レジャー中のケガも安心!レジャー保険に加入しよう

レジャー中のケガも安心!レジャー保険に加入しよう

Bu facebook
Bu twitter

海に山にゴルフにマラソン等、たくさん体を動かして今年の夏を楽しみたい!
そんなアクティブな女性におすすめするコラムです。
ケガをすることなんてないと思って今まで保険に入ってこなかった・・・そんな話を耳にします。より安心してレジャーを楽しむために、この機会にレジャー保険の加入を検討してみませんか?

■楽しいレジャーにするために。保険に加入しよう!

大好きなレジャー。せっかくの楽しい1日も怪我をしてしまったら一気に変わってしまいます。そんな時にも治療費を補償してくれる保険に加入していれば、少しでも気分は晴れますよね。
レジャーの際に保障してくれる保険は各社が様々な商品を作っていますが、代表的な3つの保険を紹介します。

1)国内旅行保険
出発から帰宅まで、日本国内の旅行で怪我をした際の保険です。
期間が何日にも及ぶタイプはもちろん、日帰りのタイプもあります。
旅行中に怪我や死亡をした時の補償や救援者の補償も付けることが可能です。
多人数の方が集まるイベントでは、開催団体が直接募集する保険もあります。
基本的にそのイベント期間のみ補償します。

2)スポーツ保険
当該スポーツを推奨している団体が募集している保険です。
当該スポーツでの怪我や死亡を補償してくれます。
旅行保険同様、救援者の補償も付けることが可能です。
基本的に期間は1年間更新となります。

3)日常生活の怪我でも利用できる傷害保険
レジャーに関わらず、日常生活全般における怪我や死亡を補償する保険です。傷害保険と言われています。基本的に期間は1年間更新となります。
毎週レジャーに行く方等は、その都度保険に加入するのを考えれば、こういった保険に加入すると良いかもしれません。

■レジャー保険。選び方のポイント

イベントやレジャーに合わせて加入する国内旅行保険の場合、様々なオプションが用意されています。
たとえば、山登りをする方のためには自身の怪我の保障だけでなく、遭難してしまった場合の救護費用を補償してくれるオプションをつけるべきでしょう。

雪山で遭難した場合をイメージするとわかりやすいかと思いますが、救護活動には多くの人の手が必要となります。この費用は遭難者が負担する場合があり、百万円を超える多額の費用が発生してしまうこともあります。
保険に加入するのであれば、是非この部分の補償は付けるようにしましょう。

また備品が高額となるレジャーをする場合は、備品(携行品)も対象になるオプションを付けても良いかもしれません。こちらのオプションを付けておくと、備品の盗難なども補償してくれます。

※日常生活でも利用できる傷害保険は、レジャーに特化しているわけではないため、割愛しました。

いかがでしたでしょうか。折角のレジャーの日に怪我をしてしまうのは災難です。そんな時に保険があると安心ですよね。一度レジャーの保険を考えてみてはいかがでしょうか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP