子供が生まれてマンションが手狭に。買い替えを考える際のポイントとは?

子供が生まれてマンションが手狭に。買い替えを考える際のポイントとは?

Bu facebook
Bu twitter

子どもが生まれて住んでいるマンションが手狭になってきたこともあり、買い替えを検討される方もいらっしゃるかと思います。

マンションの買い替えを考える際のポイントとは、どのようなことなのでしょう。

■住宅ローンが残っている場合

筆者も数年前に住宅の買い替えを経験しました。買い替えを考える場合、一番の心配点は住宅ローンが二重になってしまうのでは?ということですよね。

ポイントは、現在のマンションを売却するとして、売却代金で残りの住宅ローンを完済できるのか?それとも住宅ローンが残ってしまうのか?ということです。
買い替えを検討する場合は、現在のマンションの売却予定価格を確認しましょう。

不動産会社に査定を頼むことも出来ますし、自身で不動産情報サイトで近隣の物件から価格を洗い出してみてもいいでしょう。

ここで注意点は、算出された金額を鵜呑みにしないで、厳しい目で評価をすることです。
不動産会社は数多くあります。やはり少しでも今のマンションを高く売ってくれる業者さんに任せたいですよね。当然、不動産会社もこういった心理を理解しています。
不動産会社は売却相談を依頼してもらえるように、高めの査定価格を提示することもあるため、結果、見積もりで算出してもらった金額では売れないということも起こりえます。
同様に不動産情報サイトの金額も注意が必要です。もちろん、中古マンションの売買には値引きは付き物です。WEB上に記載されている金額が割引されて売却されているケースも少なくありません。
あくまでも提示された金額は参考として、実際にはその金額では売れないと考えた方が無難ですよね。

■現マンションの売却と新マンションの購入手順は?

新しいマンションを購入する場合、先に新しいマンションを買うのか?今のマンションを先に売却するのか?どちらなのでしょう。

基本的には、新しいマンションを購入してから今のマンションを売却することになるでしょう。実際に売却をする前に、新しいマンションを購入するわけなので、思っていた金額では売れなかった。。。ということが無いようにしないといけませんね。
このケースの場合、新しいマンションの住宅ローンと今のマンションの住宅ローンとが重なる期間が発生します。資金計画を考える際には、手元資金に余裕を持つことが大事ですね。

また実際に売却をする場合、購入者に自宅を見てもらう必要があります。購入者側の立場になればわかるかと思いますが、実際に部屋を見ないと購入を決められませんよね。
ローンの重なる期間を短くするためには、引っ越しまでに売却を決めておきたいところです。早く売却を決めるには、自分が住んでいる間に購入者に見学(内覧)してもらう必要が生じます。
基本的には、内覧の際には立会いをすることになります。特に共働きのご家庭の場合は、立ち合いができる日程も限られると思いますので注意が必要です。

また、当然ですが部屋や水回りが汚いと購入者に悪い印象を持たれてしまいます。少しでも購入者に高く買ってもらえるように、内覧の前に掃除や整理整頓をしておくとよいでしょう。

引っ越し等、他にも大変なことがありましたが、個人的にはこの内覧の立ち合いが一番大変でした。休みの日にも出かけられず、掃除もいつも以上にしないといけないため、大きなストレスでした。

■住宅ローン控除。新しいマンションでも適用を受けられる?

住宅ローンを借りている人の強い味方である「住宅ローン控除」、買い替えの場合はどのようになるのでしょうか?

新しいマンションでも住宅ローン控除を利用することができます。
住宅ローン控除には、適用される期間(年数)がありますが、買い替えの場合は住宅ローン控除も新規になります。昨今の低金利の影響で、今のマンションの住宅ローンよりも低い金利で新しいローンを組むこともできるでしょう。
今年の住宅ローン控除でいえば、新たに10年控除を受けられるというのは嬉しいですね!

いかがでしたでしょうか。
買い替えを検討している方は、新しい住宅を購入することだけではなく、今の住宅を良い条件で売却するためにはどうしたらいいか?ということも考えるようにしましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP