【"産後に胸が垂れる"は迷信!】マタニティから正しい下着を選んでバストアップしよう

【"産後に胸が垂れる"は迷信!】マタニティから正しい下着を選んでバストアップしよう

Bu facebook
Bu twitter
マタニティインナー、色々あるけど1番気を使うべきは「マタニティブラ」!?

Be0c51c21911c47c0399ba1cd40e4089
妊娠すると、身体の微妙な変化により、早い段階から普段つけていた下着の締め付けが苦しく不快に感じてきます。ランジェリーショップのオーナーの言葉を借りると「そこで絶対に我慢しないこと」!身体が変化したら、すぐに下着を変えることが大切だそう。マタニティ下着には、ブラ・ショーツ・ガードルなど色々ありますが、1番気をつけて選ぶべきものは、絶対に「マタニティブラ」!!出産後・授乳後の女性が最も気になる悩みが「胸が垂れた」だそうですが、正しい知識で身体に合った下着を選べば、産後にバストアップさえも可能なんだそうです。
そもそも、マタニティブラはなぜ必要?手持ちの大きめのブラじゃだめなの?

4f2a76de0b4e151a8130404a013f273d
母乳をつくる乳腺は、妊娠と同時に発達していきます。だから、バストのサイズに変化がなくても、美しく見せるためバストラインをつくるようなタイプのブラジャーだと乳腺の発達を妨げる危険性も。妊娠期独特のバストの変化に対応したブラジャー、ハーフトップならつけ心地も見た目もよく、カラダや肌へのストレスを軽減してくれます。 「マタニティインナー」=「大きめサイズの下着」というものではありません。 一般のブラジャーやガードルは、体のラインを美しく整え保つもの。マタニティ用のアイテムにも美しく見せるという機能もそなえてはいますが、妊娠中の体型の変化を妨げず、プレママの体とおなかの赤ちゃんをやさしくガードすることが大切な役割。そのため、機能や設計、素材、縫製にも配慮が行き届いています。おなかが大きくなる以外にも変化していくプレママの体にやさしいマタニティ用のアイテムならつわりやマイナートラブルを軽減してくれます。
出典:www.premama.jp
妊娠初期だし、まだ身体に変化がない。そう思って4ヶ月頃までは手持ちのブラを使い続ける方が多いそうです。でも自覚がなくても徐々に出産に向けて身体は変化しています。「つわりがつらい」という妊婦さんの中には、合っていないブラジャーをつけていることで症状を増長している可能性も。また、肌が敏感になるので今までの下着でかゆみ・不快感を感じることも。自分の身体の変化をしっかり見つめて下着を選ぶことは、妊娠期間を快適に過ごすことにも関係してきそうです。
おすすめ!マタニティブラ特集
筆者が2度の妊娠期間を通じて実際に使ってみて、おススメの商品をご紹介します。

989315e3b0bd1a960a79723af92ac5dd
Rue de Ryu/マタニティブラジャー筆者が長年頼りにしているカリスマランジェリーショップ「Rue de Ryu(リュードリュー)」のマタニティ&授乳ブラ。インポートブラなので、つけ心地は快適ながら考えたサポート力が抜群。マタニティ期間でも、このブラをつけると洋服のシルエットが全く違うので手放せません。筆者が実際に使っているのは上の写真のもの。
犬印本舗/2WAY授乳レースブラ犬印はマタニティ専門店なだけあって、使い心地にこだわった商品が多いのでおススメです。サポート力は弱めですが、つわりなどで快適さを追求したい時期にはベスト。結局は1番使える、無地の黒ブラが多数揃っているので助かります。
マミールナ/マタニティブラトップ&クロスショーツセット妊娠・授乳時期でも上下セットの下着が欲しい!という方におススメ。女子ですもの、やっぱり下着の見た目もこだわりたいですよね。筆者も誰にも見せる予定がなくても、上下セット下着の日はやっぱり気分が上がります。
最後は自分で触ってケアも忘れずに

8051a72809b500dc62aabf8c5af4358a
正しい下着を選んだら、バストマッサージも必ず実践。大きくなったバストは、放っておくと横に後ろに流れていくので「あなたの居場所はここよ」と教えてあげることが大切だそうです。力は強く入れすぎず、でも毎日自分の身体を慈しんで触ってあげることが重要。皮膚に負担をかけないよう、低刺激のクリームを使ってマッサージします。
nanapi/赤ちゃんが卒乳してからのバストのお悩み解消法イラストが分かりやすいのでご参照まで。下着屋さんでもマッサージ方法を教えてもらえます。卒乳してからと言わず、妊娠中からマッサージしてあげることが大切です。
専門家の話では、産後・授乳後に胸が垂れる1番の原因は「子供を産んだら胸は元に戻らない」との諦めと思い込みだとか。 周りの噂に惑わされず、女性らしさを最も実感できるマタニティから出産・授乳期の大イベントを楽しんで過ごせればと思います。そして「バストは必ず戻る」と信じて地道にケアすること。この意識が大切なのだそうです。産後も自分に自信を持って美しく輝き続けるために、妊娠中からのバストケア、大切にしたいと思います。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP