大阪で流しそうめんが楽しめるスポット10選!

大阪で流しそうめんが楽しめるスポット10選!

Bu facebook
Bu twitter

日本の夏の風物詩はたくさんありますが、特にお子さんにも体験させてあげたいのが「流しそうめん」!大阪には川や山のどちらもあるので、流しそうめんを楽しめるスポットやイベントが多いんです。

夏の間しか楽しめないので、ぜひ夏休みを利用して冷たい流しそうめんを食べに行きましょう。遊び感覚でいつもとは違う食事になります。家族はもちろん友達同士で出かけたり、一緒にアウトドアやバーベキューをするともっと盛り上がること間違いなし!

早速大阪周辺のおすすめスポットやイベントをご紹介します。

流しそうめんをする際の注意点は?

流しそうめんとはツルツルなそうめんを竹やプラスチックの樋に、水と一緒に流してお箸でキャッチして麺つゆで食べる日本の夏の風物詩。特に夏には山や川など水のきれいな地域でいただけます。

お子さんの場合はまだ上手く取れないので洋服が濡れても良いように着替えを持って行きましょう。また外の暑い場所で行うので帽子など熱中症などに注意しましょう。自分で取れないお子さんの場合は別途自分でお弁当などを準備したいですね。

1.旅館美和

village-1424508_1920
(画像はイメージです)

旅館美和は流しそうめんを楽しめる旅館として人気があります。ゴールデンウィーク明けから9月までという長い期間楽しめるので、個人はもちろん、研修や合宿など長期の宿泊にも使えます。料金もお手頃価格なのがうれしいですね。

ゆったりとした大自然の中で流しそうめんを楽しめます。麺つゆは40年間変わらない旅館美和のオリジナル。ここでしか味わえません。テーブルは5~8人座れるので家族や友人と行くとぴったりです。

【住所】
大阪府豊能郡豊能町川尻99-1
【営業時間】
10:00~15:00(土・日・祝)、その他不定期
【電話番号】
072―739-0140
【アクセス】
中国自動車道・阪神高速「池田I.C.」より車で約30分

2.かいづか温泉リゾート ほの字の里

豊かな自然の中でアウトドアや食事、宿泊が出来るほの字の里。食事はバーベキューやレストラン、また杉や桧を使った天然温泉にゆっくりと浸かることが出来ます。そんな温泉リゾートでは夏季限定の流しそうめんを開催しています。

大阪で流しそうめんと言えばほの字の里と言われるくらい有名で、7~8月の約2ヶ月間楽しめます。2人~45人まで貸切も可能。イベントはもちろん、友人同士や家族でも楽しめます。一人500円で事前予約すれば誰でもいただけます。

【住所】
大阪府貝塚市蕎原2114
【営業時間】
2016年7月9日~8月31日 11:00~17:00
【電話番号】
072-478-8777
【アクセス】
水間鉄道「水間観音駅」よりバスで「ほの字の里」又は「蕎原口」下車、徒歩3分

3.いずみふれあい農の里

農業体験を通じて、食育や味覚狩りを楽しめる施設です。いちご狩りや田植え体験、また収穫した作物を使ってスイーツなどの料理を作ることも出来ます。親子やお子さんにも人気が高いスポットです。そして夏には流しそうめんが楽しめます。

駐車場が無料なのでママにもうれしいですね。また周辺は大阪湾や淡路島を眺めることが出来る絶景のロケーション!そんなところで流しそうめんなんて贅沢。要予約で土日に開催されることが多いので公式HPをチェックしましょう。

【住所】
大阪府和泉市仏並町2043
【営業時間】
不定期開催、10:00~14:00
【電話番号】
0725-92-3310
【アクセス】
阪和自動車道「岸和田和泉I.C.」より車で10km

4.西屋

大阪の流しそうめんの代表的なスポット!大阪市北区にある居酒屋さんなんですが、なんと都会のど真ん中で流しそうめんが楽しめます。ご家族や女子会などシーンを選ばず、しかもお酒や居酒屋メニューも楽しめるおすすめスポット。

人気が高いので早めに予約をしましょう。大人だけでも大盛り上がり!馬刺しや沖縄料理のゴーヤチャンプルなどもいただけ、特に新鮮なお刺し身はぜひいただきたい一品。お酒は100種類以上もあるので、大人もうれしいですね。

【住所】
大阪府大阪市北区鶴野町4-4B コープ野村梅田
【営業時間】
18:00~翌3:00(日曜日は~翌1:00)
【電話番号】
06-6377-0248
【アクセス】
地下鉄御堂筋線「中津駅」より徒歩7分

5.フルアヘッド!

いつもは何をするにもお子さんと一緒なママも、たまには大人だけで楽しみたい!という人におすすめなのがここ。夜に楽しめる流しそうめんスポットで、バーなのでお一人でも友人同士でも楽しくゆっくりとお酒をいただけます。

そんな普通のバーですが、実はここも流しそうめんを楽しめます。しかも外で行うスポットが多い中、こちらは室内のカウンターで楽しめちゃいます。これなら天候にも左右されないのでうれしいですね。

【住所】
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-2 心斎橋山本ビル4F
【営業時間】
19:00~翌5:00 (火曜定休)
【電話番号】
06-6241-1886
【アクセス】
地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」6番出口より徒歩3分

6.高槻森林観光センター

豊かな山の中で温泉やコテージなどを楽しむ施設です。特にしいたけ狩りが有名で、しいたけセンターでは天候に左右されず室内で栽培されたしいたけを収穫出来ますよ。山びこの森(遊具広場)ではお子さんも大好きなジャンボローラーすべり台もあります。

そんなアクティビティ満載なセンターでは、夏の4日間に限り流しそうめんを開催!要予約の時間もあるので、必ずチェックしましょう。予約をした人は別途料金で竹の器作りも一緒に体験出来るので夏休みの自由工作も一緒に出来るかも!?

【住所】
大阪府高槻市大字田能小字的谷2
【開催日時】
2016年8月7・14・21・28日 10:30~15:30(1日4回開催)
【電話番号】
072-688-9400
【アクセス】
高槻市営バス「森林センター前」より徒歩すぐ

7.アクトランドYAO

大阪府の八尾市の大自然の中にある青少年野外活動センターです。ここでは森の探検隊や冬限定の餅付きなどと並んで、夏季限定の流しそうめんが人気です。他にも竹クラフトドラム缶風呂など、自然と一緒に楽しめるプログラムがいっぱい!

流しそうめんに使われる竹は、アクトランド周辺からスタッフが厳選してご用意。当日までに流しそうめん用に加工してくれます。あとは当日に食材を持ち込むだけ!夏の風物詩を親子で楽しもう。

【住所】
大阪府八尾市恩智中町4-55
【営業時間】
9:00~21:00
【電話番号】
072-940-2028
【アクセス】
近鉄大阪線「恩智(おんぢ)」駅より徒歩15分

8.里山保全と楽しい流しそうめん!in大阪

meadow-1437267_1920
(画像はイメージです)

こちらは日本国際ワークキャンプセンターが主催するワークキャンプです。今回は里山散策がメインとなり、里山を実際に歩いて肌で感じましょう。人工林の間伐のお手伝いや草刈りをしながら、メインの流しそうめんを楽しめます。

流しそうめんを食べる前にいっぱい動けばそれだけ美味しく感じますね。一泊するので寝袋などが必要となりますが、親子で参加が可能です。対象や資格も不要なので、この機会に親子でワークキャンプ&流しそうめんを楽しんでみませんか?

【集合場所】
近鉄滝谷不動駅改札外
【日時】
2016年7月23~24日
【電話番号】
03-3358-7140
【アクセス】
近鉄「滝谷不動駅」改札外、詳細はお問い合わせ

9.つるんつるんVol.3

river-691183_1280
(画像はイメージです)

Perfume好き集まれ!全国ツアーを受けて、その感想や好きなアーティストなどで盛り上がりながら流しそうめんを楽しめる楽しいイベントを開催。淀川河川敷でゆっくりと楽しみながら音楽やPerfumeについて盛り上がることが出来ます。

参加は誰でもOK。もちろん親子もOK。ダンスが素敵なPerfumeを好きなお子さんも多いのでは?大人にはアルコール、またお子さんにはかき氷などがありますよ。1年に1度だけのイベントなのでぜひ参加しましょう。

【開催場所】
淀川河川敷(西中島南方地区)
【開催日時】
2016年7月17日 12:00~
【お問い合わせ】
詳細はツイプラ参照
【アクセス】
地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」、阪急電車「南方駅」より徒歩7分

10.ファミリーアウトドア教室「竹クラフトと流しそうめん体験」

bamboo-1028699_1920
(画像はイメージです)

こちらは大阪ではありませんが、奈良県の生駒山麓公園の野外活動センターで行われるイベントです。ここのせせらぎの広場は川の音を聞きながらのんびりと寛げるスポットです。他にも大型木製遊具や汽車などで遊ぶことが出来るので、イベントがなくてもぜひお出かけしたいおすすめ公園ですよ。

イベントは竹の水鉄砲や器を自分たちで手作りし、流しそうめんをみんなで楽しめます。流しそうめんを出来るスポットは少ないので、竹のクラフトも出来て楽しめるなんて贅沢ですね!

【住所】
奈良県生駒市俵口町2088
【開催日時】
2016年7月10日 10:30~15:30
【電話番号】
0743-73-8880
【アクセス】
阪奈道路から信貴・生駒スカイラインより車で約5分

流しそうめんは涼しみながら美味しく楽しむ

流しそうめんは日本の夏の風物詩ですが、今では出来るスポットが少なくなっています。そのためイベントなどを上手に利用して、遊びも兼ねた流しそうめんを楽しみましょう。きっとお子さんにも楽しい思い出になります。

また流しそうめんを楽しみながら自然豊かな山や川を満喫したいですね。この時期しか見れない植物や昆虫など、自由研究にもぴったりなものがいっぱいあります。ぜひ家では味わえない雰囲気を親子で楽しみたいですね。

こうした日本の風習をお子さんにも残して行って下さい。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP