「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なこと

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なこと

Bu facebook
Bu twitter

娘には優しい育メンの夫。しかし息子には…

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044033611

我が家には定型発達の娘と、発達障害の息子がいます。

夫は、娘にとってはとても素晴らしい父親です。そして、近所でも評判の「育メン」でした。ところが、そんな理想的な父親だった夫が、息子にはひどく声を荒げることが多くなりました。

ADHDの息子は、人の話をきちんと聞くことができません。何度言っても同じことを繰り返し、新しい場所に行けば、パニックを起こして道に座り込む息子に対し、激しい罵声を浴びせるのです。

「どうしておまえはそうなんだっ!!!」
「やめろっつってんのがわかんねえのかっ!!!」
「気に食わないなら帰れっっ!!!!」
「だからおまえなんか連れてきたくなかったんだよ、バカ!!」

夫の叱責を恐れるあまり、おかしくなっていった息子

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038019697

夫に怒鳴られることで、ますますパニックになる息子。週末で夫が家にいる日は、息子の調子が崩れることが増えていきました。普段は起こさないような困りごとをたくさん起こすのです。

どうしてママを困らせることばかりするの?

私はいつも泣きたい思いで息子に聞いていました。恐らく、その当時は息子にも理由は説明できなかったのでしょう。でも今になると分かります。

息子は、夫に怒鳴られることを恐れて、行動の統制ができなくなっていたのでしょう。そのことでどれだけ息子が困っていたか、私は長いこと気付くことができませんでした

夫に協力を試みるが…

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28197000273

夫に怒鳴ることをやめて欲しい、息子に対して穏やかな声かけをして欲しい…。

そんな願いを込めて、私はペアレントトレーニングや発達障害児向けの声かけの本などを買ってきては、「会社行くときに電車で読んでね」、と夫の仕事鞄にそっと入れておきました。

いつも半分ぐらいは読んでいる形跡がありましたが、それを息子に対して実践しようとする素振りは、見えませんでした。息子と一緒にいる時間が短い夫にとって、声かけを学ぶことは、それほど急を要することではなかったのかもしれません。

知らぬ間に追い詰められていった息子は、とうとう…

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10154000665

ある日のことでした。夫は息子の何かにまたひどく腹を立て、激しく怒鳴りつけました。息子はオタオタと慌てふためき、私の後ろに隠れ、目に涙をいっぱいためてこう言ったのです。

「こんな風に毎日毎日お父さんに怒られる僕は、小学校に入っても毎日毎日先生に叱られるんだ。僕はもっと優しいお父さんがいる家族の元に、生まれてきたかった

このとき私は初めて、夫が息子を怒鳴り散らすことに対して、危機感を感じたのでした。

私が思っていたよりもずっと、息子は傷ついていたのです。このままでは息子の自己肯定感は下がっていく一方だ、どうしたらいいんだろう…と。

なぜ、夫に「いい父親」を求めていたのだろう

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29970000126

夫の存在は私にとっては本当に支えでしたし、娘にとってもいい父親でした。でも、どうしても息子に対するきつい態度は治りませんでした。

私はこのとき悟りました。「親子にも相性がある」のだと。

これ以上、夫を変えることに時間を使っていたら、そのうち息子と夫の関係は取り返しのつかないものになってしまうと思いました。相性が悪い者同士は、物理的に引き離して、なるべく接する時間を少なくするしかないのです。

私はずっと「発達障害児の育児に協力的な夫」であることを求めていました。けれども、一番大切なことは、夫を理想的な父親に仕立て上げることよりも、息子の心を守ってやることだと気付いたのでした。

私は、夫に「息子にはなるべく関わらないで欲しい」と言いました。夫は週末は部屋に閉じこもって出てこなくなることが増えました。

優先順位を夫から息子へ変えたら…

「他の家に生まれたかった…」息子と夫の関係が悪化したとき気づいた、親子関係で1番大事なことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038021186

その後、息子の情緒は明らかに安定しています。息子と夫を引き離したことで、結果的に私と娘の情緒も安定することになりました。

どうしても子どもと相性が悪くて、相手が全く変わる様子を見せないのであれば、物理的に引き離すというのも一つの手だと思います。一緒にいることに拘る必要はありません。

大切なのは、子どもの心の安定です。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP