これって甘やかし?「甘え」と「甘やかし」を見分ける方法

これって甘やかし?「甘え」と「甘やかし」を見分ける方法

Bu facebook
Bu twitter
5267116152_b3d3fb43b7_z

買い物中「これ買って!」としつこくねだる。 街中で「抱っこ」をせがんで座り込む。 朝の着替えで「服着せて」と聞かない……。

子供のぐずりや駄々っこ、どこまで聞き入れていいのか迷いますよね。 「これを聞いたら『甘やかし』?」と不安もつきまといます。

そもそも「甘え」と「甘やかし」ってどう違うのでしょうか。 その違いについて考えてみましょう。

「甘える」とは人を信頼すること

人はお互い頼りあい、支え合って生きていくもの。心から信じられる人に身を委ね、心を開きます。これが「甘える」ということです。「甘える」とは、信頼の絆です。

きちんと甘えられて育った子は、人を信じられる子になる

パパ、ママとの関係が、将来のその子の人間関係のモデル。 パパとママにきちんと甘えられた子は「人は信じられる」と成功体験を持ち、周囲の人に心を開ける大人になります。

「甘やかし」は大人の都合

「甘やかし」は「揉めるのが面倒」、「時間がない」、「周囲の目が気になる」などの大人の都合によるもの。大人の思い通りにする代償に子供の言いなりになります。

そんな大人の思惑を敏感に察するのか、甘やかしでは子供の心は満たされません。しかし子供は満たされるまで求め続けるので、もっと、もっとと要求はエスカレート。 「甘やかすとわがままになる」というのは、まさにこの構図です。

「甘え」と「甘やかし」の具体的チェック!

そうは言っても実際の「甘え」と「甘やかし」の見分け方、難しそうです。 以下に、「甘やかし」と「甘え」のよくあるケースを挙げてみます。自分の普段の行動をチェックしてみましょう。

甘やかしの具体例

  • 子供が「買って」と言うと、なんだかんだ言って買ってあげる
  • 子供が「できない」と言ったり、なかなかやりたがらないことを怒りながらもやってあげてしまう
  • 子供が嫌いな食べものはなるべく出さない

→これらはまさに子供の言いなり。これでは我慢の心や、感謝の心が育ちません。 また、パパやママに言えば何でも思い通りになる、と依存心が強くなります。本当に聞き入れるべきかどうかを見極め、必要ないときは毅然とした態度で我慢させることが必要です。

  • 熱い飲み物など飲める温度にしてから出してあげる
  • みかんの皮をむく、すいかの種を取り除くなど、本人ができることまでしてしまう

→つい気を回してやってしまいがちですが、経験の機会を奪ってしまっています。特にサービス業や秘書のキャリアを持つママは、職業柄気が効き過ぎてしまうことがあるようです。

  • 子供が名前や年齢を聞かれた時、「ほら『○歳です』は?」と答えの内容まで言って催促する

→親は促しただけのつもりでも、先回りされると子供は自信を失い頑張る気持ちがそがれてしまいます。

甘えの具体例

  • 駄々をこねたり、大泣きしたら子供のいいなりになってあげる
  • 子供が転んで泣いたら、いたわり励ます
  • 赤ちゃんのふりをして甘えてきたら受け入れてあげる

→これらはぜひ受け入れてあげて欲しい甘えのサイン。 大人でもストレスを感じるとき、グチを聞いてもらえるとホッとしませんか。子供もそれと同じこと。受け入れてもらえるとすぐにケロッとします。

  • 抱っこをせがんだら、可能な限り抱っこする
  • 「絵本を読んで」と言われたら読んであげる
  • 夜リビングで寝たフリをしていても、抱っこでベッドまで連れて行ってあげる
  • 服を着られるのに「着せて」と言ってきたら、着替えを手伝ってあげる

→パパとママと心のスキンシップをはかりたいというリクエストです。 このようなことを通してパパやママに包まれる安心感、愛されている実感を味わいたいと思っています。

  • 子供がテレビを見て口癖のように「あれ買って~」と言うと、怒らずに「そうだね」と言ってあしらう

→本気で「買って」ではなく、自分の「いいな」をパパやママと共有したいだけ。 子供の言葉に共感してあげれば、楽しく会話ができたことで十分に満足します。

甘えさせてあげられる人は、子供の気持ちが見える人

このようにしてみると「甘えられる」とは、自分をきちんと見てもらえている、共感してもらえていると確信することです。子供をきちんと甘えさせられる人は、その子の心の動きを感じ、本当の気持ちを受け入れようと常に働きかけます。

きちんと甘えられると子供の心は安定し、駄々をこねることもなくなります。

「甘え」させる一番の方法は、抱きしめてあげること!

日頃から十分に甘えさせてあげるには、抱きしめてあげることが一番。

朝起きたとき、出かけるとき、日々の生活の中で子供をしっかり抱きしめる習慣をつけましょう。パパやママにとっても子供抱きしめるとホッとして心が安らぐはずですよ。

大人も自分に素直になって

家事と育児、その上仕事をしていると毎日がめまぐるしいですよね。 忙しく余裕がないと表面的なことで判断してしまったり、「○○すべき」と頭でっかちな考えにとらわれがちですが、少し立ち止まって自分の心と向き合ってみましょう。

心の中は我が子が「大好き」な思いでいっぱいですよね。 大好きだから分かりたいはず。 その思いに素直になって、子供の心に寄り添うことこそ「甘えさせる」ことなのです。

「甘え」と「甘やかし」の見分け方、一見難しいようですが、お互いの心を大切にすれば案外と簡単かもしれませんね。

Photo/Jenn Durfey 参照/ Wooris これでは子供がダメになる?甘えと甘やかしの違い 幸せなお母さんになるための子育て支援サイト第106話「甘やかす」と「甘えさせる」の違い 保育士おとーちゃんの子育て日記  「甘やかす」と「甘えさせる」の違い PHP文庫 「『甘えさせる』と子供は伸びる!」

関連コラム

楽しく仲良くお風呂で勉強♪お風呂での学習が良い!?
将来の年収まで大きく変わる!?スキンシップはこんなに重要だった!
子供の感情表現!駄々をこねたらどう対処する?
使い方には要注意!『子供脅しアプリ』がトラウマになる危険性あり?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP