春スキーなら長野に行こう!子連れにおすすめのゲレンデ3選

春スキーなら長野に行こう!子連れにおすすめのゲレンデ3選

Bu facebook
Bu twitter

楽しいスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ。子どもも大人も大好きなレジャーです。冬もスキー場には何度か足を運んだけれど、まだまだスキーが滑り足りない!またはタイミングが合わなくて行けなかった!そんなそんな方にオススメなのが春も滑れるスキー場

雪の多い長野には、春も滑ることができるゲレンデがあるんです。子連れでも行ける、春も滑れるゲレンデをご紹介します。

冬スキーと春スキーの違いとは?

ski-898116_640
一番の違いは積雪量!最適のシーズンである1月、2月に比べると積雪量はぐっと減り、雪の状態も悪くなります。パウダースノーは期待できないと思って。

積雪量が減る分、コースも限定され、リフトも閉鎖されることも。積雪状況やリフトの運行状況、コースの閉鎖などの情報は、ゲレンデの公式サイトで随時更新されているので、事前にチェックしておくと安心です。

ただ、春スキーのいいところも!それは気温が高い分、長い時間滑っても風邪をひいたりする心配が少なく、子連れでも長い時間雪遊びができること

小さな子供は大人より寒さが身に沁みますが、気温の高い春なら長い時間遊ばせても安心。ただ、雪が溶けやすく服が濡れやすいので、着替えやタオルなどの準備は怠らないで!

1. 白樺リゾート池の平スノーパーク

白樺リゾート、池の平ホテルに併設されたゲレンデ。特に子ども連れに特化していて、とにかくキッズパークが充実しているんです。

キッズパークである「ポタスノーランド」では、そり遊びはもちろん、動物との触れ合いも楽しめちゃう。ウサギ、キツネ、タヌキ、ペンギンなどの動物を見たり、触れ合ったりすることが出来るから、子どもは大喜びすること間違いなし。さらに、犬ぞり体験もできちゃいます。

そり遊び広場には、スノーエスカレーターがあるから、そりを滑るたび斜面を登る苦労もなし。さらに小さな子供が雪遊びができるスペースもあり、ベビー連れでも安心。歩けるようになったばかりの子どもの雪遊びデビューにオススメ。
3月27日(日)まで営業しています。

【住所】
長野県茅野市北佐久郡立科町芦田八ヶ野1596
【営業時間】
09時00分 ~16時30分
【休業日】
火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
【入場料】
リフト券(1日券) 大人3,000円  子ども2,500円 ポタスノーランド 500円※池の平ホテル宿泊者は400円
【問い合わせ】
0266-68-2100
【アクセス】
中央本線JR「茅野」駅よりバスで50分・タクシーで30分

2. 栂池高原スキー場

長野県でも有数の積雪量を誇るスキー場。雪の状況にもよりますが、2015年春シーズンはなんと5月6日まで営業していたほど!ゴールデンウィークまでスキーが楽しめちゃうんです。
広大なゲレンデにはコースが多数!もちろんキッズ向けのゲレンデも整備されています。

キッズ向けのゲレンデは「鐘の鳴る丘ゲレンデ」。なんと横幅が1キロもあり、初心者のキッズでも安心して滑ることができます。

小さなお子さん向けには「鐘の鳴る丘ゲレンデ」にある「キッズパーク」がオススメ。70m x 70mの広いスペースに、小さな子供が大喜びすること間違いなしの遊具が勢ぞろい。また、動く歩道もあり、そり滑りも楽々です。
さらに隣接する「栂池パーク」と「グリル栂池」には、おもちゃが用意された室内キッズスペースやおむつ替えスペースも完備!

さらにキッズ向けゲレンデとして整備されているのが「からまつ・親の原ゲレンデ」。坂が緩やかなので、ボーゲンさえできればパパママと一緒にゆっくりスキーやスノーボードの練習ができます。長さも1000メートルあるので、少し上達したキッズはこちらがオススメ。ふもとには初心者キッズにも安心な、キッズスクールにも使われる「ちびっこエリア」もあるので、こちらで練習しておけばさらに安心です。

また、ゴンドラ中間駅に隣接する「雪の広場」には、キッズコーナーが整備されているので、小さなお子さんを連れているならこちらで交代で子どもを見ながらスキーを満喫することもできます。

【住所】
長野県北安曇郡小谷村栂池高原
【営業時間】
キッズパーク10:00~15:00 リフト 8:00~17:00 ※日時限定でナイター営業あり
【休業日】
なし
【入場料】
リフト券(1日券) 大人4,900円  子ども2,800円 ※未就学児:ご家族連れで大人同伴のみ無料。子供のみの利用や町内会など団体でご利用の場合は、4歳以上にこども料金を適用
キッズパーク 1人(大人付き添い一人無料)500円
【問い合わせ】
0261-83-2515(栂池高原観光協会)
【アクセス】
JR南小谷駅より路線バス栂池高原停下車すぐ

3. 竜王スキーパーク

こちらも昨年5月まで営業していた春スキーにピッタリのゲレンデ。今シーズンから新しく登場したのが「RYUOO ADVENTURE PARK」。スキーやスノーボードを滑るだけではない、ゲレンデの楽しみ方を提案してくれるアドベンチャーパークなんです。

子どもでも安心して滑ることができる、キッズ専用の「キッズスキーコース」があるから、初めての子どもを連れて行くのも安心。さらに、リフトではなく動く歩道が整備されているから、坂道を上る必要もないですし、リフトがまだ不安な子ども連れでも楽々。

スキーコース以外にも、子どもだけでなく大人も楽しめちゃう「ソリ・チュービング」さらにスノーラフティングやスノーバギーが楽しめる「アドベンチャーフィールド」もあり、小さなキッズだけでなく、小学校中学年以上や中学生の子供でも満喫できそうです。
また、ふもとには温泉もあるので、最後は温泉で疲れを癒して帰宅できちゃいますよ。

【住所】
長野県下高井郡山ノ内町竜王11700
【営業時間】
8:00〜17:00 ナイター17:00〜21:00 RYUOO ADVENTURE PARK 9:00〜16:00 ※降雪により変更有
【休業日】
なし
【入場料】
リフト券(1日券) 大4,500円  子ども2,900円 RYUOO ADVENTURE PARK 800円
【問い合わせ】
0269-33-7131
【アクセス】
長野電鉄湯田中駅よりシャトルバスにて25分

子どもと一緒に春スキーを楽しもう!

春スキーのいいところは、気温が高くなっている分、風邪などの心配も少なく、長い時間遊べる事。その反面、雪の状態は少し悪くなっており、コースによっては閉鎖されていることもあります。

また、営業日数も雪の状態により変更されるので、春スキーは事前のチェックが一番大切。それぞれのゲレンデの公式サイトで、積雪状況やリフトの運行状況は常時更新されています。事前にチェックしていけば安心!ぜひチェックしてからお出かけしてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP