はじめてのパパ・ママが知っておきたい!赤ちゃんの成長曲線

はじめてのパパ・ママが知っておきたい!赤ちゃんの成長曲線

Bu facebook
Bu twitter
133088673_c32e918419_z

出産後から休むことなく始まる子育て。数時間おきの授乳やオムツ換えなど、新米パパやママは慣れないことがいっぱいであたふたしてしまうこともあるかもしれませんね。

少しずつ子育てに慣れていく生後1か月になると、1か月検診があります。検診では体重、身長を測り、赤ちゃんの月齢に合わせた発育があるか、病気になっをしていないかなどをみていきます。パパやママは赤ちゃんがちゃんと成長しているか気になりますよね。

医師に「ちょっと小さいかな?」「ちょっと身長が低いかな?」などといわれると不安になる方もいることでしょう。

そこで今日は、赤ちゃんの「成長曲線」について紹介していきます。

赤ちゃんの「成長曲線」とは

母子手帳に男女別のグラフがありますよね。このグラフは厚生労働省が10年ごとに乳幼児の身長や体重などの発育を男女別に集計したデータで、成長推移を表しています。

赤ちゃんの成長曲線はそれぞれの月例の子供たちの値をパーセンタイルという統計方法で作成されていて、帯のなかに各月齢の94%の子が入ります。

成長曲線は各月齢で自分の子供の身長や体重が全体の中でどのくらいの位置にいるかが目安で分かるグラフことなのです。

帯の中に入ってないとダメ!?

パパやママからすると、自分の子供が成長曲線の帯よりも下回っていたり上回っていると、何か発育に問題があるのではないかと不安になってしまうかもしれません。

しかし、成長曲線から外れているからといって必ずしも問題があるというわけではありなせん。生まれたときの身長や体重には個人差がありますし、約6%の赤ちゃんは異なった成長、すなわちその子なりの発育で成長していくのです。

帯の中に入っていることよりも、帯のどのあたりにいるのか、成長の推移はどうかということの方が重要です。初めての育児では小さなことでも何かと心配になってしまいがちですが、あまり気にし過ぎずお子さんの成長を見守ってあげてくださいね。

何か心配ごとがあれば、小児科を受診したり、保健所の育児相談などを利用してみてもよいでしょう。

成長曲線を記入しよう

成長曲線はあくまでも成長の目安ですが、病気の早期発見にもつながりるので記録しておきましょう。検診などで身長や体重を測ったときなどにグラフをつけておくと、成長の推移を確認できます。

たとえば、成長ホルモンが不足していたりすると身長が伸びにくかったり、帯から外れてしまうことがあります。体重が増えにくい、曲線がほぼまっすぐで成長の様子があまり見られないなどの場合は、ひょっとすると何か病気が潜んでいるからかもしれません。

グラフに成長の様子をつけておけば小児科を受診したときに医師に状況を説明しやすくなりますし、早期治療にもつながることでしょう。

母子手帳を活用しよう

赤ちゃんは生まれてから満1歳の誕生日を迎えるまで目覚ましい成長を遂げます。母子手帳には、男女別で0か月から満1歳児の成長曲線、満1歳児以降の成長曲線が記載されています。

この他にも妊娠期の記録、予防接種の記録、子育てに関する読み物などがあり、赤ちゃんの発育について分かりやすく書かれていて、まさに子育てのバイブルです。

母子手帳にしっかりと記録を残しておくことは、お子さんの成長具合を見守ることだけでなく病気の発見・治療にも役立ちます。

小児科を受診するときや検診を受けるときはもちろんですが、普段から母子手帳は持ち歩いておくようにしたいですね。

初めての子育ては分からないことがいっぱいです。赤ちゃんの発育を見守るという意味でも、成長曲線はぜひ記録していくようにしましょうね。

Photo/makelessnoise 参考/ 母子健康手帳の交付・活用の手引き こそだてハック「赤ちゃんの成長曲線まとめ。月例別の乳幼児の体重推移は?」

関連コラム

3歳までが肝心!?汗にまつわる大事なはなし
子供が熱中症にかかる思わぬ落とし穴!今すぐできる熱中症対策
夏到来!子供に大流行する『夏風邪』ってどんな病気?
布団を蹴飛ばしても安心!知っておきたい子供の寝冷え対策

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP