目指せ東大!?低学年から家庭学習の習慣をつけよう

目指せ東大!?低学年から家庭学習の習慣をつけよう

Bu facebook
Bu twitter
家庭学習 習慣づけ

子供が小学校に入学したとたん、学校から「家庭で勉強する習慣をしっかりつけてください」と言われ、身の引き締まる思いをした親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。低学年から勉強なんて……と思うかもしれませんが、早くから家庭学習を習慣づけることはとても大切。

実際、名門高校から東京大学に合格した生徒にインタビューしたところ、親に感謝していることの一つとして『勉強の習慣をつけてくれたこと』を挙げているんです。

『机に向かうこと』を生活サイクルに取り入れる

小学校低学年の家庭学習で重要なのは、食事やお風呂などと同じように、『勉強』も毎日必ずする生活サイクルの一つだという自覚を持たせること。そのためには、毎日決まった勉強時間を設定することが近道です。“帰宅しておやつを食べた後で”とか“朝起きてすぐ”というように、それぞれの家庭の事情に合ったスケジュールを組み立ててみましょう。

家庭学習では、頭を切り替えて集中することが非常に大切です。“勉強の前にテレビを消す”“ゲームや本を手の届かないところにしまう”といった決まりを作っておくといいですね。小さなきょうだいがいる場合は、お昼寝タイムなど邪魔されない時間帯を勉強に当てるようにしましょう。

どれくらい、どんなことを勉強すればいい?

家庭学習時間の目安は、宿題のほかに学年×10分と言われています。小学校1年生なら10分、3年生なら30分ということですね。

勉強で最も避けたいのは『子供の意欲を失わせる』こと。大人はつい、あれもこれもとやらせたくなりますが、無理をさせて勉強嫌いにさせてしまっては元も子もありません。1回10~15分程度で終わるボリュームで、「無理なく解ける」または「ちょっとがんばれば解ける」レベルの教材が最適。こまめに丸付けをしてあげれば「できた!」という達成感で、「もうちょっとやりたい」「もう1ページやってみようかな」というモチベーションが生まれます。

勉強に苦手意識があったり、やりたいことが多くてなかなか机に向かわない子供には、クロスワードや数独、迷路などゲーム的要素を取り入れた教材がおすすめ。なかなか集中できない子供には、100マス計算などタイムを計って取り組ませるのもいい方法ですよ。

親が積極的に関わってあげよう

どんなに良い教材でも、与えっぱなしでは効果があがりません。特に低学年の子供にとっては、「よくできたね」「がんばったね」と親からほめられることが、達成感や勉強の楽しみにつながります。また、低学年の学習内容であれば、親が教えてあげることも簡単にできます。子供の理解度がどのくらいで、苦手分野はどこなのかを把握するためにも、できるだけ勉強には付き添ってあげたいものです。

まったく家で勉強してくれないという子供でも、「今どんな勉強をしているの?」「今日の算数のノートを見せてみて」など、学習への関わりを欠かさないようにしましょう。

「低学年のうちは思いきり遊ばせたい」と思う方もいることでしょう。しかし、いざ高学年になってから勉強に取り組ませようとしても、学習内容が難しすぎて意欲を失ってしまったり、反抗期で親の言うことを素直に聞き入れてくれなかったりと、うまくいかないことも多いようです。また、勉強を「やらされてきた」と感じる子供は、受験でつまずくことが多いとも言われており、無理やり勉強させても良い効果は生まれないのです。

友達と遊ぶ時間や家族団らんの時間とバランスをとりながら、無理なく自然に、楽しみながら勉強できる習慣を付けていけるといいですね。

参照/ 小学1年生「今日から始めたい!小1の「家庭学習」で差がつく5つのポイント」 ベネッセ 教育情報サイト「家庭学習の習慣をつけさせるために【低学年編】」 ベネッセ 教育情報サイト「元小学校教員が語る!低学年のご家庭でやっておきたい3つのことって?」

関連コラム

読書で家族の会話が増える!?小学生が夢中になるおすすめの3冊
もうすぐ入園!入園前にやっておくべきこと5つ
遺伝だけじゃない!学習能力を伸ばす大事な習慣って?
「国語力」を育てよう!家庭でできる4つの工夫とは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP