ハンドクリームよりも『化粧水』で。ふっくら美しい手に変身しよう

ハンドクリームよりも『化粧水』で。ふっくら美しい手に変身しよう

Bu facebook
Bu twitter

“手荒れ”というと冬の悩みと思いがちですが、筆者は主婦になってから1年中カサカサの手に悩んでいます。ハンドクリームを塗っても、またすぐに手が濡れて荒れて、また塗って、濡れて荒れての繰り返し。高いハンドクリームに変えてみても、イマイチ効果を実感できない日々でした。

そんなときに出会ったのがカリスマパーツモデルの金子エミさんのケア方法です。

保湿よりも“保水”

金子エミさんはハンドクリームよりも『化粧水』でのハンドケアを重視しているのだそうです。洗顔後の顔にいきなり乳液やクリームは塗らないですよね。それと同じで手もまずは化粧水で保水、そしてそのあとにハンドクリームなどで保湿という流れが大切なんです。

スプレーボトルでいつでも、どこでもハンドケア

金子さんはいつでも、どこでも保水をするためのスプレーを用意しているのだそう。このスプレーを持ち歩いて、気づいたときにいつでもシュっとすれば保水OK。

そんなスプレーの作り方はとても簡単です♪ 100均で売っているスプレーボトルに、化粧水と精製水を1:1の割合で入れるだけ。精製水で薄めるのは、スプレーを惜しみなく使うためで、薄めても保水効果は充分あるのでご心配なく。乾燥が気になる季節は化粧水の分量を多めに。

金子さんはこのスプレーをお風呂上りには全身に、外出先では手、顔、首、空気にもスプレーするそうです。

私もさっそくこのスプレーを作り、いつも持ち歩くようにしました。水仕事のあとにシュッ! 乾燥が気になったときにシュッ! 使い始めてすぐに違いを実感。ハンドクリームだけを塗っていたころよりも、手はふっくら潤って、パックリ割れることはもちろん無くなりました。

寝る前にはスペシャルケア!

乾燥が気になる場合や、寝る前などには、簡単なスペシャルケアがオススメです。手の甲にティッシュをおき、その上からまんべんなくスプレーをします。全体がしっとりしたらティッシュの指の間の部分にハサミを入れて指もパックします。その上からビニールをかぶせて3分。ビニールをとったらスグにクリームなどで保湿をします。

簡単なのに見違えるほどふっくらしますよ。

保水のあとにはシッカリ“保湿”

化粧水スプレーでしっかり保水をしたあとは、水分が逃げないようにシッカリと保湿をしましょう。ハンドクリームでも良いですし、ニベアやヴァセリンなどの手持ちのプチプラアイテムでOK。日中にはこまめに化粧水をスプレーし、出かけるときや余裕があるとき、寝る前などにはスプレーとクリームでのケアがオススメです。

プチプラでとても簡単なのに、ふっくらした潤いのある手になれるなんてうれしいですよね。手は意外と見られるパーツなので、シッカリとケアしたいですね。

化粧水でのケアも大切ですが、手を洗ったあとにしっかりとタオルドライをすることも基本的なことですが忘れてはいけないこと。水が手に残ると乾燥や手荒れの原因にもなってしまうので、水分をしっかりとって、そのあとにシュッとスプレーしましょう。

習慣にして、見られても恥ずかしくない美しい手に変身しちゃいましょう!

参照/
X BRAND 大人のハンドケア術

関連コラム

手を見れば年齢がバレる!?習慣にしたい簡単『ハンドケア』
ママと子どもにおすすめ!『ワセリン』の驚くべき効能と利用法
そのお手入れ法は正しい?間違いだらけのスキンケア
保湿剤として処方される 『ヒルドイド』がママのスキンケアにも超優秀!
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP