円高?円安?どっちが海外旅行に有利なの?

円高?円安?どっちが海外旅行に有利なの?

Bu facebook
Bu twitter

マイナス金利なんて言葉をニュースで聞いてから、お金のことに興味が出てきた!ニュースでは、為替相場が円安とか円高とかいうけれど、海外旅行に有利なのはいつなの?
為替以外にも海外旅行の料金に関係することってあるのかな?

と、お得に海外旅行に行きたい!と考えている方に。

■円高と円安って?

皆さんもニュースで1ドル=○○円と聞いたことありませんか。これはアメリカで利用される「ドル」と、日本で利用されている「円」という異なる通貨の価値を同一にするための交換比率のことです。
この交換比率のことを為替レートと言います。
為替レートとしては、「ドル&円」が有名ですが、「ユーロ&円」、「ポンド&円」等、様々な組み合わせが存在します。

さて、ニュースでよく耳にする「円高」と「円安」。例えば、今年の為替レートが1ドル=100円だったとします。100ドルを手にするのに、100円×100=10,000円必要となります。
1年後に1ドル=90円になったとします。同じく100ドルを手にするには、90円×100=9,000円が必要です。
1年前と比較すると、より少ないお金でドルを手に入れることができました。これを円高と言います。

逆に、1年後に1ドル=110円になったとすると、100ドルを手にするのに、110円×100=11,000円が必要です。
1年前と比較すると、1,000円多く日本円が必要です。これを円安と言います。

海外旅行を考えると、「円高」の状態の方がより安く済ますことができます。逆に、訪日外国人にとっては、「円安」の状態の方が有難いと言えるでしょう。

さて、現在のドル、ユーロの為替レートは、それぞれ以下の通りです。(2016年3月現在)
1ドル=約110円
1ユーロ=約126円

2015年末の為替レートは、以下の通りです。
1ドル=約120円
1ユーロ=約133円

今年に入ってから、円安に進んでいるのでしょうか?円高に進んでいるのでしょうか?

答えは、1ドルを手に入れるのに「120円⇒110円でOK」ということで円高になっています。ユーロも同様です。1ユーロを手に入れるのに「133円⇒126円でOK」ということで円高になっています。
これからゴールデンウィークですが、海外旅行をする場合、少し安く済ますことができそうですね。

■その他、海外旅行費用に影響を与えるもの

燃油サーチャージという言葉を聞いたことはありますでしょうか?航空会社が燃料代の一部を、利用者(乗客)に転嫁する制度です。筆者は学生時代から海外旅行が趣味なのですが、燃油サーチャージの導入が始まった2005年頃から航空券が高くなったのを良く覚えています。
昨今の原油価格の低迷から、この燃油サーチャージが下がってきています。前述の円高傾向と合わせて、安く海外旅行をするための強力な後押しです。

ちなみに、燃油サーチャージは航空会社ごとに異なります。航空会社によって金額が違うことはもちろん、他の航空会社が設定していても、別の航空会社は無料というケースも存在します。
海外向けの航空券を購入する場合は、燃油サーチャージの金額も含めて航空会社選びをすると良いでしょう。

さて、今回は某日系航空会社で、家族4人でハワイに行くことと仮定して話を進めます。

成田⇒ハワイ(片道)(2015年12月1日~3月31日までの発券分)の燃油サーチャージは、4,000円です。2008年10月1日~2008年12月31日発券分が、成田⇒ハワイ(片道)の燃油サーチャージのピークとなっており、金額としては、22,000円となっています。
海外旅行は、往復で利用することが一般的ですので、ピーク時には22,000円×2⇒44,000円必要だった燃油サーチャージが、現在では4,000円×2⇒8,000円で済むということです。
一番高いタイミングと比較すると、往復で36,000円安くなっています。
家族4人とすると、36,000円×4人=144,000円と大幅に安く済ますことができますので、ピークと比較すると非常に安く海外旅行を楽しむ事ができると言えるでしょう。
なお、某日系航空会社でも2016年4月発券分は、燃油サーチャージ無料になるようです。

為替レート、燃油サーチャージの両面からも、比較的安く海外旅行に行けるタイミングの様です。「そろそろ海外旅行に行きたいな」という方は、具体的にご検討頂くと良いでしょう。また、海外旅行に行く際は、海外旅行保険を掛ける事をお忘れなく!

--------------------
執筆者:平原 直樹
(ブロードマインド株式会社のベテランファイナンシャルプランナー)
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
--------------------

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP