泳げるようにさせてあげたい!水が怖い子供のコンプレックス克服法

泳げるようにさせてあげたい!水が怖い子供のコンプレックス克服法

Bu facebook
Bu twitter
f8bd9b39f3e6755b8b448a0c8aa0427d_s

「水が怖い」という子供は結構多いもの。ですが、そのせいでプールや海で遊べないのは、パパ、ママもちょっとさみしいですよね。それに「小学校に入ったら、プール大丈夫かな?」と先のことも気になってしまいます。

水への恐怖心はどうしたら克服できるのでしょうか?

なぜ水を怖がるの?

水を怖がる子供のほとんどは、水が顔にかかることを嫌がります。溺れそうになった経験や、目や鼻に水が入って嫌な思いをした経験から、水に恐怖心を抱くようです。

また、そもそも水への恐怖というより、初めて行ったプールや海の混雑した雰囲気に戸惑ったり、海の大きさや波の音などスケールの大きさに圧倒された記憶から「水のレジャーは不快」=「水が怖い」と印象づくこともあるようです。

大人は何とも思わないことも子供には強い印象として残ることがあります。それが恐怖心なら、なおさらのこと。時間をかけてゆっくり克服することが大切です。

まずはお風呂で水慣れを

水の怖さを克服するには、まずは不安を取り除くこと。お風呂で水に慣れることから始めましょう。お風呂にお気に入りのおもちゃを持ち込んだり、お互い水を叩いたり、水をかけあったりして「遊びに夢中で、気づいたら顔に水がかかっても平気だった」という状態に誘導します。
兄弟がいたら、家族で一緒にお風呂で水遊びを楽しめるといいですね。

水に慣れてきたら顔の一部を水につけてみる

お風呂での水への抵抗感がなくなってきたら、顔の一部だけ湯船につけることにチャレンジ。最初は、片耳だけ、口の部分だけで十分です。まずはパパ、ママが手本を示して安心させてあげてくださいね。そして少しでもできたら、大いに褒めます。

そして段々と水につける面積を増やし、顔全体が水につけられるようにしていきます。

息継ぎの練習をする

顔全体が水につけられるようになったら、水中で口から息を出す練習をします(バブリング)。顔を水につけている間、口からブクブク息を吐きます。吐き終わったら空中に顔を出し「パッ」と息を吸う。この「ブクブク」「パッ」をリズミカルに繰り返します。これで泳ぐ際の息づかいを覚えるので、水中でもリラックスできるように。水遊び中に水を飲んでしまうトラブルもなくなります。

息継ぎが上手くできなくて泳ぐのが嫌い、という子供もいますので、お風呂でこのバブリング練習をしてあげると、上手に息継ぎできるようになりますよ。

お風呂で克服できたら次はプールにチャレンジ! 

お風呂でバブリングができるよういなったら、いよいよプールにチャレンジしてみましょう! 

プールでは常に安心させて

お風呂でどんなに慣れたとしても、プールや海など普段と異なる場所では、子供は緊張してしまいます。常に安全を確保して、必ずパパ、ママが寄り添い安心させてあげましょう。抱きしめて心音を聞かせてあげると落ち着くそうですよ。

細かい段階に分けて達成感を

いきなり高い目標をかかげず、目標は細かく段階に分けましょう。シャワーを浴びることができた、プールに入ることができた、水中で歩けたなど、ひとつひとつ、できるたびたくさん褒めてあげましょう。うまくできなくてもがんばったことを褒めましょう。褒められて自信がつくことにより、リラックスして泳ぎにチャレンジできるようになりますよ。

スイミングスクールで水の苦手意識を克服できる

スイミングスクールというと、泳ぎが好きな子が行くところと思いがちですが、実は水に苦手意識のある子供こそ通ってほしいスクールです。

水が怖い子供の気持ちに理解あるスタッフが揃い、そのような子供たちへの指導法が確立されています。ならいごとキッズでは各地のスイミングスクールの情報が検索できますよ。お近くのスイミングスクールを探してみてくださいね。

>>水泳が学べるスクール

水が怖いという子供には、焦らずゆったりと構えてあげることが一番です。水の怖さを克服して、水のレジャーを楽しめるといいですね!

参照/ 「お父さんが先生! 子供スイミング教室~お父さんが子供に水泳を教えるコツとアドバイス~」 いこーよ 「子どもの『水が怖い!』をお風呂で克服するコツ

関連コラム

親が子供に『習わせている』『習わせたい』習い事ランキング最新版!
初めての水遊びにチャレンジ!子供との水遊びで気をつけたいこと
早めのスタートで差をつけよう!0歳からできるおすすめの習い事
将来はオリンピック選手!?習い事から始めるスポーツ競技7選

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP