電力小売り自由化!電力会社の変更で電気代が安くなる!?

電力小売り自由化!電力会社の変更で電気代が安くなる!?

Bu facebook
Bu twitter

最近見た「2016年4月から電力小売自由化が始まる」というニュース。
電気代が安くなるのであれば、自分も利用してみたいけど、基本的な仕組みもわからないし、注意点とかあるのかしら??
今日はそんな方のために、電力小売自由化に関するコラムです。

■電力小売自由化とは?

そもそも電力小売自由化とは何でしょうか?
現在、一般家庭で電気の供給を受ける場合、地域ごとに契約できる電力会社が決まっています。そして、一般家庭向けの電気料金は、電力会社が発電コストや事業を運営していく上での必要経費を積み上げて算出して、国の許可を得て決めています。

これが2016年4月以降大きく変わり、複数の電力会社から自由に選べるようになります。どういうことかと言うと、異業種などから「新電力会社」と呼ばれる新しい電力会社が参入します。新たに参入する新電力会社は、料金を自由に設定できるようになります。この新電力会社に乗り換えることも、他の地区の電力会社に乗り換えることもできるようになります。

これにより、地域独占だった電力業界に競争が生まれ、各社から新しいサービスや料金プランが生まれることが期待されています。
携帯電話のように様々なサービスや料金プランから、自分に合った電力会社を選ぶ時代が来たと言えるでしょう。

実は高圧で電気を利用する工場やオフィスビルなどは既に自由化が始まっており、新電力会社から電気を買うことも可能です。

■新電力にはどのような企業が参入するの?

電気と同じライフラインであるガス会社や石油会社はもちろん、通信会社や住宅メーカー
等が参入予定です。電力の小売りに必要な「小売電気事業者」に100社以上が登録申請をしているそうです。

2015年12月現在では具体的なプランは見えておりませんが、ガス会社や通信会社であれば、自社のサービスとセットで加入する場合は電気料金を割り引いたり、住宅メーカーが省エネ住宅との組み合わせ販売をしたりと新しい割引プランが生まれることが予想されています。また、昨今の環境ブームから、発電方法に関して興味がある方も増えているようです。
原子力や火力ではなく、太陽光や風力、地熱などで発電したクリーンエネルギー(二酸化炭素や窒素酸化物などの有害物質を排出しないエネルギー)利用した電気を選ぶこともできるようになるでしょう。

■新電力会社に変える場合、工事は必要?

ご自宅の電力メーターをスマートメーターにする必要があります。
スマートメーターとは、毎月の検針業務の自動化や電気料の見える化を可能にする新しいメーターです。このスマートメーターが設置されていない場合は、交換作業が必要となります。作業時に15分ほど停電がするそうです。原則メーターの交換は無償です。

注意点としては、新電力会社にはカバーエリアが決まっているようです。そのため、ご自身のお住まいをカバーしている新電力会社を選び必要があります。

気になる料金ですが、前述の通り詳細な料金プランが出ていないので、どの程度安くなるのか?等、2015年12月現在でははっきりしていません。
すごく安くなると良いのですが・・・。

まずは、ご自宅の電気の利用の傾向を把握しておくとよいと思います。現在、東京電力では、「でんき家計簿」という使用した電気料がわかるWEBサービスを実施しています。使いすぎた月がわかるだけでなく、利用傾向から料金プランや省エネ方法のアドバイスもしてくれます。サービス自体無料なので、利用してみても良いでしょう。

■新電力会社へ切り替えた場合のデメリットとは?

いくら電気代が安くなったとしても、停電が頻発するようでは困ってしまいますよね。
切り替えた場合のデメリットは、基本的にはあまりないようです。
例えばご自宅に電気を送る送電線ですが、新電力と契約しても送電線の変更は基本的にありません。そのため、停電リスクはそれほど変わらないと言えるでしょう。もし、設備トラブル等が発生して、一時的に新電力の電力供給ができない場合はどうなるのでかというと、既存の電力会社(一般電気事業者)などから電力を融通してもらうバックアップのシステムが存在しています。

いかがでしたでしょうか?
我々にとってメリットが多い電力自由化ですが、サービスが始まっても何も変更しない方も現れそうです。

「適用できる料金プランがあったのに・・・」なんていうことがないように、情報には敏感になっておく方が良さそうです。


--------------------
執筆者:平原 直樹
(ブロードマインド株式会社のベテランファイナンシャルプランナー)
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
--------------------

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP