デキる妻は“デキる夫”をこう育てる! 夫が自ら家事・育児を始める「5つの魔法」

デキる妻は“デキる夫”をこう育てる! 夫が自ら家事・育児を始める「5つの魔法」

Bu facebook
Bu twitter
E382B0E383A9E38395-1.jpg
 
あなたの夫は、家事・育児をしていますか?
自発的に家事・育児をしているでしょうか、それとも、「言われたらやる」でしょうか?

共働き夫婦へのアンケート結果によると、家事・育児を両方とも分担できている夫婦は約4割! 
両方とも妻が負担している夫婦は2割、

さらに、役割分担していても、夫の役割内容に満足していない妻は4割以上いることが判明しました。

 
どうすれば不平等感なく、お互いハッピーな家事・育児の“分担”ができるでしょう?

そこで、 「言われればやるけど、できればやりたくない」という、家事・育児に当事者意識がない夫たちを、
自発的に家事・育児に取り組む“カジメン”“イクメン”に変える魔法のようなアプローチ法をご紹介します☆


夫が自分から家事・育児をするようになる☆
“こんなときはこうしてみよう!”アプローチ法5


idea1
「言ったことしかやらない・・・」と感じたら、
家事のフロー表を見せる

買い物を頼んだら「買うだけ」、子どものお風呂を頼んだらほんとに「入れるだけ」。。。
そんな夫には“やること”の全体像と段取りを教えることから始めましょう


(例)
【買い物フロー】
買い物に行く
→買ってきた食材を冷蔵庫に入れる
→買い物袋を所定の位置にしまう
→レシートとお金を所定の位置に戻す


【子どもをお風呂に入れるフロー】
お湯をはる
→タオルや着替えを準備する
→お風呂に入れる
→体をふいて服を着せる
→保湿クリームを塗り、髪を乾かす

 


idea2
「何度言ってもやってくれない」なら、
夫の立場で家事ルールを見直す

夫が過去に家事をやろうとしたとき、妻がつくったルールがわからず→できなくて→怒られて→やらなくなった・・・
ということがあるかもしれません! 夫のスキルや性格に合わせたルールを2人で考え直してみましょう

 


idea3
「楽しんでやってほしい」と思ったら、
頼みたいことに子どもをからめてみる

何もしない夫にイラッとしたからといって、「たまには子どもと遊んでよ(怒)!」と不満げに催促しては逆効果。
「パパと遊びたいな♪」「一緒に買い物行きたいな」と、子どもから明るく提案してもらうと、夫のやる気スイッチを刺激します

 


idea4
「ハマり性の夫」には・・・
夫の好きなアイテムをそろえる

掃除機や洗濯機を買い替えるとき、多少お金がかかっても“夫が使いたいもの”をあえて選んでもらいましょう! 
デザインや性能が気に入ったものなら、積極的に使いたくなるはずです

 


idea5
「いちいちホメるのが面倒だな、、、」と思ったら、
やったことを承認する!

夫が家事をするたびに大げさにホメなくても「○○してくれたんだね♪」のひと言で“認められた”と感じてうれしくなるもの。
余裕があるときはぜひ「ありがとう」と添えましょう

 


なるほど! 夫婦の役割分担で少しでもモヤモヤしているなら、トライしてみてはいかが?

 


参照:『サンキュ!』2月号「どんなタイプの夫も、自分から家事・育児をやるようになるヒント5」より一部抜粋 監修/矢川乃梨子、浜田紗織、渡辺大地、撮影/林ひろし、取材/妹尾香雪、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP