生後10ヶ月|赤ちゃんの体重、離乳食・ミルクの量や授乳回数は?

生後10ヶ月|赤ちゃんの体重、離乳食・ミルクの量や授乳回数は?

Bu facebook
Bu twitter

生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、ハイハイをしたりして体を動かすことが増え、おもちゃで遊ぶことも増えてきます。

ママも育児に慣れてきて、家の中よりも出かける時間が多くなってきます。

今回は生後10ヶ月の赤ちゃんの体重、離乳食やミルクの量や授乳回数など、発達や生活リズムについての子育てのポイントをご紹介します!

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長・発達

平均身長・体重は?おすわりやハイハイ、伝い歩きも

はいはいをする赤ちゃん,生後,10ヶ月,赤ちゃん

生後10ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長は68.5~78cm。女の子や小柄な赤ちゃんの場合は67~75cmくらいでも大丈夫です。平均的な体重は8~11.2kg。女の子や小柄な赤ちゃんは7~10kg程度です。

おすわりやハイハイができるようになる赤ちゃんが多く、公園や児童館、地域の育児サロンに出かけるなど、外へのおでかけの機会が増えてくる頃です。

外に出る機会が増えると、つい体つきや成長過程でできることなどを、周りの月齢が近い赤ちゃんと比べてしまいがちです。うちの子はハイハイをしないけれども大丈夫?と心配になったり、すでにつかまり立ちから伝い歩きができる子を見て焦ってしまう方もいるかと思います。

赤ちゃんの成長には個人差があります。焦らずに見守ってあげましょう。

ハイハイが楽しくなるおもちゃで遊ぼう

フィッシャープライス ゴー・ベビー・ゴー! おいかけて!ボンゴボンゴ (K8845),生後,10ヶ月,赤ちゃん 出典:www.amazon.co.jp

生後10ヶ月の時期は、ハイハイをたくさんさせてあげてくださいね。

この時期のハイハイは、背骨の形成や筋力の発達のためにとても大切な成長過程です。ハイハイをしないまま伝い歩きするというお子さんもいますが、つかまれる場所をなるべく排除して、ハイハイをさせてあげてほしい時期です。

ころころと床に転がして遊ぶようなおもちゃなどハイハイを促すグッズもたくさんありますよ。赤ちゃんが楽しんでハイハイをしてくれることで、体の機能を発達させてあげましょう!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 3,240
*メーカー:マテル
*対象年齢:0歳6ヶ月〜2歳
*商品サイズ:29cm x 15cm x 22cm
*商品重量:1.0kg

商品の特徴
*電池種別 :単3×3本(付属)。

気持ちが顔にあらわれます。どんどんほめてあげましょう

赤ちゃんをあやすママ,生後,10ヶ月,赤ちゃん

生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、知能も発達し、バイバイや拍手など意思を持った行動ができるようになります。自分の好き嫌いの感情もはっきり表現できるようになり、表情も豊かに表現してくれます。

人見知りが激しくなり、ママ以外の人が抱っこしようとすると、体いっぱいで表現して怒って見せたり、自分の思うようにならないと怒って泣くなんてことも。

これらも成長過程のひとつ。言葉を理解できるようにもなってきて、「パパ」や「ママ」の区別や、簡単な物の名前なども記憶し始めます。

コミュニケーションがとれることが増えて、楽しいことに笑顔で楽しそうに表現してくれたりと、かわいらしいしぐさや表情にも現れます!

コミュニケーションの楽しさを知ることで赤ちゃんはどんどん成長していきます。何かの動作をするときに、周りが一緒に反応し、話しかけることで言葉の理解がより進みます。

話しかける際には身振り手振りを加えると、より発達を促すともされています。「かわいいね」「すごいね」「できたね」と、たくさん褒めてあげてくださいね。

生後10ヶ月の生活リズム

睡眠時間・頻度について

眠る赤ちゃん,生後,10ヶ月,赤ちゃん

このころになると、「昼に起きて夜に寝る」というリズムが整いはじめますが、まだ午前中と午後に1回ずつ昼寝をする赤ちゃんが多いです。

夜にまとまって寝る時間が増えますが、昼間の行動範囲が増え活発に動くので、知能の発達による刺激から夜泣きをする赤ちゃんもいます。

夜泣きには個人差はありますが、昼間はしっかり遊んで体を動かすことで、夜にしっかり寝ることができるので、上手に付き合いましょう!

運動以外の夜泣き対策は?

夜泣き対策には、生活のリズムを整えることが有効であると言われています。まず、朝は7~8時までには起きるようにしましょう!カーテンを開けて朝日を入れます。日中は日光を浴びながら遊び、離乳食の時間は毎日同じ時間にします。

お風呂に入る時間は決まった時間で。就寝の際は音や電気を消して8時頃までに。というように、ルールを毎日コツコツこなしていきます。

赤ちゃんの体内時計は25時間くらいだと言われています。赤ちゃんはまだ自分で調節できないので、こうしてコツコツと繰り返すことでリズムを作ってあげるのことが大事です。

大人と同じ食事時間に!

離乳食を食べる赤ちゃん,生後,10ヶ月,赤ちゃん

離乳食後期のこの時期は、3回食になる頃です。大人と同じ食事時間で生活リズムをつけてあげましょう。食事の意欲も沸いてくる時期ですし、奥の歯ぐきを使ってすりつぶして噛むことができるようになってきます。

まだ大人と同じ食事のとりわけをするには味付けが濃いですが、作る過程で取り分けて、パパやママと同じようなメニューを並べてあげましょう。赤ちゃんもパパやママが食事する姿を見ながら食べることで、楽しく食事をすることができ、食欲もアップします!

もちろん、食欲にも個人差があります。食の細いお子さんには、無理をさせなくても大丈夫です。無理をすると、食事が「楽しくないもの」というイメージになってしまいますので要注意。食べなくても、一緒の食卓に座らせてあげることで、生活リズムは付いてきます。

食事が進まない時は、ミルクや授乳で補食してあげても大丈夫です。あまりにも食べない、体重が減少する等の場合は、かかりつけ医に相談してみましょう。

生後10ヶ月の食事

ミルクや授乳の回数・量について

粉ミルク,生後,10ヶ月,赤ちゃん

「離乳食が3回食になるのなら、授乳はやめた方がいいのかな?」といった疑問を持たれる方も多いのでは?そんなことはありません!3回の食事をすることで、授乳の回数は減りますが、まだまだ授乳(母乳・ミルク)から栄養補給するのはおかしいことではありません。

また、離乳食がうまく進まないお子さんは、授乳は大事な栄養源です!赤ちゃんの食欲や離乳食の進み具合によって、量や回数は個人差があります。

参考までに量や回数をご紹介します。生後10ヶ月ごろの赤ちゃんの授乳量は、1日トータルすると1,000ml位です。ただ、離乳食の量を多く摂れる赤ちゃんは、この授乳量では、栄養が過多になりますので減らしましょう。

授乳回数はミルクの場合、1日に2回程度に分けて授乳。母乳の場合は赤ちゃんが欲しがるときに与えるようにしましょう。

母乳の場合、哺乳瓶のように量を計ることができません。また、栄養源というよりは安心感を求めて欲することが多いので、あまり回数や量は気にしなくて良いでしょう。

また、離乳食を3食きちんと食べる赤ちゃんには、フォローアップミルクもおすすめです。離乳食で不足しがちなタンパク質やカルシウム、鉄分、ビタミンを補うことができます。コップやストローでフォローアップミルクを飲むことで、コップ飲みやストロー飲みの練習にもなりますよ。

食事について気を付けるべきポイント

手づかみ食べをする子ども,生後,10ヶ月,赤ちゃん

このころは前歯が生え始めている赤ちゃんがほとんどです。量を食べさせることを気にするママが多いと思いますが、赤ちゃん自身で「捕食する力」を付ける時期でもあります。

細かくしすぎたり、ドロドロの食べやすい食事を考えるよりも、前歯を使って食べ物をとらえたり、奥の歯ぐきを使ってすりつぶすことのできる固さにするなど、お口の機能を使うことができる形状にしましょう。

同じ食材が続くことで離乳食がマンネリ化してしまうこともあります。赤ちゃんが食べることに飽きないよう味付けや形状を少し変化させて、いろいろな食感を体感させてあげましょう。

また、このころは味覚が発達してくるため、好きな味や形状が出てくることも。この前まで食べていたのに急に食べなくなったと悩むママもいますが、「成長の証」なので、温かく見守ってあげてくださいね。

そして、「自分でする」ということに意欲が出てくる結果、自分で手でつかんで食べたり、スプーンを持ちたがったりします。食べこぼしも多く、手や口周り、テーブルに至るまでたくさん汚すことでしょう。片付けが大変かもしれませんが、これも成長過程で大事なことです。

赤ちゃんは自分の手を使って、食べ物の感触を覚えたり、一口の量を覚えます。ママが食べさせてあげればきれいに食べ終わることができますが、自分で食べるときの適度な量を覚えることができないのです。

外食の時はできなくても、おうちでは思いっきり好きに食べさせてあげてくださいね。

生後10ヶ月の健康

9-10ヶ月健診で、気になるところを尋ねよう

健診を受ける赤ちゃん,生後,10ヶ月,赤ちゃん

生後10ヶ月になると、定期健診である「生後10か月健診」を受けることになります。

10ヶ月健診では下記の点を確認します。
・身長、体重、頭囲、胸囲の測定
・頭部(大泉門の状態)の確認
・口の中の確認
・目の動きの確認
・股関節やおまたの状態の確認
・おすわりの確認
・パラシュート反応(赤ちゃんを脇で抱えてうつ伏せで持ち上げ、落ちる感覚を与えた時に両手を広げるかの反応を見る)
・ハイハイができるか?
・つかまり立ちができるか?
・小さい物をつかめるか?

赤ちゃんの成長は体つきも身体能力も個人差があります。他の赤ちゃんと我が子を比べて不安になることもあるでしょう。10ヶ月健診では問診もありますので、気になるところは尋ねて不安を解消しておきましょう。

健康・病気に関する、気を付けるべきポイント

熱が出た女の子,生後,10ヶ月,赤ちゃん

生後10か月ころは離乳食が増えるので、うんちに変化が出てきます。母乳やミルクの時よりも、便秘がちになる赤ちゃんもいるでしょう。その原因は、水分不足。便秘対策として、水分補給を忘れないようにしましょう。

うんちの状態は、食べ物が合う・合わないなどのバロメーターになります。体に合わないものを食べて下痢になってしまうこともあれば、消化できないものがそのまま出てくることも…。うんちから赤ちゃんに与えることができる/できない食べ物を判断しましょう。

また、外出する機会も増えることで、外でウイルスなどの病原菌と接する機会が増えるので注意が必要です。子どもが遊べる施設などで、おもちゃを舐めるようなことも。

とはいえ、あまり神経質になりすぎもよくありません。子どもの好奇心をはぐくむ場所でもあるので、「病気になりたくないので外出しない」とまでは考えなくても大丈夫。

インフルエンザなど、罹ると重篤になる可能性のある病気は別ですが、風邪をひいたりすることは赤ちゃんはよくあることです。そうして次第に体の免疫力を高め、体を強くしていく時期なのです。

歯が生えたら歯みがきを!

赤ちゃんの前歯,生後,10ヶ月,赤ちゃん

生後10ヶ月の頃には、多くの場合、前歯は生えてきます。乳歯が生えてきたら、歯磨きを始めましょう!

まずは離乳食の後に歯みがきをする習慣をつけていきましょう。難しい場合は、お茶やお水を飲むだけでも、お口の中の食べかすを流す効果があります。

前歯だけしかない時期でも、奥歯の生える部分の歯ぐきをマッサージするつもりでブラシを優しく当てます。そうして、お口の中を触ることで、お口に歯ブラシが入ることに対する抵抗感を軽減することができます。濡らしたガーゼを指に巻き付けて、お口の中を拭きながら全体を触るだけでもよいですよ。

この時期は「しっかり磨く」というよりも、「お口の中を触られることに抵抗をなくす」ということが目的なので、赤ちゃんが楽しく歯みがきできる環境を作ってあげてくださいね。

生後10ヶ月の赤ちゃんについての体験談

気持ちが顔にあらわれ、バイバイもするように

バイバイする赤ちゃん,生後,10ヶ月,赤ちゃん

michanchanさんからの体験談:
離乳食を始めて少し経ったせいかしっかりした体つきになりました。

こちらの言うことが少しわかるようで、バイバイの手振りも教えていないのに自分でできるようになっていました。悪いことをして怒るとびっくりしたような顔でこっちを見ているので、怒られていることを少し理解しているようです。

好奇心旺盛で、なんでも口に入れたり触ってみたりしています。つかまり立ち、つたい歩きをし始めるのでますます目が離せない時期です。

離乳食3回にミルクと食欲旺盛

kyauojriiさんからの体験談:
生後6か月になった頃から離乳食をスタートさせました。うちの子は好き嫌いが無く何でも食べる子だったのであまり苦労はしませんでした。

母乳が出なかった為完全ミルクで1日にミルクだけ(200ml)を3回、離乳食(朝昼夜)とミルク(120ml)を3回をあげていました。離乳食はご飯50g、おかず40gをあげておりました。なるべく自分で作るようにして自然の味をそのまま分かってもらえるように工夫していました。

うちの子はかぼちゃ、さつまいもが大好きでいろんなものに混ぜると喜んで食べてくれました。

指先が使えるようになり、おもちゃで遊ぶように

Y.Aさんからの体験談:
乳児健診に行った際測ってもらった身長は約70cm、体重は約9kgで標準でした。歯は上4本下4本の合計8本生えています。

細かいものも指先でつかめるようになったし、おもちゃもなんとなくですが本来の使い方で遊んでくれます。

今まではラッパを与えても吹かずに舐めたりたたいたりだったのが息を吹きかけて音を鳴らすようになったり、ボールも舐めたり噛むのではなく、つかんで投げたり、どうぞと渡してくれるようになりました。

まとめ

ねんねの時期を卒業して、自分の意思で思考・行動できるようになってきた赤ちゃん。表情や表現も豊かになりかわいらしい時期になってきました!

成長のスピードもそれぞれ個性が出てくる時期。焦らずゆっくり、赤ちゃんの成長と育児を楽しんでくださいね。(文章作成:mon)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP