赤ちゃんとお風呂に一緒に入る時どうする?温度や入れ方をご紹介

赤ちゃんとお風呂に一緒に入る時どうする?温度や入れ方をご紹介

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんのお風呂は、生後すぐは沐浴でベビーバスなどを使います。その後、ベビーバスではなくママやパパと一緒にお風呂に入ることができるようになるタイミングがあります。

ただ、首が座らない赤ちゃんだと本当に入っていいのかドキドキしたりする人も少なくないのではないでしょうか。デビューはいつからになるでしょうか。そして入れ方は?詳しくまとめてみました。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入れるのはいつから?

1ヶ月検診が過ぎたら!

赤ちゃん,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る 出典:www.photo-ac.com

赤ちゃんと一緒にお風呂に入っていいのは1ヶ月検診の受診後です。問題がなければ、ママやパパと浴槽でお風呂に入っていいとされています。

ベビーバスなどで1ヶ月間沐浴をするのはちゃんと理由があり、大人のお風呂は雑菌が多いからが1番の理由でしょうか。

抵抗力の少ない赤ちゃんはちょっとしたことで病気になってしまう可能性もあり、気を付けてお風呂に入れる必要があります。

何も問題がなければ1ヶ月検診後に入ることができますが、不安なようならお医者さんにいいかどうかを聞いてみましょう。

お風呂に入れる前に準備しておきたいこと

最適な温度は何度?

エンペックス温度計 ヒヨコ,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る 出典:amzn.to

大人にとっての「いい湯」が赤ちゃんにとってもいい湯とは限りません。赤ちゃんと一緒に入るのなら、夏なら38度~39度くらいのぬるめのお湯、冬なら40度~41度のお湯が適しています。

少しぬるいと感じる程度のお湯が適温です。あまり温度が高すぎると赤ちゃんの肌の乾燥を招いたりして、肌トラブルの原因になってしまいます。

最近では、お湯の温度を調整する機能がある給湯システムがありますから、温度設定をして入れると楽です。機能がなくても赤ちゃんのお風呂に使う湯温計もあります。

かわいい湯温計を使うことで、お風呂時間が楽しくなってしまうかもしれませんね。「エンペックス 温度計 うきうきトリオ ヒヨコ」は、愛嬌あるヒヨコの顔がかわいい温度計です。

赤ちゃんをお湯に入れる前に一度、手を入れて温度を確かめるとなお安心ですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

お風呂に入る時間は?

お風呂に入る赤ちゃん,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る

産後の沐浴は、退院したらママを中心に家族で入れることになります。このお風呂時間、生後すぐであっても、毎日同じ時間帯に入れることで生活リズムが整うとされています。

赤ちゃんのタイプによって、お風呂に入ると眠る子、それとは反対に寝なくなって興奮する子がいます。リラックス効果のあるお風呂は、生活リズムと調整しながら、夕方から夜の時間帯で入れてあげるのがいいかもしれませんね。

できるだけ同じ時間帯にお風呂に入れてあげると1日の生活のリズムを体で感じることができ、いいと思います。

また、授乳直後は吐き戻しがある可能性も高くなるので控え、しばらく時間を置いてからお風呂に入れましょう。

準備しておきたいもの

アヒルのおもちゃ,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る 出典:www.photo-ac.com

お風呂に入る前に、必要なものの準備をしておくと、お風呂後がスムーズです。準備しておきたいものは、

・赤ちゃんの着がえ
・赤ちゃんのおむつ
・ママの着がえ
・身体をふくバスタオル

です。洗面所にすぐ利用できるように置いておきます。バスタオル以外に、ママ用バスローブや赤ちゃん用のフードつきバスタオルを用意してもいいでしょう。

赤ちゃんの着がえは2枚なら、身ごろを開いて重ねて置いておくと着させやすいです。また、寒い時期だとお風呂や洗面所、リビングに暖房を入れておくと、お風呂から出た時に寒さを感じずにすみます。

バスローブや、フード付きのバスタオルがあると、お風呂上りの着替えの準備に手間取っても赤ちゃんを湯冷めさせる心配がなく安心ですね。

MARKS&WEBの「オーガニックコットン ワッフル ベビーバスローブ」や、IKEA 「SLAPPA フード付きバスタオル」は吸水性が良く、お風呂上りの赤ちゃんを素早く包み込みながら拭くことができ、便利ですよ。洗い替え用に、数枚あると使い勝手がいいと思います。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る手順はこれ!

(1)ママの身体を洗う

アップリカ バスチェア,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る 出典:amzn.to

まずはママの身体を洗います。脱衣所かお風呂の洗い場に赤ちゃんを寝かせ、ママの顔が見えるようにしながら身体を洗います。

脱衣所に赤ちゃんを残すのなら、洋服を着させたままにします。お風呂の洗い場なら洋服を脱いでお風呂にいれましょう。脱衣所にいるなら、お風呂のドアを開けておくと赤ちゃんが不安がりません。

もし、洗い場に赤ちゃんを寝かせるのならママが使う石鹸の泡が目に入らないように注意します。洗い場にそのまま赤ちゃんを置くと嫌がることもあります。

そんな時はバスチェアを用意して座らせておくと、顔を見ながら楽にお風呂に入ることができます。また、赤ちゃんの身体を洗う時もバスチェアの上で洗うことができます。

アップリカのバスチェアは、首が座る前の新生児から1人でお座りができるまで長い間、使用ができ便利ですよ。

実家への帰省の時や旅行の時なども、車のトランクに入れておくとおでかけ先でも安心ですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

(2)赤ちゃんを洗う

泡風呂の中の赤ちゃん,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る

脱衣所にいる赤ちゃんなら洋服を脱がせて、洗い場に連れてきます。首座りがまだのようなら支えて、ママはあぐらをかくようにして足の太ももの間に寝かせます。

顔、首、お腹、手と足と順番に洗っていきます。最後に首を支えながら背中を洗って、お湯ですすぎます。その時、石鹸を泡立てる手間のない、泡で出てくるボディソープが便利です。

また、固形石鹸を使うなら、ママが身体を洗う時に、泡立てネットなどを使ってたくさん泡立てておくのも効率的です。石鹸を洗い流す時は、洗い残しがないようにしっかり流します。

(3)お風呂に一緒に入る

湯船に浸かる親子,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る

最後に、親子で湯船につかります。1ヶ月検診の時には首がまだ座っていない時もあるので、しっかりと首の後ろを支えて、抱っこして入ります。

湯船につかっている時間は大人よりも短時間が目安。お風呂に入っている時間は、身体を洗っている時間も含めて10分から15分程度が適当で、あまり長時間入らせないようにします。

また、あまりお湯は熱くしないこと。あまり熱すぎると乾燥の原因になります。

(4)赤ちゃん、ママのお着替え

タオルで巻かれた赤ちゃん,赤ちゃん,お風呂,一緒に入る

お風呂の外に置いておいたバスタオルで身体を拭くか、バスローブを着せて素早く保湿剤やベビーオイルなど乾燥対策をした後、服を着せてあげます。

2枚セットにしておいて手首から迎え袖をしてあげると洋服も着やすいです。脱衣所が寒い時は、赤ちゃんをタオルでくるんだまま抱っこし、リビングなど暖房のある暖かい部屋まで移動しましょう。

赤ちゃんを寝かして、ゆっくりとお着替えとグルーミングをしてあげると落ち着いてお手入れできると思います。

まとめ

これで赤ちゃんとのお風呂はばっちり!赤ちゃんとのお風呂は、慣れないとママもドキドキではないでしょうか。ただ、やはり「慣れ」が肝心のようです。

最初は首すわりのしていない赤ちゃんも、次第にしっかりして、大人とのお風呂に抵抗なく入ることができるようになりますよ。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP