食物アレルギーでも安心!大人もうれしい絶品レシピ ~パーティーにも使える!おしゃれな料理~

食物アレルギーでも安心!大人もうれしい絶品レシピ ~パーティーにも使える!おしゃれな料理~

Bu facebook
Bu twitter

パーティーにも使える!おしゃれな料理


講師:長谷川 実穂(管理栄養士)

近年子どもに増えている食物アレルギー。限られた食材での食事作りは大変ですよね。
今回は、「小麦粉」「牛乳」「卵」も使わない、簡単でとても美味しいレシピを紹介します!
マンネリ化しがちな食物アレルギーの食事も、ちょっとした発想の転換でメニューの幅はぐっと広がりますよ。

ムサカ

<材料> ※大人2人分+子ども1人分
▼具材
・じゃがいも 中2個
・なす 中2本
・オリーブオイル 大さじ2、小さじ1

▼ホワイトソース風
・米粉 大さじ3
・豆乳 300ml
・ブイヨンの素(小麦粉不使用) 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・塩 少々

▼ミートソース
・あいびき肉 200g
・たまねぎ 2分の1個
・トマト水煮缶 400g
・にんにく 2分の1かけ
・ローリエ 1枚
・塩、こしょう 各少々
・オリーブオイル 大さじ1

<作り方>
(1)ミートソースを作る。
まず、みじん切りにしたにんにくを弱火で炒めて、オリーブオイルに香りをつけます。

そこに、たまねぎを加え、透き通るまで炒めたら、ひき肉も加えて火が通るまでしっかり炒めます。
ひき肉に火が通ったら、トマト缶と香り付けにローリエを入れて、全体にとろみがつくように混ぜていきます。

最後に、塩、コショウで味を調え、水分がとぶまで煮詰めたら完成です。

(2)ホワイトソースを作る。
鍋に豆乳と米粉、砂糖、ブイヨンを入れて火にかけます。
とろりとなるまで混ぜましょう。
※ブイヨンは、小麦粉が入っていないものを選んでください。
〔POINT〕
米粉はすぐに水分に溶け、ダマにならないため、小麦粉で作るよりも簡単です。さらに、豆乳を使うと牛乳よりもカロリーが抑えられるだけでなく、鉄分も摂れます。

塩を入れて、味を調えたら、ホワイトソースの完成です。

(3)具材を用意する。
なすは、5ミリ幅に切り、みずにさらしてあくを抜きます。
あくを抜いたら、キッチンペーパーに並べて、しっかり水気を切りましょう。

じゃがいもは加熱し、5ミリ幅に切ります。

そして、オリーブオイル(大さじ2)を引いたフライパンで、なすとじゃがいもを焼き、こんがりと焼き色をつけます。

これで、必要なソースと具材がすべてそろいます。

(4)オーブンで焼いて完成!
耐熱皿にオリーブオイルをまんべんなく塗ります。

その耐熱皿に、用意したミートソースを半分入れます。その上に焼いておいたなすとじゃがいもを半分乗せます。さらに、その上にホワイトソースを半量重ねます。
これをもう一度繰り返したら、準備完了です。

あとは、220度に予熱したオーブンで20分焼くだけ。
全体がぐつぐつしたら完成です。
パセリを散らし、いろどりを加えましょう。



講師の長谷川 実穂(管理栄養士)さんより
「日々、食事にきをつけなければいけないため、大変な面はありますが、おいしく食べられるものはたくさんあります。身近な食材でどんなものができるか、楽しみながら考えてみてくださいね!」


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP