今すぐ“憧れの暮らし”を手に入れながら、1,000万円貯める方法

今すぐ“憧れの暮らし”を手に入れながら、1,000万円貯める方法

Bu facebook
Bu twitter

_OND3301.jpg
時代とともに賢いお金の貯め方はどんどん変わってきました。

辛い節約やガマンは過去のものとなり、「本当に必要なものだけを選んで買う」ことでムダを省くシンプルライフ思考が主流となってきましたが、今、1000万円貯蓄を成功させて人たちの生活は、さらなる進化を遂げていることが発覚しました!
 
それは、等身大で満足するだけではなく「憧れも手に入れる」豊かな暮らし。
しかも、“貯蓄0円スタート”や“月収10万円台”でも、暮らしを楽しみながら1000万円を貯めたというのです!
そんな成功者たちの最新の共通点をみてみましょう!
 


1.「生涯労働賃金」という考え方
一生のトータル収入を増やすため、「収入が保育園代に消えるのはいっとき」と割り切って仕事を再開したり、40歳までに正社員をめざしたり。

と、月収、年収だけでなく、“生涯で得られる収入”を増やせるよう、長い目で見て“得”になる働き方を選ぶ人が増えています


2.稼げる資格
ファイナンシャル・プランナーや整理収納アドバイザーなど、自分磨きのためだけでなく、仕事に役立てられる資格が人気。

自分の暮らしの質とともに、収入の向上のため、稼げる資格をとる人が急増中
_OND3316.jpg
 

3.理想のライフスタイル
「お金を使わない節約生活」から「豊かに暮らして貯める」生活へシフトするときにキーとなるのは“理想のライフスタイルを持つこと”。

そうすることで、お金づかいがブレなくなり、貯蓄に拍車がかかる人も多数


4.ふるさと納税・株主優待が日常化
とりあえずトライするのではなく、「暮らしに合う商品を厳選」して利用しています。

必需品にしぼることで家計を賢く助け、生活の一部となっていました


5.おうち塾・おうち習い事
自分が先生になって、勉強や音楽を子どもに教えるお母さんが増えています。

使いどころを見極めて、小さいうちに抑えた習い事代は将来の教育費に回せます
 
_OND3329.jpg
 

6.“得意なもの”だけ手作り
節約のために何でも手作りする時代は終わりました。

お菓子はパティシエにまかせるなど、苦手分野に無理して手は出さず、得意なものだけ手作りすれば、結果的に質の高い豊かな暮らしになります


7.ラグジュアリー懸賞
「欲しいけど必要ではない」高級ブランドバッグやジュエリーは懸賞で当てる人が急増していました


8.名言が止まらない
1,000万円貯めた経験から生まれた「豊かな暮らし」「満足度の高いお金づかい」を表す名言がグレードアップ


その名言がこちら!


「お金の我慢は負債に、楽しみは資産になる」
~ストレスでムダづかいが増えれば家計の負債になるが、楽しみは人生の資産になる~


「1の満足買いが10のムダ買いを減らす」
~欲しいものをたくさん買っても結局使うものは1つ。妥協せずに選んで買った1個が10個のムダをなくす~


「暮らしの乱れ=お金の乱れ。心を整えれば、お金も貯まる」
~極端な節約は健康を害し、家が散らかればムダづかいが増える。心と暮らしを整えれば自然とお金は貯まる~


以上!

ぜひ参考にしてみてください。
 


参照:『サンキュ!』6月号「1000万円貯まる最新キーワード」より一部抜粋 写真/小野田陽一、取材/大上ミカ、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP