病院によって違う?食物アレルギーの負荷試験|専門家の見解

病院によって違う?食物アレルギーの負荷試験|専門家の見解

Bu facebook
Bu twitter

近年多くみられる子どもの食物アレルギーですが、ひどい場合だと意識障害や呼吸困難などに陥る、アナフィラキシーショックを起こすことも。

いくつかのアレルギー検査方法がある中で、経口負荷試験について看護師さんたちに尋ねてみました。

ママからの相談:「アレルギーの負荷試験。進める量やペースは、病院により違う?」

割る前のたまご,食物,アレルギー,負荷試験 出典:ixil.info

4歳の息子は牛乳・卵アレルギーで、以前牛乳の負荷試験でアナフィラキシーを起こしました。

ヤクルトを特に分量も量らず容器のまま「ちょっとだけ飲んでみてね」という感じでしたが、1口(約10ml)飲んだ後すぐに嘔吐し、蕁麻疹・血圧低下と症状が進み入院に。

近所では他に負荷試験をしている病院がなく、先生もよい方なのでこのまま通院したいのですが、他の病院ではどのように負荷試験が行われているのでしょうか。(40代・女性)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP