福岡の南蔵院へ大きな涅槃像を見に行こう!宝くじのご利益も?

福岡の南蔵院へ大きな涅槃像を見に行こう!宝くじのご利益も?

Bu facebook
Bu twitter

「南蔵院」という寺院は東京を中心に日本各地にある寺院ですが、その中でも福岡県篠栗町にある南蔵院は、福岡に住んでいる人も意外と知らない隠れスポットです。

平成7年に完成した釈迦涅槃像はブロンズ製のものとしては世界一の大きさを誇ります。大人はもちろん、子どももその迫力に圧倒されることでしょう。

また、南蔵院には他にも見所があり、大人も子どもも楽しめる観光スポットとも言えます!今回は南蔵院のおすすめポイントを実際に何度も足を運んだことがある筆者が解説いたします。

【1】南蔵院に行くまでの道中も楽しい!「城戸音橋」

子どもが鳴らして楽しめる鉄琴の橋

城戸音橋,南蔵院,福岡,涅槃像 出典:www.town.sasaguri.fukuoka.jp

南蔵院の最寄り駅、城戸南蔵院駅と南蔵院をつなぐ橋に鉄琴がついている橋があり、端から順に付属の棒で叩いていくと「ふるさと」の曲になる「メロディー橋」があります。(城戸音橋とも言われています)

子どもはこの鉄琴に夢中になり、何度もこの鉄琴を繰り返したたいて、南蔵院到着まで道中から楽しめますよ。

鉄琴の音も優しい音色で、聞く人を穏やかな気持ちにしてくれます。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】不動明王

子どもも怖がる迫力!だけど、背中の炎がパワーのようでかっこいい!

不動明王,南蔵院,福岡,涅槃像

南蔵院の敷地内には、高さ11メートルもある巨大な不動明王があります。

子どもはその大きさと不動明王の表情にまたビックリするかもしれません。しかし、不動明王は様々な厄災から人々を助けてくれる仏様です。

背中に見える炎のようなものからも、そのパワーが感じられ、見るだけでご利益を感じられそうです。怖がる子どもも一緒に、不動明王の足元にある専用場所にろうそくをたて、手を合わせてみてください。

【3】風神雷神

木に風神雷神が!子どもを肩車してじっくり見てみよう

風神雷神,南蔵院,福岡,涅槃像

木にどうして鳥居が?と思って上を見上げたら、木に彫られた風神雷神。こちらは不動明王のすぐ側にあります。

昔、敷地内にある木に落雷したことがあるそうで、落雷で剥がれた幹に雷神様を彫り、ご神木としている木となっているそうです。

葉を茂らせている木に直接このようなものが彫られているものも珍しいのではないでしょうか?それだけでなんだかパワーのある木に感じます。

子どもの背丈からは多少見えにくいため、抱っこや肩車をして見せてあげてほしいものです。見れば見るほど惹きこまれる魅力があります。

【4】不動の滝

滝の裏や横が大きな重なった洞窟に!子どもも探検気分

不動の滝,南蔵院,福岡,涅槃像

南蔵院内の本堂を奥に進むと、「不動の滝」という滝があります。水子供養などに訪れる方もいらっしゃるそうです。

不動の滝の上はちょっとしたお散歩道になっていて、階段で上れるようになっています。また、その下も洞窟のようになっていて入ることができます。

岩にチェーンが付いていて、下から上へも上ることができるようになっていて、子どもはいきなり別空間に来たような景色に興奮するかもしれませんね。

この上には小さなお地蔵さんがいっぱいあり、その1つ1つにも手を合わせたくなります。

【5】涅槃像

大迫力の大仏様に子どももびっくり!どれくらい大きい?

南蔵院の涅槃像,南蔵院,福岡,涅槃像

南蔵院の1番の見どころでもあると言っても過言ではない涅槃像は、高さ11メートル、全長41メートルの大きさで、ブロンズ像では世界一の大きさとなっていて、大迫力です。

この涅槃像の体内には、有料で入ることができるようになっていて、体内にはミャンマー仏教会より贈呈された高弟2人の真骨(仏舎利)が安置されています。

この涅槃像の正面はガラス戸付き休憩所になっていて、記念写真を撮り終えたら、自動販売機などで飲み物を買って、子どもと小休憩しながらゆっくり涅槃像を眺めることができます。

また、涅槃像前は広場になっているので、子どもの足で何歩分の大きさになるのか?と計ってみるのも楽しいかもしれませんね。

【5】涅槃像の足裏

実際に触ってみよう涅槃像の足や体!

涅槃像の足裏,南蔵院,福岡,涅槃像

この涅槃像の足の裏に触ると金運アップすると言われていて有名で、なんとこの南蔵院のご住職は何度も宝くじの高額当選されているそうです。これは触らないと気がすみませんね。

涅槃像の周りは1周できるようになっているため、涅槃像に触り、そのご利益にあやかって来るといいですね。

また、足裏には「仏足(ぶっそく)」といって、お釈迦さまの足裏の模様が彫られています。模様にはそれぞれ意味もあるそうです。子どもと一緒に模様の意味を学んで帰るのもよさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?南蔵院は、これ以外にも秋には紅葉がきれいだったり、かわいい小僧の像があったり、涅槃像にたどり着くまでの道がトンネルになっていたり、南蔵院前のレトロな町並みも魅力の1つです。

城戸南蔵院駅から歩いてすぐですし、駐車場も充実していて交通の便も山の中という場所のわりには悪くないので、ぜひ一度家族で訪れてみてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP