子どものお肌の疑問を解決!お肌のプロが教える洗浄料選びのポイント

子どものお肌の疑問を解決!お肌のプロが教える洗浄料選びのポイント

Bu facebook
Bu twitter

これから乾燥する季節に向けて、お肌の乾燥やそれによるかゆみが気になりだす人も多いですよね。

普段、みなさんはどのように子どもたちのお肌のお手入れをされていますか?

実は、裸になるお風呂での乾燥対策は、子どものお肌の健康を守るうえでとても重要。保湿が重要なのはもちろんなのですが、その前段階の体の洗い方や洗浄料の選び方も大事なポイントです。

今回は、事前にコズレが行ったアンケートをもとに、みなさんのお肌のお悩みや疑問にお答えしながら、“洗う保湿ケア”でおなじみの「ミノン」が子どもたちのお肌の健康を守る方法をお教えしていきます。

洗浄料の選び方は、子どもと大人の肌の違いを考えて。

大人と子どものお肌はこんなに違う!

赤ちゃんの手,ミノン,全身シャンプー,

子どものお肌のケアを知るためには、まず、子どものお肌がどんな状態なのか知っておきましょう。

子どものお肌は、生まれたばかりの時から生後2ヶ月まではとても皮脂の分泌が盛んなので、ニキビのような湿疹ができやすい時期。2~3ヶ月は、お母さんからもらったホルモンの減少とともに、皮脂の分泌が低下し、段々と乾燥する方向に向かっていきます。

実は、このお肌が乾燥する時期と気候的にも乾燥が強くなる時期が重なる秋生まれの赤ちゃんは、アトピー性皮膚炎を発症しやすいとも言われているほど。この時期にしっかりと保湿してあげることが、その後のお肌の健康にとっても重要になってくるのです。

また、そもそも赤ちゃんや子どもの肌はまだ完成していないので、柔らかく薄いのが特徴。大人よりも外部からの刺激に弱く、乾燥しやすいことを忘れないようにしましょう。

ベビー専用から大人用への切り替え。いつがいいの?

アンケートでママたちから子どもの体洗いに関する疑問第1位として挙がったのが「ベビー専用から大人用への切り替え時期」。

「ベビー用ソープが無くなり、幼稚園に入って汗をかくことも多くなったので、大人と同じ洗浄料を使うように。しかし、乾燥肌の子どもなので、悪化するとベビー用に戻したり、と完全に切り替える時期を迷っています」(Nママさん)

確かに、活動的になった子どもたちの体をいつまでもベビー用の洗浄料で洗っていていいのかな、と思いますよね。

目安としては、ベビー用で全身洗うには髪の毛の量が増えてきた、油っぽさや汗臭さが取れていないような気がする、と感じたら卒業してもいい頃かもしれません。

子どものお肌ケアに適した洗浄料ってどんなもの?

ママたちからのアンケートで、疑問第2位としてあがってきたのは「ベビー用・赤ちゃんも使える・敏感肌向けなどの、洗浄料の違いが分からない」というもの。

そもそも、ベビー用と大人用の洗浄料はどのような違いがあるのでしょうか。

実は、ベビー用、大人用には厳密な基準があるわけではなく、メーカーの「自社基準」で決められています。

ママが洗いやすいように、泡タイプになっているものが多いのがベビー用という傾向はあるものの、実はベビー用と大人用で成分的にはそこまで大きな差がない製品もあるそうです。

しかし、子どもの肌は未完成なので、乾燥しやすく刺激にも弱い「敏感肌」のような状態。特にトラブルもないし…と思っても、意外とデリケートなのが子どものお肌なのです。わかりやすく考えると、大人の「敏感肌タイプと同じ」としてケアをしてあげるとよいでしょう。

でも、子ども用と大人用を分けるのは面倒、という方も多いですよね?そんな場合には大人に合わせるのではなく、子どもに合わせて選びましょう。

また、一番肌の弱い生まれたばかりの時期に乾燥する時期を迎える、秋生まれの赤ちゃんなどには、特に意識して洗浄料を選んであげるとよいかもしれません。刺激の強い洗浄料は避けるようにしましょう。

泡?液体?それとも石けんがいいの?

泡で洗浄,ミノン,全身シャンプー,

「洗浄料の形状(泡・液体・固形)による違い」も、アンケートでは疑問に上がっています。

コズレが行ったアンケートでは、使っている洗浄料の形状は「液体」と答えた方が1番多く、その次が「泡」、そして「固形」と続きます。

「液体」と「泡」は、成分的な違いではなく、形状の違い。ですので利便性で選びましょう。

たとえば、子どもが小さく抱っこしながら片手で洗う、ひとり洗いデビューで泡立てるのが難しいなどの時は「泡」、本格的なひとり洗いに向けて泡立てを練習したり、少ない量でたくさん泡立てたいときは「液体」などです。

固体洗浄料で一番に頭に浮かぶのは、石けんですよね。石けんは、成分数が少なくシンプルな処方なのがうれしいポイントです。

でも、ここには陥りやすい問題が。

一般的に石けんは弱アルカリ性なので、皮脂が不足している敏感肌や乾燥肌の方、赤ちゃんや子ども、お年寄りには洗浄力が強すぎる場合もあります。石けんだから肌に優しいとは限らないので、肌のコンディションに合わせて使いましょう。また、そんなときは”弱酸性の”石けんを選ぶようにし、使用するときは、泡立ててから泡で洗うことをおすすめします。

もしお使いの石鹸がアルカリ性か、弱酸性か、どちらかわからない場合には、メーカーに問い合わせると教えてもらえますよ。

毎日子どもを洗うママだから気になる。洗浄力と刺激の関係。

きちんと洗いたい。でも、ゴシゴシはNG。子どもの体、どう洗えばいいの?

子どもにシャンプーしているママ,ミノン,全身シャンプー,

ママたちがお風呂で困っていること、として多く上がったのが「洗い残しが気になる」というもの。

「関節部分の隙間をよく洗い、よく流さないと荒れてしまうので神経を使っている。洗いすぎも良くないし、きちんと落ちていないのも気になってしまう。加減が難しい」(Fumiさん)

子どもの肌がデリケートなのはわかっているけれど、汚れはきちんと落したい、というのはママたち共通のお悩み。

まず、毎日お風呂に入る習慣がある現代の子どもの汚れを落とすのに、そこまで洗浄力の高さが必要なわけではありません。人間の皮膚には自浄作用もありますし、お肌の優しさを考えた敏感肌向けなどでも洗浄力は十分な洗浄料は多くあります。

また、きちんと落すために、どの程度の力加減が適しているのかも難しい点です。ナイロンたわしなどでゴシゴシこすることは必要ないので、出来れば泡でやさしくなでるように洗いたいところ。

でも、ここで注意。泡と手だけでは落とせない汚れもあります。

例えば、ワセリンや軟膏などの油分、日焼け止めなどの保湿剤を塗った場合には、手でなぞるだけでは落ちていない場合もあるので、肌に優しい素材のタオルなどを使ってそっと洗い落とすようにしましょう。

敏感な子どもの肌におすすめ!ミノンの全身シャンプー&弱酸性タオル

「ミノン全身シャンプー」は大人も子どもも優しくしっかり洗います

ミノン全身シャンプーしっとり,ミノン,全身シャンプー,

コズレのアンケートによれば、ベビー用から大人用に洗浄料を変えるのは、大体、子どもが2歳ごろ、と答えた方が多数。

でも、小学校低学年くらいまでの子どもの肌は、まだ未完成で敏感な時期ですので、大人と子どもが共用する洗浄料には配慮が必要です。

ミノンの全身洗浄料は、ベビーから大人向けまで敏感肌・乾燥肌のことを考えて開発しています。もし泡立てるのが大変な場合は、片手で簡単にプッシュできるベビー全身シャンプーがおすすめです。

また、液体タイプの全身シャンプー「ミノン全身シャンプー(しっとりタイプ)」は、からだも顔も頭皮も洗え、赤ちゃんも使えるので、切り替え時には便利。コストパフォーマンスの良さもおすすめです。

敏感肌の方たちに長く愛されているミノンの固形ソープもファンの多い商品。こちらは、石けんとしてはとても珍しい弱酸性となっています。肌が一番良い状態とされるのが弱酸性の状態。石けん派の方におすすめの、40年以上前から発売されているミノンの原点のような製品です。

子どものお世話で、お風呂上がりの保湿もままならないママたちも、ミノンなら「うるおいを守りながら洗う」という洗う保湿ケアにこだわっているので、お風呂上りすぐに保湿ができない日がある、などの多忙なライフスタイルにもマッチしています。

お肌に優しいミノンの弱酸性ボディタオル。

ボディタオル写真,ミノン,全身シャンプー,

お風呂では、どんなもので体を洗っていますか?という質問では、0~1歳のママたちの多くが素手やボディスポンジを利用していました。また、8歳から上の子どもたちではボディタオルを使われている方も。

しかし、ここでひとつ注意点が。

素手では落ちにくい、保湿剤や軟膏の汚れといったものもあります。肌に残った油が古くなると、それが今度は刺激になってしまうので、「正しく落とす」ことは大切なのです。

せっかく肌をいたわるために使ったものが、刺激の原因になることがないように、ミノンでは肌を傷つけずに汚れをきちんと落とすことができる弱酸性のボディタオルを開発。

表面はふわふわ洗浄用、裏面はすっきり洗浄用になっており、全身はふわふわ部分で、汚れの強い部分は裏面ですっきり洗うことができます。

このタオル、実はトウモロコシを原料としてできた天然繊維のタオルなんです。

肌への余計な摩擦をおさえ、うるおいを守りながら、余分な皮脂や汚れをすっきりと落とすことができますよ。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

毎日何気なく洗っている子どもの体。でも、毎日だからこそ、きちんとしたケアの積み重ねが大切です。

大人にも子どもにも使える優しい洗浄料も上手に使って、子どものお肌を健康な状態に保っていきましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP