あぁ、不安! 女性に聞いた「妊娠・出産」にまつわる心配なこと4選

あぁ、不安! 女性に聞いた「妊娠・出産」にまつわる心配なこと4選

Bu facebook
Bu twitter
大切なパートナーとの間に赤ちゃんはほしいけれど、実際に妊娠したときのことを思うと不安……という女性は多いと思います。自分の体の変化がまったく怖くないという人なんて、なかなかいないはずです。そこで今回は女性のみなさんに、「妊娠」と「出産」について、心配に思っていることについて教えてもらいました。

<「妊娠」にまつわる心配なこと>

■私、ちゃんと妊娠できるの?

・「自分が妊娠ちゃんとできるか心配」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「自然に妊娠・出産できるかどうか」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「何歳まで妊娠可能なのか少し不安です」(32歳/生保・損保/営業職)

・「今30歳だが、産むチャンスについて気になる。まだ私が25歳くらいだったら先はまだありますが」(30歳/学校・教育関連/専門職)

30歳前後になると、果たしてきちんと妊娠できるカラダなのか、とても気になるところですよね。婦人科系の疾患になる女性も多い今、妊娠できるかどうかを調べるには、婦人科検診を定期的に受けるようにすることは大切です。

■妊娠時、仕事はどうしよう?

・「妊娠したとき、ラッシュの電車で通勤しても大丈夫か?」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「どのくらいまで働けるのか」(24歳/運輸・倉庫/技術職)

・「仕事への影響は?」(27歳/商社・卸/技術職)

・「仕事のこととか、何がよくていけないのかわからない」(29歳/医療・福祉/専門職)

妊娠初期のつわりがつらいとき、安定期に入る前は仕事をどこまでセーブすべきか、また、妊娠していつまで仕事ができるのか、復帰はいつのなのかなど、仕事にまつわる不安を挙げている人も多数。妊娠をしたとき、手放しで喜びたいのですが、現実を考えたとき不安な気持ちになってしまう気持ち、わかるような気がします。

<「出産」にまつわる心配なこと>

■出産のときの痛み……

・「出産時の痛み」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「陣痛の痛み」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「痛み。鼻からスイカは本当なのか」(23歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「陣痛が痛そうで痛そうで、耐えられるか」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

出産時の痛みは、さまざまなものに例えられます。果たして、自分はその痛みに耐えられるのか? と不安に感じる女性も多いみたい。

■ちゃんと産めるか不安

・「ちゃんと産めるのかな。帝王切開とか怖すぎる」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「高齢出産のリスクについて、現実的な話が知りたいです」(32歳/生保・損保/営業職)

・「自分の体調がきちんと保てるか心配」(32歳/不動産/専門職)

・「無事に産まれて来てくれるか、という心配しかない」(25歳/その他/その他)

・「子どもが健康に生まれて自分自身も無事産むことができるか心配」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

母親にとって、一番の心配事は、何と言っても、我が子が無事に産まれてくれるかということ。それまでがつらくても、元気な赤ちゃんが無事に産まれてきてくれれば、喜びで苦しみが一掃されるというものです。

妊娠・出産は女性の人生の中で大きなライフイベントのひとつ。カラダの変化があるだけではなく、自分の人生に大きな責任が伴う瞬間でもあるので、心配に思わないわけがありません。さまざまな不安や心配事を軽減させるためにも、妊娠と出産の大変さは、パートナーも理解することが大切。「自分の体のことだから……」とひとりで抱え込まずに、2人で乗り越えていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数270件(22歳~34歳の働く女性)

関連リンク
“できちゃった”よりいい!? 「授かり婚」という言い方に対する女性のホンネ。
産み時ってあるの? 妊娠・出産に備え、「いま準備すべきこと」
準備万端で挑もう! 「婚活の落とし穴」診断!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP