妥協する、あきらめるなんてもったいない!仕事人×妻×母として「トリプルハッピー」になろう

妥協する、あきらめるなんてもったいない!仕事人×妻×母として「トリプルハッピー」になろう

Bu facebook
Bu twitter
皆さん、こんにちは。森本千賀子と申します。「もりもと」「ちかこ」の頭の文字をとって「もりち」と呼ばれています。まずは自己紹介をさせてください。私は、人材を採用したい企業と転職したい人とのご縁を紡ぐ「転職エージェント」です。 1993年、リクルート人材センター(現:リクルートキャリア)に入社。法人向け営業として新規顧客開拓を行い、入社1年目から営業成績1位、全社MVPを受賞。以来20年以上、トップクラスの業績を挙げ続けてきました。現在はリクルートエグゼクティブエージェントに在籍し、経営幹部層の採用支援、転職支援を手がけています。 2012年には、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル~仕事の流儀」で取り上げていただきました。 最近では、講演、書籍出版、メディアでの連載、NPO法人の理事など、活動の場がさらに広がっています。 プライベートでは、12歳と6歳の男の子の母親です。実家の両親は遠方に住んでいることもあり、日常的な育児サポートは受けられないため、夫と協力しながら、あるいはシッターさんやママ友に助けてもらいながら、仕事と育児を両立してきました。 出産後、復職した直後から「プレイングマネージャー」として営業と部下のマネジメントを担ったり、夫が週4日は地方に出張するようになったりと、大変な時期もありました。 けれど、子どもたちは元気いっぱいに育ち、家族仲良く暮らしています。仕事においては、20代の頃から理想として描いていた「キャリアビジョン」を実現しながら、どんどんやりたいことがあふれています。 さて、私がこのコラムを書くにあたって、皆さんにお伝えしたいのは、 「仕事も家庭も、『妥協』するなんてもったいない!」 「仕事人として、妻として、母として『トリプルハッピー』で生きよう!」 …ということです。 子どもたちからたくさんのエネルギーをもらうことで、女性はよりパワフルになり、すばらしい仕事ができる!子どもに誇れる母になれる!私はそう考えています。 私は仕事が大好きです。朝目覚めたときから、「お客様のところに行きたい!」とワクワクしています。休日は、子どものフラッグフットボールの試合の応援、行事や習い事への付き添いのほか、ママ友や近隣の人たちとの交流も楽しんでいます。時間を効率的に、フルに活用するために「朝3時起き」も習慣化しました。周囲の人からは「なぜ、そんなに頑張れるの?」「なぜ、そんなに楽しそうに働けるの?」なんて言われることもあります。「私にはとても無理」とも。 でも、やってできないことなんてありません。自分の「本気スイッチ」をオンにして、それをキープする方法を見つければいいのです。そして、すべてを背負い込まず、「上手に手を抜く」「ラクする」コツやノウハウを身につければ大丈夫。 そこで、「トリプルハッピー」の実現のために、これまで私が実践してきて「よかった」と思うことをお伝えしていきたいと思います。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■森本千賀子 (株式会社リクルートエグゼクティブエージェント)
      300
1993年、リクルート人材センター(現:リクルートキャリア)に入社。法人向け営業として新規顧客開拓を行い、入社1年目から営業成績1位、全社MVPを受賞。以来20年以上、トップクラスの業績。現在はリクルートエグゼクティブエージェントに在籍し、経営幹部層の採用支援、転職支援を手がける。12歳6歳の2児の母でもある。

■著書紹介 HONKI SWITCH ON 本気になれば人生が変わる! No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本 リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」! 本気の転職パーフェクトガイド―トップコンサルタントが教える 後悔しない社会人1年目の働き方 1000人の経営者に信頼される人の仕事の習慣
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP