夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介します

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介します

Bu facebook
Bu twitter

夜尿症とは

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038010868

夜尿症とは、5~6歳を過ぎた(あるいは精神年齢がそれと同等の発達水準の)子どものおねしょのことです。有病率は、5歳児で約5~10%、10歳児で約3~5%と、珍しい疾患ではありません。

また、成長していくなかで自然となくなっていく場合もあります。目安として、小学校入学時に夜尿の頻度が週1~2回だったら、自然となくなっていく可能性は大きいと言われています。

アメリカ精神医学会のDSM-5(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)では、遺尿症という疾患のうちの1つとして、以下のように診断基準を定めています。

A.不随意的であろうと意図的であろうと、ベッドまたは衣服の中への反復性の排尿
B.その行動は臨床的に意味のあるものであり、週に2回以上の頻度で少なくとも連続して3カ月間起こり、または、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、学業的(職業的)、または他の重要な領域における機能の障害が存在することによって明らかとなる
C.歴年齢は少なくとも5歳(または、それと同等の発達水準)である
D.その行動は物質(例:利尿薬、抗精神病薬)または他の医学的疾患(例:糖尿病、二分脊椎、けいれん疾患)の生理学的作用によるものではない

夜間のみ:夜間睡眠週のみに排尿がある
昼間のみ:覚醒時間中に排尿がある
夜間および昼間:上記2つの下位分類の組み合わせ

http://goo.gl/sO6asJ

遺尿症には、夜間に生じる場合でけだはなく、昼間に生じる場合もあります。この記事では、夜間の睡眠中に生じる夜尿症について紹介していきます。

http://ja-kyoei-hospital.jp/asp/newsitem.asp?nw_id=706

小児科 夜尿症について|阿南共栄病院

夜尿症のタイプと原因

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038010851

夜尿症の原因として、主に以下の2つがあります。

■夜間の尿量が多い(多尿型)
夜間の尿量が多い要因として抗利尿ホルモンの不足があげられます。抗利尿ホルモンは尿量を調整するホルモンで、分泌リズムは成長とともに落ち着いていきます。通常、昼間より夜間に抗利尿ホルモンは多く分泌されるため、夜間の尿量は昼間より少ないです。抗利尿ホルモンの分泌が不足することで夜尿につながります。

■膀胱(ぼうこう)が小さい(膀胱型)
膀胱容量は成長とともに発達していきます。しかし、膀胱型の場合、膀胱自体の大きさが小さいということではなく、膀胱が硬いことで大きく膨らまないため、尿を溜めることができず、夜尿につながります。

これに加え、夜尿症と関連のある疾患・障害の一つとして発達障害があります。

■ADHDが関連している場合
ADHD(注意欠陥・他動性障害)は、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです。ADHDでは約3割で夜尿症との合併があるとされています。中枢神経の発達が未熟な上、夜間の水分制限や排泄習慣を守りにくい、下着が濡れている感覚が鈍いなどのことから夜尿症が治りにくいことも指摘されています。

また、6ヶ月から1年以上なかった夜尿が突然始まった場合は、心的ストレスが関わっている場合があります。強いストレスが加わると自律神経が不調になるため、夜尿につながるのです。

このように夜尿症は、親の子育て方法、子どもの性格の問題、おむつの着用などが原因ではありません。

http://www.touyu-clinic.com/page5

夜尿法(おねしょ)・尿失禁|桐友クリニック新松戸

夜尿症の原因である多尿型と膀胱型のどちらに該当するかは家庭で見分けることができます。睡眠時に使用したおむつと使用前のおむつの重量差が「体重×睡眠時間×0.9」(ml)よりも重かったら多尿型の可能性、昼間の最大1回排尿量(ml)を測り、それを体重(kg)で割った値が5ml/kg以下だったら膀胱型の可能性があります。原因の見分けがつくことで、家庭でもそれに合った方法で対処することができます。

https://www.urol.or.jp/public/symptom/09.html

『おねしょ』(夜尿症)が治らない|日本泌尿器科学会

夜尿症の対処法

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017007290

夜尿症の改善には、規則正しい生活習慣も大切になってきます。また、子どもの原因に合った方法で対処をすることで改善できる場合もあるので試してみましょう。

■睡眠前の水分制限
就寝2~3時間前の水分制限が大切になります。この時間に多く飲ませすぎないことに加え、塩分濃度の高い味噌汁や、尿量を増やす牛乳を夜には避けることも夜尿の対策としておすすめです。

■起こさない
夜尿を防ぐために夜中にトイレに行かせようと子どもを起こすと、睡眠リズムが乱れてしまいます。それによって、夜間尿量を調整する抗利尿ホルモンの分泌を減らしてしまい、尿量が増え、夜尿につながってしまいます。

■体を冷やさない
夜尿の原因が膀胱型の場合、体を冷やすことで膀胱がより硬くなってしまい、尿を溜めたまま朝まで保つことが難しくなってしまいます。ゆっくりとお風呂につかり、体を温めてから寝るようにしましょう。

夜尿症のある子どもとの向き合い方

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10250000496

夜尿症は子どもの意思にかかわらず生じてしまう疾患です。無意識におねしょをしてしまうことに不安を感じていたり、外泊行事などでおねしょをしてしまい自信をなくしてしまったりする子どももいます。そこで、子どもと接する上で大切になってくることがあります。

■焦らない
夜尿の原因は子どもによって異なります。他の子やきょうだいと比較しないようにすることが大切です。また、治すには時間が必要になるので焦らず、夜尿がなかった日などは、子どもの自信にもつながるのでほめてあげましょう。

■怒らない
夜尿は子どもの意思にかかわらず起きてしまうことです。「夜尿がないのは当たり前」と子どもを責めたり注意しても、解決しません。水分を取りすぎないよう配慮するなど、子どもの成長を見守りながら、その時に合った対応をすることが大切です。子どもが夜尿症に対して不安を抱えていたら、「夜尿症は治るもの」と安心させ、一緒に治していきましょう。

医療機関での受診

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367004286

夜尿症は、加齢とともに自然治癒していくことが多いと言われていますが、子ども自身が悩んでいる場合や学校行事での外泊などに不安を感じている場合、医療機関での治療を検討してもよいでしょう。

小児科泌尿器科で受診することができます。不安なことや外泊行事などの心配なことがあったら、治療には時間が必要になるため、なるべく早めに相談しにいきましょう。

初診時に医師へ現在の状況をわかりやすく伝えるため、おねしょの状態を客観的に記録するために日誌を活用するのもおすすめです。

眠りが深くて尿意に気付けないなど、睡眠障害が関わっている場合は睡眠外来を受診するのもよいでしょう。

http://onesho.com/patient/clinic/

お近くの医療機関はこちら|おねしょ卒業!プロジェクト

http://onesho.com/patient/download/

資料ダウンロードはこちら|おねしょ卒業!プロジェクト

夜尿症の治療までの流れ

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10248004604

初回受診では、現在の状態を確認するために尿検査問診を行います。

尿検査では「臓器そのものの疾患でないこと」と「薬物治療に適応していいるか」を確認し、問診では「生活改善のために現在の生活習慣」と「昼間のおもらしや便を漏らしてしまうといった臓器そのものの疾患がないか」を確認します。この段階で専門的な治療が必要と判断されれば、専門医を紹介される場合があります。

その後、生活習慣の改善を行います。期間は2週間~1ヶ月で、夜尿が改善しない場合はアラーム療法や薬物療法を用いた治療を開始します。

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

Upload By 発達障害のキホン

夜尿症の治療法

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017005014

夜尿症の治療法には、主にアラーム療法薬物療法の2つがあります。

行動療法のうちの1つです。一定時間での覚醒療法、心理療法、排尿訓練などを過去に行ったうえで、効果が不安定だという場合、夜尿アラームを用いて治療が実際される場合があります。夜尿アラームとは、夜尿の水分を感知する装置で、下着や体に直接装着し、尿が漏れ始めたころにアラームで子どもを起こします。

アラーム療法は、自分でトイレに行けるように夜中に起こすためではなく、アラームによって、夜尿を子ども自身に自覚をさせることを目的としています。それを繰り返すことで、夜間膀胱容量を増やし、夜尿量や夜尿回数の減少へつながり、朝まで保つことができるようになるのです。

睡眠時間中でのアラーム療法なので、家族の理解が大切になってきます。

夜間睡眠中の尿の産生を減らす薬や、膀胱の緊張を和らげて尿を溜めることができるようにする薬などが処方されます。薬のタイプも点鼻薬のものや内服薬があり、手軽で速効性がありますが、治療を中止すると再発の可能性があります。効果があったからやめるのではなく、徐々に減らしていくことが大切です。

薬物療法は治療期間が2週間~3ヵ月と長かったり、小児への使用に対する安全性も現在はまだ確立していないものもあるため、まずはお近くの医療機関へ相談してみましょう。

まとめ

夜尿症とは?おねしょとは違うの?発達障害との関係は?原因や対処法、治療について紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174005693

子どもの意志とは関係なく起こってしまう夜尿症は、珍しい疾患ではありません。無意識におねしょをしてしまうことに対して不安を感じてしまったり、外泊行事などでおねしょをしてしまい自信をなくしてしまう子どももいます。

夜尿が治らないからと子どもを叱るのではなく、一緒に生活習慣を改めたりなど、子どもの状態に寄り添った方法とペースで治していくことが大切です。もし、不安や悩みがあったら、お近くの医療機関で相談してみましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP