レトルト離乳食おすすめ11選|種類豊富で外出先や飛行機内でも便利

レトルト離乳食おすすめ11選|種類豊富で外出先や飛行機内でも便利

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんが生後5、6ヶ月の時に始める方が多い離乳食。2回食、3回食と回数が増えていくと、毎日多くの時間をキッチンで過ごすことになりますよね。外出時に手作りの離乳食を持ち歩くのは、衛生面でも気を付けなければなりません。

そこでおすすめしたいのが、たくさんの種類が売られているレトルトの離乳食です。普段は手作り離乳食、少し味を変えたいときや外出のときは、レトルトを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

レトルトの離乳食には、初期から食べられるおかゆや、離乳食後期用の量が多いもの、気にする方にうれしい添加物無添加の離乳食もあります。

なかなか食が進まない好き嫌いのある赤ちゃんは、少しずつ買えるレトルトの離乳食で緑黄色野菜や魚、レバーなど、色々な食材を手軽に与えてみましょう。レトルトの離乳食を使って色々な味に慣れてもらい、ママは少し楽をしちゃいましょう!

レトルト離乳食について ~いつからいつまで?

レトルト離乳食とは

レトルトの離乳食,離乳食,レトルト,

袋状のもの、瓶詰のもの、主食とおかずがセットになったものなど、レトルトの離乳食は様々な形で売られています。お湯を加えたりおかゆに混ぜたりするドライタイプの離乳食とは違い、加熱せずそのまま食べることができます。

離乳食初期から使え、中期、後期、完了期まで、さまざまなものが揃っています。それぞれの段階に合わせ、その時期の味覚に合った味付けがされているため、薄味が基本です。

こんな時に便利!

レトルト食品,離乳食,レトルト,

レトルトの離乳食は密封されているので、こぼれる心配がなく持ち運びやすくなっています。はじめてレトルト離乳食を利用したのが、おでかけや旅行の時だというママも多いようです。

レトルトの離乳食は、スプーンやお皿だけ用意したら食べさせられるものや、スプーンがセットになっていte
何も必要のないものもあるので、外出の時に特に利用しやすいですね。

ママの体調が悪い時や、パパにお願いするときに

離乳食を食べる赤ちゃん,離乳食,レトルト,

赤ちゃんがいる生活はとってもハードですよね。夜中の授乳や夜泣きなどで睡眠不足にもなりますし、家事と育児で大忙しです。

ママが風邪を引いたり体調がすぐれない時、疲れたな、眠いな、しんどいなという時に、そのまま与えられるレトルトの離乳食は大助かりのアイテムです。

パパと赤ちゃんにお留守番をしてもらって、ママがひとりでおでかけをするときも、レトルトの離乳食は大活躍です。あまり離乳食をつくる機会のないパパも、簡単に食事の用意ができますね。

このようにママが自分のピンチの時やおでかけの予定に合わせて、あらかじめレトルトの離乳食をストックしておくと便利です。賞味期限が長いので、災害時の備えとして家にあると、もしものときも安心ですね。

メニューや味付けの参考に

離乳食,離乳食,レトルト, 出典:www.photo-ac.com

我が家でも経験があるのですが、離乳食も中期頃になってくると毎日同じようなメニューばかりになってしまいます。でも他にどんなものを作ればいいのか、また、いろいろ作っても赤ちゃんがあまり食べない時期もありますね。

そんなときにもレトルトの離乳食は活躍してくれます。市販の離乳食には、赤ちゃんが気に入って食べてくれる秘訣がたっぷりつまっています。

月齢に合った味付けやとろみ加減、食材の大きさなど参考になるので、手づくりの食事がメインでもたまに使ってみてはいかがでしょうか。

レトルトの選び方

離乳食初期から使えるものが揃う

離乳食の食材,離乳食,レトルト,

レトルトの離乳食は、生後5ヶ月からが対象のものがあります。おかゆや野菜を裏ごししたものや果物をつかったデザートメニューなど、離乳食初期でも色々な食材を取り入れることができるんですよ。

選び方のポイント

市販されている離乳食は、どの商品にもはっきりと「◯ヶ月頃から」とわかりやすく書かれています。しかしこれはあくまでも目安です。

赤ちゃんはそれぞれ離乳食の進むスピードに個人差がありますので、書かれている対象月齢は参考程度にして、赤ちゃんに合ったものを選んであげてくださいね。

月齢が進んだ商品になれば、よりたくさんの食材が使われています。まだあげたことのない食材が入っていないか、アレルギー面などで心配がないか必ずチェックしてから与えるようにしましょう。

レトルトの離乳食は冷凍可能?賞味期限は?

上手に利用すれば、より毎日が楽しく!

保存容器,離乳食,レトルト,

あまり食が進まない赤ちゃんの場合、レトルトの離乳食を完食できないことが多々あると思います。そのような場合は、清潔な保存容器を用意しておき、あらかじめ分けて冷凍しておくといいですよ。

外出先で残したものを帰ってきてから冷凍するのは衛生上よくありませんが、自宅でさまざまな食材を食べさせてあげたいと用意した時には、小分けして冷凍しておけば安心です。

解凍はレンジで行い、常温に長時間放置することのないようにしましょう。中には加熱しすぎるととろみがなくなるものもありますので、様子を見ながら加熱するとよいですね。

災害時「もしも」の備えにも

レトルトの離乳食は密封されているので、賞味期限が長いことが特徴です。保存食として常備している家庭も多いのではないでしょうか。

賞味期限については各商品異なりますから、よく見て購入するようにしましょう。賞味期限とは、加工してある商品が品質劣化を伴うことなく、安全においしく食べられる期間のことです。災害時の備蓄用に長期間保存するときには、先に購入したものから食べていくといいですね。

おすすめ商品(5ヶ月から)をご紹介します!

【1】野菜だし仕立てのおかゆ |キユーピー

5ヶ月からOKのおかゆ

キユーピーベビーフード 野菜だし仕立てのおかゆ 5ヵ月頃から,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

まず初めにご紹介するのは、生後5ヶ月から食べられるおかゆの離乳食です。お米の味だけでなく、野菜エキスでほんのり野菜の味がします。

離乳食初期は1日1回の食事で、まずは食事を口に入れることに慣れさせます。量もあまり食べず、まだまだ母乳やミルクで栄養を摂っている時期です。授乳回数も多く、充分な睡眠がとれないママも多いと思います。

あまり無理をせず、離乳食初期もレトルトに頼る日があってもいいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 129
*メーカー:キユーピーベビーフード
*内容量:70g×1個

【2】ももと白ぶどう 70g×12個|キユーピー

やさしい甘さの果物ペースト

キユーピー C-50 ももと白ぶどう 70g×12個,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

こちらはももとぶどうの果汁が入ったフルーツの離乳食です。離乳食初期、生後5ヶ月頃からが対象です。離乳食初期でも食べやすいなめらかな食感になっています。

りんごやバナナなどの果物なら家でも簡単に用意できますが、ももと白ぶどうなど季節によってあまり手に入らない果物をレトルトで食べさせてあげられるのはとても便利ですね。

色々な味に慣れるために、果物も積極的に食べさせてみましょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,685
*メーカー:キユーピー
*内容量:70g×12個

口コミ

・甘すぎず食べやすい味です。苦手な薬を飲ませるときも、ももとぶどうの味でごまかして飲みこむことができました。

おすすめ商品(7ヶ月から)をご紹介します

【3】鶏とおさかなのベビーランチ|和光堂

おでかけに便利なおかずとご飯のセット

ベビーフード 栄養マルシェ 7か月頃から 鶏とおさかなのベビーランチ,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

お豆腐やプリンくらいのやわらかさが理想とされている、離乳食中期は「モグモグ期」。舌でつぶして飲み込む練習をする時期です。

離乳食中期になると、食べる量も増えてきてご飯でお腹を満たすようになる子も増えてきます。

こちらは、おかずとご飯がセットになっている「鶏とおさかなのベビーランチ」です。生後7ヶ月頃からの離乳食中期が対象です。「やわらか鶏のおかゆ」と「白身魚と野菜の洋風煮込み」の2個セットになっています。

スプーン付きなので、これ一つ持っているとすぐに食べさせることができて、おでかけに便利ですね。そのままでもおいしく食べられますが、容器のまま電子レンジであたためられます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 267
*メーカー:和光堂
*内容量:80g×2個

【4】豆腐と鶏肉の野菜あんかけ|ビーンスターク

おかゆにかけてもOK

ビーンスターク 豆腐と鶏肉の野菜あんかけ 70g 7ヵ月頃から,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

こちらはビーンスタークから発売されている「豆腐と鶏肉の野菜あんかけ」です。離乳食中期、生後7ヶ月頃からが対象です。

離乳食中期でも食べやすいやわらかい豆腐と、鶏ささみと野菜がたっぷり入ったあんかけです。中に8種類も野菜が含まれていて栄養満点です。おかゆにかけてあげても美味しそうですね。

離乳食中期では、少しずつ味付けを開始してもOKです。赤ちゃんがどんな味が好きなのか、レトルトの離乳食で色々な食材や味付けを与えて反応を試してみてはいかがでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 168
*メーカー:ビーンスターク・スノー
*内容量:70g×1個

【5】無添加 ベビーフード 12食セット|味千汐路

食品添加物無添加の国産素材

有機 JAS 認定 無添加 ベビーフード 7ヶ月頃から 離乳食 6種類 12食セット (国産 有機素材 天然素材 使用) (食品添加物無添加 オーガニック 離乳食),離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんの内臓は未発達なので、離乳食は無添加にこだわるパパママもいると思います。こちらは国産の素材を使い、食品添加物無添加にこだわったオーガニックの離乳食です。

いろいろな味のお粥やおじや、トマトソース煮が2種類ずつ合計12個セットになっています。大きめの瓶に入っていて、一度に食べきれなくても冷蔵庫に入れてその日中に食べれば2回に分けて食べられます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 4,925
*メーカー:味千汐路
*内容量:100g×12個

おすすめ商品(9ヶ月から)をご紹介します!

【6】豆腐ハンバーグ 80g×12個|ピジョン

お豆腐のやわらかいハンバーグ

ピジョン 管理栄養士さんのおいしいレシピ 豆腐ハンバーグ 80g ×12個,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

離乳食後期は「カミカミ期」。歯ぐきで噛んで飲み込む練習をする時期になります。食事が1日3回となり、手づかみ食もはじまる時期です。

こちらはピジョンから発売されている「豆腐ハンバーグ」です。離乳食後期、生後9ヶ月頃から対象で、植物性たんぱく質のお豆腐で作られた、ヘルシーでやわらかい豆腐ハンバーグです。

具材の大きさや固さは、赤ちゃんの噛む力の発達に合わせて作られています。離乳食後期の歯ぐきで噛める固さは、レトルトの離乳食を参考にするとわかりやすいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,561
*メーカー:ピジョン
*内容量:80g×12個

【7】八宝菜ランチ|キユーピー

お肉も野菜もたっぷり

キューピーベビーフード 八宝菜ランチ 60g×2,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

キューピーから発売されている「八宝菜ランチ」をご紹介します。こちらも離乳食後期、生後9ヶ月頃からが対象です。

牛肉、野菜、きのこなどが入ったまぜご飯と、鶏肉や角切り野菜などが入った八宝菜のセットです。素材の風味を活かした薄味で、月齢に合わせた大きさや固さでつくられています。

中華の味付けを離乳食用にするのは難しいので、レトルトの離乳食で取り入れてみてはいかがでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 248
*メーカー:キユーピー
*内容量:60g×2個

おすすめ商品(12ヶ月から)をご紹介します!

【8】たらとひじきの炊き込みごはん|ビーンスターク

11品目入った炊き込みごはん

ビーンスターク たらとひじきの炊き込みごはん 80g 12ヵ月頃から,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんが生後12ヶ月、満1歳になる頃には離乳食もいよいよ完了期。「パクパク期」とも呼ばれ、やわらかく小さくすればほとんど大人と同じ食材を食べられるようになります。

こちらはビーンスタークから発売されている「たらとひじきの炊き込みごはん」です。ごはんも今までのおかゆと違って、やわらかく炊いた「軟飯」となります。11品目も具材が入っていて、具の大きさも今までより大きくなっていますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 168
*メーカー:ビーンスターク・スノー
*内容量:80g×1個

【9】和風ランチセット|和光堂

1歳からはビッグサイズも

BIGサイズの栄養マルシェ 和風ランチセット×3個,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

こちらは和光堂から発売されている「和風ランチセット」です。離乳食完了期、生後12ヶ月頃からが対象です。

「鶏おこわ」と「すき焼き風煮込み」がセットになっています。1歳以降は授乳回数も減り、ほとんどの栄養を食事から得られるようになります。おでかけの時は、満足できるたっぷりサイズのランチセットはいかがでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 946
*メーカー:和光堂
*内容量:110g×1個、80g×1個

【10】鶏レバーとごぼうの煮物(豚肉入り) 80g×12個|ピジョン

調理しにくいレバーやごぼうをレトルトで

ピジョン 管理栄養士さんのおいしいレシピ 鶏レバーとごぼうの煮物(豚肉入り) 80g ×12個,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

こちらはピジョンから発売されている「鶏レバーとごぼうの煮物(豚肉入り)」です。離乳食完了期、生後12ヶ月頃からが対象です。

離乳食後期になると、食事からの栄養が大半になります。鉄分が豊富なレバーはぜひ離乳食に取り入れてもらいたい食材です。

しかしレバーは、自分で調理するのは面倒に感じている方も多いと思います。ごぼうも離乳食にだけ用意するのは余ってしまいます。そういった食材をレトルトであげることができるのは便利ですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 946
*メーカー:ピジョン
*内容量:80g×12個

おすすめ商品(1歳4ヶ月から)をご紹介します!

【11】ハンバーグカレー|和光堂

1歳からはカレーもOK

BIGサイズのグーグーキッチン ハンバーグカレー 100g,離乳食,レトルト, 出典:www.amazon.co.jp

離乳食として用意されているレトルト食品は、1歳4ヶ月が最後。これ以降は「幼児食」となります。

こちらは和光堂から発売されている「ハンバーグカレー」です。辛味成分を使わずにつくられたカレーソースでハンバーグを煮込んだものです。カレーはいろんな野菜を入れられる便利なメニューです。

大人も大好きなカレーは、スパイスを使わず離乳食で子どももおいしく食べられます。大人がカレーの日に、お揃いメニューで食べさせてもいいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 198
*メーカー:和光堂
*内容量:100g×1個

まとめ

レトルト離乳食について、初期から完了期までのおすすめ商品をご紹介しました。どのメーカーのレトルト離乳食も、食品添加物は必要最低限だけ使われていて安全面も厳しくつくられています。

原材料やアレルギーの情報などもホームページに公開されているので、気になるママはチェックしてみてくださいね。外出時やママの息抜きに、とっても助かるレトルト離乳食。ぜひ参考にしてください!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP