夏休み中の購入がおすすめ!2017年ランドセルの人気傾向と選び方のポイント

夏休み中の購入がおすすめ!2017年ランドセルの人気傾向と選び方のポイント

Bu facebook
Bu twitter
人気ランドセル 選び方

来年の春に子供が小学校入学を控えるパパとママ、ランドセル選びはもう始めていますか?

最近は、ランドセルの購入シーズンが年々早まっているようですよ。

夏休みのうちにランドセル選びを!

最近は多くのランドセルメーカーが7月より予約受付を開始していて、受付開始とほぼ同時に申し込みをするご家庭も増えています。人気ブランドの『鞄工房山本』、『萬勇鞄』は、今年は7月中旬で全品完売になってしまったとか! もたもたしていると、欲しいものが完売だった!なんてことにもなりかねません。この夏休みのうちにアクションを起こしておいたほうがいいですよ。

夏休み中に購入するのがいいわけ

とはいえ夏休みのこの時期なら、たいていのブランドはまだ多くのモデルの在庫があるので安心です。『早期購入特典』や『早期予約割引サービス』があるブランドもあります。また、8月購入がおすすめなのは帰省シーズンでもあること。

入学祝におじいちゃん、おばあちゃんがランドセルを買ってくださるご家庭も多いと思いますが、8月なら帰省の際、おじいちゃん、おばあちゃんとランドセル選びを具体的に話しあったり、一緒にお店に足を運ぶこともできます。そのためか、最近のランドセル購入のピークはお盆休みなんだそうです。

2017年度ランドセルの人気の傾向

男女ともに一時期流行った個性重視のデザインから、年々色・デザイン共に落ち着きのあるものが好まれる傾向にあるようです。

【男の子】

◆カラ―

1位 黒 2位 青色 3位 シルバー

◆デザイン

オーソドックスなデザインを好む傾向に。ランドセル本体は黒やダークグレー、ヘリ巻きテープや刺繍の色に青をチョイスするコンビが人気だそう。またメタリックカラーにシャープな型押しシルエットをデザインしたものも人気です。素材はコードバンの人気がやや上昇傾向にあります。

【女の子】

◆カラ―

1位 ピンク 2位 ブラウン 3位 パールカラー

◆デザイン傾向

刺繍やステッチをあしらった装飾系が人気ですが、かわいさよりも上品さを求める傾向に。側面にはハートやティアラなどの刺繍やスワロフスキーをポイントにしたものも。人気カラ―は素材で分かれる傾向にあり、クラリーノ素材ではブラウンとピンクのコンビ、牛革など天然素材ではワインレッドが根強い人気です。また今年はパールカラーも注目を集めています。

ランドセル選びのポイント

ランドセルの素材メーカー『クラレ』が実施した『ランドセル購入者アンケート』によると、ランドセル選びに重視したポイントベスト5は以下の通りです。

1位  軽さ(フィット感・材質) 2位  カラ― 3位  機能 4位  価格が手頃 5位  丈夫さ(強度) (参照元: 2012年 ㈱クラレ クラリーノ事業部調べ)

小学1年生というとまだ小柄なため、多くのパパ、ママは『軽さ』を重視するようです。1位~5位までのチェックポイントはどのように評価するべきか、以下にまとめてみます。

第1位  軽さ

単純に総重量が重いか、軽いかより、体にフィットするかどうかの『体感重量』で判断します。軽さだけを売りにしているランドセルは、耐久性が低いという場合も。体感重量は、以下の機能やデザイン次第で大きく変わります。

・背カン:肩ベルトの付け根の金具。動く背カンにすることで背負いやすくなります。 ・肩ベルト:肩ベルトを湾曲型にすれば体への負担が軽減します。 ・背当て部の素材・デザイン:通気性の良い清潔感ある素材・デザインなら背中が群れず快適さがアップします。

第2位  カラ―

カラ―、デザインともに6年間飽きずに使えるかを念頭に選びましょう。最近男の子、女の子ともに抑え目なデザインが人気なのは、長い目で見ての判断だと思います。

第3位  機能

最近は、なるべく全ての教材が入るよう各メーカーがしのぎをけずっています。多くのメーカーがA4フラットファイルに対応していますが、メーカーによっては幅を広げることで重くなったり、型崩れしやすくなってしまうことも。耐久性のチェックも併せてお忘れなく。

第4位  価格

素材やデザインによって価格に幅はありますが、やはり気になるのは平均価格。クラリーノ素材のランドセルメーカー、『フィットちゃん』では、4万円台のランドセルが人気だそうです。ランドセルは6年間使うもの。安さだけを追究するだけではないようですね。

◆人気の価格帯

1位 \40,000~49,999 2位 \30,000~39,999 3位 \50,000~ (参照元:人気の価格帯 フィットちゃん

第5位 耐久性

耐久性においては以下の4つのポイントをチェックしてみてください。

1. 丈夫で強い素材。防水性も考慮され、傷がつきにくい。 2. 太い糸で縫われ、縫い目も均等で見た目が美しい。 3・ へりの角の処理が丁寧で美しい。餃子のひだのようになっている。 4. 型崩れしにくい構造。大マチ周りが歪みが無い。左右対称になっている。

『萬勇鞄』、『鞄工房山本』、『土屋鞄製造所』、『池田屋』、『神田屋』などの工房系のランドセルは6年間の修理を保証しています。そういった点からも工房系ランドセルは根強い人気です。

選ぶときは大人がある程度決めてから!

子供が使うものだからと、最初から子供を商品選びに入れるのはNGです。子供は6年後の見通しや、機能性などは理解できないため、「あれもいい、これもいい」と収集がつかなくなってしまいます。

また、子供はとにかく最初に背負ったものを気に入ってしまうもの。「いろいろ調べて決めたのに、思った商品と全然違うものになってしまった!」ということにもなりかねません。まずは大人主体でよく検討し、「ここ!」と決めたブランドでどのモデルにするかを子供と一緒に考えるといいですよ。

ランドセルは6年間使うものだから、子供に愛着を持って使ってほしいですよね。また、おじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらう場合も「買ってよかった!」と喜んでもらえる良い買い物がしたいものです。小学校入学を楽しみにできるように、皆が納得のいくランドセルを選んでくださいね!

参照/ 2017年ランドセルの人気比較ランキング 人気ランドセルの比較サイト@決め手は価格とカラーですよ! 「ランドセルの失敗しない選び方」 フィットちゃんランドセル公式サイト 「ランドセルを選ぶ5 価格で選ぶ」

関連コラム

小さくても大きくてもダメ!正しい歩き方のためにピッタリサイズの靴を選ぼう
幼児用ドリルを活用してみよう!選び方のポイントとおすすめ幼児ドリル
諦めない!くじけない!『立ち直り力』を育むために幼児期から親ができることとは
おやつは悪者じゃない!『正しいおやつのあげ方』を年代別に解説します!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP