イヤイヤ期に悩むママたちのリアルな声から生まれた!子どもや親も楽しく読める新感覚実用絵本

イヤイヤ期に悩むママたちのリアルな声から生まれた!子どもや親も楽しく読める新感覚実用絵本

Bu facebook
Bu twitter
“魔の2歳児”という言葉があるように、1歳半から3歳ごろまでの間、「イヤイヤ!」と言って自己主張をするようになったお子さんに、手をやいているママやパパも多いことでしょう。トイレに行くのがイヤ!ベビーカーに乗るのがイヤ!!などなど、何かにつけて「イヤッ!」と言ってみたり、思い通りにならなければ癇癪をおこしたり…。子どもの自我が芽生えた成長段階のひとつなのでしょうが、「本当に毎日大変!」と悩む方も多いのでは?
そんな時にこの絵本を読めば、子どもと楽しく読みながら“イヤイヤ期”のお悩み解決の糸口が見つかる⁈イヤイヤ期にありがちな子どもの行動を前から、そしてイヤイヤ期の子の褒めてあげたい事例を後ろから楽しむことができる、『新感覚・実用えほん』をご紹介します。
■「いるよね〜!こんな こ」

4月8日(金)より、育児雑誌『Baby-mo(ベビモ)』読者からのリアルな声から生まれた、育児のお悩み解決絵本『いるよね~!こんな こ』が発売されました。実際に幼稚園や親子カフェで子どもたちに読み聞かせを行ったところ、「もう一回読んで!」の声が続出したという、おすすめの絵本です。
■マジック?前からと後ろからで物語が変わります!
ママたちを困らせる“イヤイヤ期あるある”がたくさん

22▲「前から読むとイヤイヤ!ブブタ」
前から読むと、子ブタのブブタがイヤイヤをしている様子や、周りの人が困っている様子がわかります。
えらいね~!やったね!子どももママも笑顔になれる!

33▲「後ろから読むとすごいね~!ブブタ」
ひっくり返して後ろから読むと、前ページの“イヤイヤ!ブブタ”の違う一面、“すごいね~!ブブタ”が登場。
■ママたちからのリアルな声から生まれた絵本!


 
■書籍紹介
11 『いるよね~!こんな こ』

価格:本体800円+税 発売日:2016/04/08

 ■著者紹介
たかいよしかず 作・絵

大阪府堺市生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒業。(株)京田クリエーション入社。明治「マーブル チョコレート」キャラクターの「マーブルわんちゃん」、公文式「Baby Kumonベビーくもん」のキャラクター「くろくまくん」など多くのキャラクターデザインを手がけるとともに、イラストレーターとしても活躍。主な作品に、『怪談レストラン』シリーズ(童心社)の装丁・挿し絵、『おはなし・くろくま』シリーズ『わくわく・くろくま』シリーズ(ともにくもん出版)など。
子どもにとって“イヤイヤ期”は成長する過程で、とても大切な時期です。子どもと客観的にイヤイヤぶりを楽しんだり、これまでにできたことや、これからできるようになったらいいことなどを、絵本を通して親子で楽しんでみてくださいね!

引用:“もう一回読んで”の声続出!読み聞かせで子どもの様子が変わる!困っていた子どもの“イヤイヤ期”を親子で楽しむ新感覚・実用えほん『いるよね~!こんな こ』
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP