赤ちゃんの便秘は綿棒浣腸や離乳食で上手に解消!飲める薬はある?

赤ちゃんの便秘は綿棒浣腸や離乳食で上手に解消!飲める薬はある?

Bu facebook
Bu twitter

生まれて間もない赤ちゃんは体のあちこちが未熟なために、便秘になりやすい傾向にあります。成長とともに解消されることもありますが、小さいうちはママパパのサポートが欠かせません。

便秘の原因や見分け方、綿棒浣腸や便秘解消マッサージなど、赤ちゃんの便秘について知っておきたいポイントをまとめました。赤ちゃんでも飲める薬の種類についてもご紹介します。ぜひ、参考になさってくださいね。

便秘の原因と見分けるサイン

赤ちゃんが便秘になる原因

歩きまわる赤ちゃんの後ろ姿,赤ちゃん ,便秘,綿棒 出典:www.pakutaso.com

赤ちゃんが便秘になる原因には、栄養バランスの乱れや水分不足、離乳食による影響、運動不足、体質、季節、病気などが影響しています。

なお、ミルクよりも母乳の方が便秘になりにくい傾向にありますが、飲む量が少なく母乳不足になっている場合はその限りではありません。

このように、便秘になりにくいはずなのに便秘になっている場合は、様々な要因が隠れている可能性があります。注意深く赤ちゃんの様子を観察しましょう。

赤ちゃんの便秘を見分けるサイン

赤ちゃんの便秘は、回数や量よりもお腹の張りや食欲、機嫌などを見て総合的に判断しましょう。少々うんちの回数や量が減ったとしても、機嫌よくミルクを飲み、するっと排便できているのであれば、さほど心配はありません。

うんちの回数や量が減った上で、お腹が張っている、むずかる、食欲がないなどの場合は、便秘の可能性が高いと言えるでしょう。

便秘による成長への影響

おすわりする赤ちゃん,赤ちゃん ,便秘,綿棒

多少の便秘なら、成長への影響はほぼ気にしなくて良いでしょう。しかし、便秘がクセになり食欲のない状態が続くと、栄養不足が心配になります。

便秘が原因で、ミルクの飲みや離乳食の進みが悪い場合には、早急に便秘対策を行いましょう。なお、生まれても間もない赤ちゃんは体が充分に発達しきっていないため、大人と比べても便秘になりやすい傾向にあります。

成長していくにつれ体ができ上がり、また必要な筋肉がついていくことで便秘が解消されることも珍しくありません。つい心配になってしまいますが、赤ちゃんと楽しく遊びながら筋力をつけてあげることも大切です。

赤ちゃんの便秘解消に役立つ食べ物は?

プルーンやりんご!オリゴ糖にも注目

りんごを食べる赤ちゃん,赤ちゃん ,便秘,綿棒

離乳食を始めてから便秘になってしまった赤ちゃんには、食物繊維が豊富な食材が良いでしょう。

具体的には、サツマイモやほうれん草、ニンジン、大根、かぼちゃ、バナナ、リンゴ、プルーン、オレンジ、豆腐、きなこ、海苔、寒天などです。なお、海苔は煮て柔らかくしてあげましょう。

離乳食開始を境に赤ちゃんが便秘になってしまうことは珍しくありません。離乳食を始める前までは、オリゴ糖など、善玉菌のエサとなるものがたっぷり含まれた母乳やミルクを飲んでいました。

しかし、離乳食によりオリゴ糖の摂取量が減ってしまったことや、未発達な腸に慣れない固形物が入ってきたことなどが便秘になりやすい原因です。ミルクを変えたことが原因で便秘となった場合は、ミルクを変えてみましょう。

乳酸菌が働く「ヨーグルト」もおすすめ

ヨーグルトは、赤ちゃんの便秘解消におすすめの食材です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、善玉菌の働きをサポートしてくれます。赤ちゃんに与える場合には、味付けされていない、プレーンタイプのヨーグルトを選びましょう。

ヨーグルトをそのまま与えても良いですし、きなこやオリゴ糖などで風味をつけるのもおすすめです。寒天ゼリーを使って、変化をつけるのも良いでしょう。

綿棒やマッサージを用いた解消方法

綿棒とオリーブオイルで

ハイハイしながら泣く赤ちゃん,赤ちゃん ,便秘,綿棒 出典:www.pakutaso.com

綿棒を使った浣腸は、今すぐ赤ちゃんのうんちを出して便秘を解消したい場合に有効です。綿棒は、大人用を用意しましょう。赤ちゃん用のものは細すぎるため綿棒浣腸に向きません。

綿棒以外で用意するものは、新聞紙、潤滑剤(ベビーオイル、オリーブオイルなど)です。綿棒に潤滑剤をつけ、先端2cm前後を肛門に入れます。

肛門の中で綿棒を前後させたり、くるくる動かしたりして、優しく刺激しましょう。強くこすると粘膜を傷つけてしまう恐れがありますので注意してください。

おしりから硬いうんちが見えている場合には先に摘便が必要なこともありますので、病院で診てもらうと良いでしょう。

お腹を「の」の字に描くマッサージ方法

マッサージを受ける赤ちゃん,赤ちゃん ,便秘,綿棒

赤ちゃんを仰向けに寝かせ、赤ちゃんのお腹にママの手のひらをあてて、「の」の字を描くようにマッサージする方法です。あらかじめ部屋とママの手を温めておき、お風呂あがりやおむつ変えの時など機嫌の良いタイミングで行いましょう。

さする程度の圧で行うこと、食後を避けること、摩擦をさけることが大切です。摩擦をさける方法としては、ベビーオイルをつけて行うとよいでしょう。

赤ちゃんが飲める便秘薬は?

モニラック

泣き止む赤ちゃん,赤ちゃん ,便秘,綿棒 出典:www.pakutaso.com

ほんのり甘いシロップタイプの便秘薬です。硬くなってしまったうんちを柔らかくし、排出しやすくします。小児科でもよく処方される、安全性の高い薬ですが、飲みすぎるとお腹がゆるくなるため、医師の指示に従うことが大切です。

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムは妊婦さんの便秘解消にも用いられる薬です。うんちが硬くなってしまう理由の1つは、うんちに含まれている水分が少なくなってしまうことです。

酸化マグネシウムは、腸内の水分量を増やしてくれるため、うんちがやわらかくなります。ゼリーやヨーグルトなどに混ぜて食べさせると良いでしょう。

ラキソベロン

ラキソベロンは、腸壁から水分が吸収されることを防ぐほか、腸を刺激して蠕動運動(ぜんどううんどう)を促します。子どもから高齢者まで幅広く使われている薬で、水にたらして服用します。

排便リズムを整えよう

トイレトレーニング,赤ちゃん ,便秘,綿棒

排便のリズムを整えることは便秘予防にもつながるため、綿棒をつかった浣腸や便秘薬などを適切に使い、すっきり排便できる習慣をつけてあげましょう。

トイレトレーニングが始まっている年齢なら、毎日きまった時間にトイレへ連れていくことも効果的です。ご紹介した便秘薬については、必ず小児科を受診し処方してもらうようにしましょう。

赤ちゃんの便秘に関する体験談

離乳食を初めてから便秘気味に

らんこめさんからの体験談:
離乳食を始めたせいなのか、便秘気味になりました。それまでは、一日に数回うんちをしていましたが、2、3日あいてしまうということが度々おこるようになりました。

出ていないなと思ったら、お腹のマッサージや足を持って動かしてあげ血行をよくするようにしました。他にも麦茶などを頻繁に飲ませてあげて水分補給をするように心がけました。今日でなかったら綿棒浣腸をしようかなと考えていたところで、うんちを出してくれたのでせずにすみました。

排便時はすごく苦しそう

ryo_coさんからの体験談:
便秘なのかまだそんなに毎日出ないものなのかわかりませんが、毎日排便はなく、2~3日に1回くらいでした。出す時も硬いのか、すごく苦しそうに体を曲げていきんでいました。そしてすごい量でした。

毎日ちょっとずつ出せばいいのにと思いつつ、中々そうもいきませんでした。水分が足りないのかとお茶やお水をのませましたがあまり変わりませんでした。

まとめ

赤ちゃんはママパパの気持ちに敏感です。胃腸と自律神経は切っても切れない関係にあるため、精神面から便秘になってしまう赤ちゃんもいます。あまり神経質にならず、綿棒浣腸や離乳食に効果的な食材を加えるなど、楽しみながら工夫をするようにしましょう。

また、おむつかぶれなどもうんちを嫌がる原因となります。おしりの状態に気を配り、すっきりうんちができるようにしてあげましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP