手づくりコスメ愛用! 「こどもとアロマ」主宰の起業ママ【きれいの裏舞台:原亜紀子さん】

手づくりコスメ愛用! 「こどもとアロマ」主宰の起業ママ【きれいの裏舞台:原亜紀子さん】

Bu facebook
Bu twitter
母として妻として、仕事では責任ある立場として。朝から晩までフル稼働なはずなのに、なぜか魅力的に映る女性がいます。そんな気になるあのヒトの「きれいの裏舞台」に迫ります。
きれいの裏舞台:原亜紀子さん

第4回は、「ママのための自然療法スクール こどもとアロマ」を主宰する、原亜紀子さん。自然療法を使った、安心、安全なケアをレクチャーする原さんご自身は、どのようなケアを行っているのでしょう?

毎日の過ごし方や体調管理法、小さな子どもと一緒に使える、スキンケアアイテムのつくり方も教えていただきました。

原亜紀子さん
株式会社kiddy aroma代表。専業主婦だった30代後半からアロマセラピーの勉強をスタートし、その後、妊産婦専門の漢方アロマセラピーサロン・スクールに勤務。スクール講師と事務局を担当。退社後、2010年に千葉の自宅で「ママのための自然療法スクール こどもとアロマ」をスタートし、アロマセラピー・ハーブウォーター・クレイなどの自然療法を使った「アロマの薬箱講座」「皮膚を出口にしないためのスキンケア講座」など、ママのためのホームケアの講座を開催。

忙しいママが自分のペースで学べる「メールセミナー」は、日本全国のみならず海外からの受講者も多く、これまで2,000名が受講。ちいさな子どもを持つ「ママ目線」で伝える内容が、多くのママたちに支持されている。また、現在はママが自分サイズのビジネスをしていくための「ママ起業サポート」も行っている。

blog:http://ameblo.jp/kiddy-aroma/
Facebook:https://www.facebook.com/kodomotoaroma/


お子さん : 子ども一人、息子(15歳)
運動など : 週1回の体幹トレーニング、朝の散歩、すきま時間の筋トレ
食生活  : 水、食材、調味料は良質なものを選ぶ。できるだけ農薬や添加物など余計なものが入っていないものを使う。プロバイオティクスを毎日摂る。疲労時や風邪のとき、ビタミンCなど食事で補えない部分は、良質なサプリメントにも頼る
お悩み  : 肌のハリがなくなったこと、疲れがとれにくい

お子さんは15歳になる男の子。受験が終わってひと段落し、この春から、日中は自分のために時間を使えるようになったといいます。「子どもは手をかけすぎてもいけない年頃ですが、ごはんを一緒に食べて、話す時間は大切にしたいと思っています」。

お仕事はご自宅でのパソコン作業がほとんどだという原さんの、平均的な1日のスケジュールはこちら。

■原さんの一日(平日)

5:30 : 起床 / メールチェック
6:00 : お弁当作り
7:30 : 息子を送り出し、朝の散歩へ(寝不足の日はクレイバスやアロマバスで交感神経をオン)
8:30 : 仕事に集中(SNS更新、執筆、打ち合わせなど) / 洗濯・掃除
13:00 : 昼食 / 自分時間(寝不足のときには必ず少し寝ます)
15:00 : パソコン作業 / スカイプで打ち合わせなど
18:00 : 夕食準備
19:00 : 夕食
20:00 : パソコン作業
23:00 : お風呂(1日のカラダとココロの疲れがリセットできるようなバスアイテムを使用)
0:00 :読書・就寝


ケアタイムは主に夜。できる限り、次の日に疲れを残さないようにしているという原さん。忙しいときほど心がけていることが、たくさんあるのだそう。

「例えば掃除。散らかっていると動きが悪くなるので、大変になる前にこまめに片付けるのがモットー。また忙しいと外食が多くなりがちですが、続くと体調が悪くなってしまうので、焼くだけ蒸すだけで十分においしい、いい食材を選んだり、サプリも積極的に摂ります。

また、締め切り前などは寝不足になりますが、夜はきちんと寝て仕事は朝にするなど、体に無理をするとかえって効率が悪いので、いかに全体のパフォーマンスが上がるかを考えるようにしています」

 

スキンケアでいちばん大事にしていることは、「肌をいじりすぎないこと」。洗いすぎ、塗りすぎはお肌自身の持つ保湿力を低下させてしまうため、スキンケアアイテムはナチュラルな素材なものを使っているそう。

そこで、原さんが欠かせないと話す、子どもと一緒に安心して使えるもの3点をご紹介いただきました。

▼手づくりのハーブウォーター
手づくりのハーブウォーター

化粧水は、ハーブウォーターを使った手づくり。「ハーブウォーターは買うこともできますが、自分で蒸留してつくるとお料理感覚で楽しいし、コストがあまりかからず、たっぷりと使うことができます。季節のハーブやフルーツを使うので、香りもいいんです。

そのまま使っても化粧水になりますが、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を加えることで、リッチな保湿力のある化粧水に。口腔ケアや、赤ちゃんのお尻ふきなどにも使えて便利なので、ぜひハーブウォーターを使ってみてほしいです」

▼アロマフランスクレイ
アロマフランスクレイ

「クレイは数種類ありますが、フェイシャルには、ホワイトカオリンやグリーンモンモリオナイトがおすすめ。洗顔、フェイスパック、ヘアパックなどに使うことができます。
ヘアパックは、髪の毛をぬらし、ゆるめのペーストをつくって地肌にパック。カラーやパーマの前後に行うと、ダメージの修復を助けてくれます。

これからの季節は、日焼けあとのケアにも。グリーンイライトというクレイが向いていて、ゆるいペーストをつくって肌に塗ったり、ハーブウォーターに少量加えてクレイローションにして使います。ひりひり感や炎症や赤みがおさまるので、夏のケアにはクレイは欠かせません。ケガや疲れ、吹き出物にも効果があります」

▼シーオーツープラスの炭酸化粧水
シーオーツープラスの炭酸化粧水

「炭酸美容家の高橋弘美さんのつくる、1gにつき1,000ppm以上の炭酸ガスが配合された炭酸化粧水。天然由来成分にこだわった、シンプルな処方なので安心。特に、期間限定のローズシリーズはすぐに売り切れてしまうので、見つけたら購入するようにしています。

エアコンによる冷えには、炭酸を入れた足湯やお風呂が、温度が高くなくても血行が促進されるのでおすすめ。そこに、天然の植物のアロマ(精油)を入れば、香りの信号が脳へ伝わり、リラックスの副交感神経優位な状態に傾けてくれ、体も心も緩んで、ゆっくり眠れます」

原さんに「化粧水」と「炭酸お風呂」の簡単レシピを教えていただきました!

■ハーブウォーターを使った化粧水レシピ
・ローズウォーター 45mL
・グリセリン 小さじ1
・ヒアルロン酸パウダー 耳かき2
・セラミド 耳かき5
これらを消毒した容器に入れてよく混ぜるだけ。冷蔵庫保存で3週間で使いきります。

■炭酸お風呂のレシピ
(1)180リットルの浴槽のお湯に対し、先に重層250gを入れてよくかき混ぜる。
(2)さらにクエン酸を210gをまんべんなく入れる。クエン酸を入れた後は炭酸が抜けてしまうので、混ぜないようにするのがポイントです。
※材料は食用グレード以上のものを使用すること。

▼もっと詳しく知りたい方は…
1年を通しての、アロマを使ったママのためのナチュラルホームケア講座「アロマの薬箱」が、8月下旬より募集開始予定!

 

・ママのための自然療法スクール こどもとアロマ http://ameblo.jp/kiddy-aroma/
・シーオーツープラス http://www.kirei-cosme.jp/
・日本アロマ蒸留協会 http://atrwater.jp/

 
 
(赤木真弓)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP