離乳食の大根はいつから?初期向けアレンジレシピ、冷凍保存方法など

離乳食の大根はいつから?初期向けアレンジレシピ、冷凍保存方法など

Bu facebook
Bu twitter

離乳食初期、赤ちゃんがおかゆに慣れてきたら、次は何をあげてみようかと悩むご家庭も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめな食材の一つが大根です。

栄養豊富で消化もしやすく、大根はいいことだらけの食材なんですよ。アレルギーの心配が少なく、離乳食初期から食べられます。

茹でると柔らかくなるので裏ごししやすく、まだ固形物が食べられない赤ちゃん用メニューにも調理しやすい、まさに離乳食にぴったりの食材です。

そんなお役立ち食材の大根について、フリージング方法や、人参などの野菜やしらすなど相性の良い食材を使ったアレンジレシピをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

大根はいつから食べられる?

離乳食初期から食べられます

大根を使った離乳食,離乳食,初期,大根

大根は茹でると柔らかくなるうえに消化しやすく、未発達な赤ちゃんのお腹にも優しいので生後5,6ヵ月の離乳食初期から食べられます。葉っぱの部分も柔らかく煮てからすりつぶせば、離乳食初期から食べられますよ。

大根には消化酵素が含まれているので消化しやすいだけでなく、腸内環境を整えてくれる働きもあるそう。食物繊維も含んでいて、赤ちゃんの便秘にも効果的ですよ。

離乳食初期のゴックン期は、水分の多いポタージュ状にして食べさせます。茹でてからブレンダーや裏ごし器を使ってペースト状にしてからでも、生のまま大根おろしにして調理してからでも調理ができます。

離乳食を始めて赤ちゃんがおかゆに慣れてきたら、ぜひ次のステップに大根を取り入れてみてくださいね。

大根に含まれる栄養は?

ビタミンCや食物繊維が豊富!

離乳食を食べる赤ちゃん,離乳食,初期,大根

大根には、ビタミンCや食物繊維など赤ちゃんに積極的に与えたい栄養素が含まれています。胃腸の働きを助ける消化酵素も含まれるので、「天然の消化剤」と呼ばれているんですよ。ビタミンCには免疫力を高める効果もあります。

根の部分と同じく離乳食初期から食べられる大根の葉には、根の部分より多くの栄養素が含まれています。β-カロテン、食物繊維やビタミンA、ビタミンCが豊富で、葉の部分も胃腸の調子を整え、離乳食に取り入れたい栄養素がつまっています。

葉っぱ付きの大根が手に入ったら、ぜひ葉の部分も離乳食に取り入れてみてくださいね。

離乳食初期に大根を食べさせる際の注意点

ペースト状、プーン1杯から始めよう

離乳食の調理,離乳食,初期,大根

離乳食初期の赤ちゃんは口に入れた食べ物を噛まず、ごくんと飲み込む練習をします。大根をあげる時は裏ごしてペースト状にしたものか、大根おろしにしたものを与えるようにしましょう。

大根はアレルギーの心配があまりない食材ですが、100%アレルギーが出ないとは言い切れません。万が一のことを考えて、初めて大根を与える時はスプーン1杯の少量から始めてくださいね。

離乳食に向いてるのは中央部分

大根,離乳食,初期,大根

大根は部位によって、硬さや味が違うことをご存知でしょうか。大人の料理に使う時は、料理によって上中下の部分で使い分けます。離乳食に大根を使う時も、大根の部位を気にしてみましょう。

一番葉っぱに近い上の部分は固く、甘味が強い部位です。先端にあたる下の部位は、筋が多く辛味が強い部分です。中央の部位は甘味も辛味も弱く、味が染み込みやすい部分です。

固いと離乳食用のペースト状にしづらく、辛みがあると赤ちゃんが嫌がるかもしれません。離乳食には柔らかくてクセの無い中央部分が向いています。

切り干し大根は離乳食後期から

切り干し大根,離乳食,初期,大根

大根を天日干しして作る乾物の切り干し大根。水に戻すだけですぐに調理ができ、生の大根より栄養価が高いんですよ。

離乳食にもぜひ取り入れたいですが、切り干し大根は長めに柔らかく煮こんでも赤ちゃんには固く感じる食感になります。赤ちゃんにある程度噛む力と飲み込む力がついてくる、離乳食後期くらいから食べさせてみてくださいね。

大根の選び方

重い方が新鮮

大根,離乳食,初期,大根

せっかく離乳食に使うなら、新鮮でおいしい大根を選びたいですよね。新鮮な大根を選ぶポイントは、重さです。大根は重い方が水分をたっぷり含んでいて新鮮でおいしく感じます。

スーパーで大根を買う時は、持ってみて重いものを選ぶのがおすすめです。

白く葉が元気なもの

大根は真っ白で、表面がみずみずしいものがより新鮮です。葉が付いている大根であれば、葉の部分も元気か気にして選んでくださいね。

まれに二股になっている大根がありますが、皮を剥きづらく辛味のある部分が多いので避けて選びましょう。

大根の調理法/下ごしらえ方法

加熱の仕方は?

大根を使った離乳食,離乳食,初期,大根

大根は皮の近くに多くの栄養素が含まれていますが、繊維質で離乳食初期の赤ちゃんには食べにくいので厚めに皮を剥いて調理をします。

皮を剥いた大根は鍋で茹でたり、電子レンジを使ったりして火を通します。レンジで加熱する時は、切った大根の半分が浸かるくらいに水を入れてから加熱します。大根が透き通って、竹串が簡単に刺さるようになればしっかり火が通った証拠です。

大根は茹でるとやわらかくなるので、フォークなどで簡単につぶせるようになります。おろしてから加熱すると、火の通りが良くすぐに調理が完了します。

冷凍できる?

冷凍用製氷皿,離乳食,初期,大根

大根は冷凍保存ができる食材です。離乳食初期は加熱してからペースト状にしたものを冷凍するのが一般的ですが、生の大根や大根おろしも冷凍保存ができます。

ペースト状にしたものや大根おろしなら、製氷皿に一食に使う分量を入れて凍らせます。ブロック状になったものをジップロックに入れておくと、コンパクトに保存できますよ。

生の大根を冷凍する場合は、あらかじめ小さく切っておくと調理の時簡単に取り出せて便利です。

大根の調理に便利な調理道具をご紹介します!

マッシャー ミニ|貝印

小さいマッシャーは離乳食調理にピッタリ!

貝印 Kai House Select マッシャー ミニ ホワイト DE-5821,離乳食,初期,大根 出典:www.amazon.co.jp

茹でた大根はやわらかいので、簡単につぶせます。しかしフォークなどでつぶすと滑りやすいので、じゃがいもをつぶす時に使うマッシャーを使うと便利です。こちらのマッシャーはサイズが小さいので、少量を調理する離乳食にピッタリのアイテムです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 464
*メーカー:貝印
*サイズ:20×4.5×5.5cm

すり鉢ボール|石丸合成樹脂

電子レンジも使える!

すり鉢ボール オレンジ,離乳食,初期,大根 出典:www.amazon.co.jp

離乳食初期の大根は、加熱が必要です。大根をおろしてから加熱すると、火の通りが良く加熱時間は短く済みます。こちらのすり鉢ボールはおろし器、すり鉢、ボールと三つの機能が使えます。

大根をおろした容器でそのまま電子レンジに入れられるので洗い物が減り、調理時間短縮になりますね。すり鉢も離乳食調理に大活躍しますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,188
*メーカー:石丸合成樹脂
*サイズ:19.3×17×8cm

大根を使った離乳食初期のレシピ

【1】離乳食初期☆大根のペースト

だしで煮る、基本の大根ペースト

離乳食初期(5~6カ月)大根、かぶ,離乳食,初期,大根 出典:cookpad.com

やわらかく煮てから裏ごしする、基本の大根調理です。

【作り方】
1.火が通りやすいよう薄くスライスし、細かく切る
2.水、またはだし汁でやわらかくなるまで煮る
3.裏ごしする

大根の甘味を感じやすい水煮、風味の付いただし煮、どちらも離乳食初期に食べやすい味です。これだけで、おかゆに混ぜてもOKです。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】*離乳食初期*白菜のみぞれ煮

野菜をたくさん食べられる!

http://cookpad.com/recipe/2086551,離乳食,初期,大根 出典:*離乳食*白菜のみぞれ煮

やわらかく甘味のある白菜の葉先と大根おろしを合わせた、みぞれ煮をご紹介します。ビタミンをたくさん摂れる野菜たっぷりの離乳食です。

【作り方】
1.白菜を柔らかくなるまで茹で、すりつぶす
2.大根をすりおろす
3.鍋に湯と大根を入れ煮たて、1の白菜を入れて煮る

白菜の葉先を使うことで、緑色のあざやかな煮物になります。大根も白菜も、栄養たっぷりの食材です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】★離乳食★【初期】人参と大根のみぞれ煮♪

ふんわりやさしい食感

★離乳食★【初期】人参と大根のみぞれ煮♪,離乳食,初期,大根 出典:cookpad.com

大根と人参は同じ根菜で、相性が抜群です。だしのやさしい味わいと、野菜の甘味が感じられるレシピです。

【作り方】
1.大根と人参をすりおろす
2.すりおろした大根と人参、だし汁を鍋に入れ火にかける
3.水溶き片栗粉でとろみをつける

おかゆよりも軽くふんわりした食感なので、おかゆがなかなか進まない赤ちゃんも食べてくれるかもしれません。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食❤初期Ⅰ*しらすと大根のおかゆ*

大根と相性抜群のしらすを使ったレシピ

離乳食❤初期Ⅰ*しらすと大根のおかゆ*,離乳食,初期,大根 出典:cookpad.com

しらすはよく塩抜きをして、離乳食初期の後半6ヶ月頃から使える食材です。大根と魚は相性抜群で、野菜の栄養と魚のたんぱく質を気軽に摂れるレシピです。

【作り方】
1.大根をすりおろし、レンジで火を通す
2.しらすを湯通して塩抜きし、すり鉢で細かくすりつぶす
3.10倍がゆに大根おろしとしらすを加える

魚に大根おろしは、大人もおいしく感じる組み合わせです。ぜひ離乳食にも取り入れてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

離乳食初期の赤ちゃんに大根をあげる時のポイント、おすすめレシピをご紹介しました。大根はペースト状にしたものをおかゆや魚のペーストと混ぜたり野菜スープに入れたりと、離乳食初期にも使いやすい食材です。

冷凍保存にも向いていて作り置きができるので、忙しいお母さん達にはうれしいですよね。赤ちゃんのおなかに優しくアレルギーの心配も少ないので、離乳食を始めたばかりの赤ちゃんにおすすめの食材です。

赤ちゃんがおかゆに慣れてきたら、次は大根に挑戦してみてはいかがでしょうか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP