3歳児の読み聞かせに!少し長めのストーリーのおすすめ絵本

3歳児の読み聞かせに!少し長めのストーリーのおすすめ絵本

Bu facebook
Bu twitter

0,1,2歳までは簡単で短いお話の絵本を読み聞かせることが多かったと思いますが、3歳ぐらいになると、理解力も向上してストーリー性のある絵本を楽しめるようになります。

絵を見ながら少し長めのお話を読んでもらうことで、子どもはたくさんの言葉を覚えていくきっかけにもなるでしょう。

毎日同じ本を読んでいると、子どもはすぐにお話を覚えて、ふとした時にお話しの内容を真似してみるなど、お母さんをビックリさせることも。

今回は、そんな3歳におすすめの少し長めのストーリーが楽しめる絵本を3冊ご紹介します。

【3歳 おすすめの絵本(1)】からすのパンやさん (偕成社 加古 里子 /著)

おいしそうなパンが沢山です。

,3歳,おすすめ,絵本 出典:amzn.to

森の奥でパン屋をしているカラスの夫婦にはチョコちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃんという3羽の子どもがいます。

パンを焼きながら子育てもして毎日必死に働いている2人ですが、暮らしはなかなか楽にならず、思うようにパンが売れません。

しかし、あるきっかけでパンが評判となり「カラスのパン屋さん」が大人気のお店になるお話です。

動物の形をしたパンや、おいしそうなパンなどがたくさん登場するので、この絵本を読んだ後はパンが食べたいというかもしれませんね。

【商品概要】
参考価格:1,080円
出版社:偕成社
著者:加古 里子

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3歳 おすすめの絵本(2)】じゃんけんでんしゃ (えほんの杜 高木 さんご /著)

じゃんけんでしゃはお子様が大好きな遊びですね!

じゃんけんでんしゃ,3歳,おすすめ,絵本 出典:amzn.to

めんたいこ、しゃけ、てんむす、おせきはんなど、いろんな味のおにぎりやカステラ、マカロン、おはぎなどのデザートが皆でじゃんけんをします。

じゃんけんで負けた人は勝った人の後ろに続いて長い列車になっていきます。

最後までじゃんけんで勝って、列車の一番先頭になるのは誰かな?じゃんけんを覚え始めた頃のお子さんなら、さらに大喜びです。

思わずお腹がすいちゃうような絵がたくさん出てきますよ。今まで知らなかった食べ物の絵を見て、新しい食べ物の言葉を覚えることもできます。

【商品概要】
参考価格:1,404円
出版社:えほんの杜
著者:高木 さんご

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3歳 おすすめの絵本(3)】どうぞのいす (ひさかたチャイルド /香山 美子 著)

やさしいタッチの絵も印象的です。

どうぞのいす,3歳,おすすめ,絵本 出典:amzn.to

可愛いウサギさんが誰でも自由に使えるように「どうぞのいす」を作って森に置きました。

次々に動物が現れては、いすに置かれたドングリやはちみつを食べては、そのかわりにと自分がもっていた何かを置いていきます。

次はどんな動物が出てくるかな?どんな食べ物を置いていくかな?とワクワクしながらページをめくる楽しみにがあります。

やさしいタッチの絵も印象的です。お子さんが「どうぞ」の言葉を覚えるきっかけにもなります。

【商品概要】
参考価格:1,080円
出版社:ひさかたチャイルド
著者:香山 美子、柿本 幸造

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?3歳が楽しめる少し長いお話の絵本をご紹介しました。

親子の絆を繋ぐ最高のツールは絵本だと思います。ぜひ親子で楽しい絵本の時間を過ごしてください。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP