちらの保険も盗難補償がついたプランに加入しないと補償されませんのでご注意ください。

■火災保険および家財保険の加入方法とは?

それでは、実際に火災保険や家財保険に加入したい場合、どうすれば良いのでしょうか?

どちらも「保険」とついておりますが、種類でいうと損害保険の分野になるので、生命保険会社の営業担当者や代理店は担当外となります。もちろん、ご自身で損害保険会社に問い合わせをすることも可能ですが、保険会社ごとに料金なども異なるので、いくつか比較するとなると面倒かと思います。よって、比較検討のうえ加入したい場合は、複数の損害保険会社の商品を扱っている代理店などに頼むと良いでしょう。また、Sodanでも、生命保険や損害保険の商品など、さまざまなお金に関するご相談ができるサービスをご用意しております。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいね。

【無料】対面相談のご案内はコチラ

マイホームは皆さまにとって大事な資産になるかと思いますので、施錠をしっかりするなど防犯意識そのものを高めるとともに、万が一に備えた保険に加入するなど、しっかり補償を備えることも意識しましょうね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP