この先お金で困りたくない!30代独身女性のマネープラン

この先お金で困りたくない!30代独身女性のマネープラン

Bu facebook
Bu twitter

「独身でこれまで自由にお金を使ってきた私。30歳になってそろそろお金のことをきちんと考えたいな」そう思っている方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんなアラサーシングルライフを楽しんでいる方に贈るコラムです。

■マネープランとは?

日本ではお金に関する教育が少ないと言われてきましたが、近年ではお金に対しての考え方を学んでいこうという傾向にあり、マネー全般に関するセミナーや株・投資についてのテーマ別セミナーなど、実に多くの学びの場が開かれています。

ではなぜ、お金のことを考えなくてはいけないのでしょうか?

私たちが生活する(=生きる)うえでとても重要であるから、というのは周知の事実ですね。
“重要なこと”というのはわかるけれど、「マネーのプランニングをする」とはどういうことなのでしょう。

「マネープラン」は、私たちが生きていく中で起こる様々なイベント(=ライフイベント)にかかる「予算組み」のようなものです。
「ゆくゆくは結婚したい」「家を購入したい」「海外に移住したい」などの将来の夢や目標などがそのイベントにあたります。その夢や目標の実現のために「○○万円必要」だから「□歳までに△△万円」貯めておく、というものが「マネープラン」となります。

■30代独身女性のマネープランの考え方

お仕事や生活面が安定する30代、気になるのは将来のこと。
では何から始めたらいいのでしょうか。

まずは、将来の見通しを立てましょう。
「このままシングルライフを楽しむ!」「シングルでもファミリーでも、老後はロハスなスローライフを楽しみたい!」などいろいろあるかと思います。そのために、いくら必要かすぐに答えられるでしょうか。
答えられる人はマネープランを立てるのが上手な方かと思います。では、答えられない人は・・・というと、さて一緒に考えてみましょう!

今回は生涯シングルだった場合のマネープランを前提に考えてみたいと思います。

《このまま退職まで働いたとしたら。老後生活に必要な資金を考えよう》
現代の日本女性の平均寿命から見ると、86歳まで資金が必要です。60歳で退職したとすると、26年分の資金が必要ということになります。会社員として60歳まで働いていた場合、厚生年金が支給されます。
平成25年12月に算出されている厚生年金の平均受給金額は「14万6千円」とされています。
*参考:平成25年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況

厚生年金の支給開始年齢は、生年月日によって異なります。昭和41年4月2日以降に生まれた女性は65歳からの受給となりますので、60歳で定年退職した場合、年金が支給される65歳までは無年金・無収入となりますので、この5年間を無事に乗り切れることも「老後資金に必要な資金額」を計算するうえで重要なポイントです。

《老後に必要な資金額》
1ヶ月の必要生活費×12か月分×退職後の26年=老後に必要な資金額
※1ヶ月の必要生活費=平均15万以上(今の手取り金額で計算しても問題ありません)

(上記、老後に必要な資金額)-(厚生年金受給見込:14万6千円×12か月×21年) =厚生年金を除いた老後に必要な資金額

となります。

《今後1年間に貯めるべき貯金額》
(厚生年金を除いた)老後に必要な資金額÷(60歳-今の年齢)=今から1年間に貯めるべき貯金額

ご自身に当てはめて計算していただいた結果、いかがでしたでしょうか。
「こんなに貯めなくてはいけないの!?」とびっくりした方もいらっしゃるかと思いますが、あくまでもこれは必要最低限の金額です。
下流老人にならない為にも、定額貯金や自動積立などで今からコツコツ頑張りましょう!

今の生活に少し余裕がある方は、投資を考えてみてもいいでしょう。
2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)など、聞き覚えがある方もいるかと思います。ご自身にあった投資を探してみてはいかがでしょうか。
(関連コラム:「NISA(ニーサ)」を3分で知る!

また、年齢が上がるにつれて体調などにも変動が出てくるかと思います。
怪我や病気に備えることに越したことはありませんので、入院・手術・治療などが発生した場合の資金も考慮しておきましょう。
保険に加入している方は過不足がないかの見直しを、未加入の方は一度加入を検討してみてもいいかもしれません。

■最後に

シングルの方はファミリーの方に比べて、必要な教育資金や住宅資金などをあまり考えなくて良いシンプルなマネープランになるかと思います。
あまり難しく考えずに、まずはざっくりとしたライフプランを立てて、それに沿ったマネープランを設定してみましょう。

目標ができれば、それに向かって頑張ろう!という気持ちも強くなると思います。


--------------------
執筆者:飯塚 由衣
(ブロードマインド株式会社の女性ファイナンシャルプランナー)
お金にまつわる学べる情報や雑学を、女性目線でわかりやすくご紹介しています。
今さら聞けないこんなことやあんなこと・・・少しでもお役に立てたら幸いです。
--------------------

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP