5年後の学校は「非認知スキルと英語」が必須!? 勤勉性と自制心を高める子育て術【前編】

5年後の学校は「非認知スキルと英語」が必須!? 勤勉性と自制心を高める子育て術【前編】

Bu facebook
Bu twitter
先日、クレディセゾンの社内で特別講義「直撃する英語教育改革と非認知スキルとは?」が行われました。登壇いただいたのは、パーソナルオンライン英会話「GLOBAL CROWN」を運営する株式会社ハグカム代表取締役の道村弥生さん。参加者は、クレディセゾンの既婚社員やパパママ社員約20名です。

みなさんは講義のテーマである「英語教育改革」と「非認知スキル(EQ)」をご存知でしょうか? 「英語教育改革」は、2020年の東京オリンピックに向けて文部科学省が進めている「グローバル化に対応した教育改革実施計画」の重要な取り組みです。大学受験や公教育の学習指導は、わずか5年後で大きく変わろうとしています。「英語教育改革」と「非認知スキル(EQ)」を聞いたことはあるけれど内容までは知らないという方も、ご安心を。【前編】では、どのような教育改革が起き、私たちの子育てにどんな影響を及ぼすのか、道村さんがわかりやすくお話してくださいました。ぜひ、この機会に学んでおきましょう。

取材・文:栗本千尋 撮影:豊島望
プロフィール

道村弥生(みちむら やよい)
株式会社ハグカム 代表取締役。1982年生まれ。2007年、明治大学商学部卒業。同年、サイバーエージェントに入社。同社グループの口コミマーケティング会社の取締役、スマートフォン向けソーシャルゲーム社長などを経て、2015年に独立。株式会社ハグカムでは、3〜10歳の子どもを対象とした、オンライン英会話「GLOBAL CROWN」の教育サービス事業を展開。「GLOBAL CROWN」とは、毎日20分間、自宅でマンツーマン英会話レッスンを受けられるサービス。送り迎えが不要なため、共働きのパパママに支持されている。
【株式会社ハグカム】http://www.hugcome.co.jp/
【GLOBAL CROWN】https://www.global-crown.com/
小3から英語の授業がスタート。変わる「英語教育」で子どもに求められる4技能とは?
最初のテーマは、英語教育改革について。講義は「英語能力の4技能って何だかわかりますか?」という道村さんの問いからスタート。……その答えは、「聞く」「話す」「読み」「書く」の4つです。今までの義務教育は、中学に就学するとアルファベットを「書く」ところから入り、試験で「読み取る」「聞き取る」能力を試されましたが、「話して伝えること」まではあまり求められませんでした。ここが、英語教育改革で大きく変わるところ。変化するポイントは、以下の3つです。

1.大学のセンター試験が廃止され、4技能を評価する新試験に変更される
2.小学3年生から英語の授業がスタートし、5年生から正式教科として成績がつく
3.中学・高校の授業は英語で行われる

copyright©2014 HugCome Inc. All Rights Reserved.

それでは、5年後の子どもたちはどのような教育を受けることになるのか。道村さんがわかりやすく解説してくださいました。

道村:現在3〜7歳の子は、5年後に8〜12歳になります。つまり3年生から始まる英語の授業が、英語教育改革の対象になるのです。小学3〜4年生の英語は、まず「聞く」「話す」の音声が中心です。5年生からは正式科目として成績がつくようになります。成績や評価はペーパー試験ではなく、各学校で用意した「CAN-DOリスト」というものを用い、英語での表現や理解力などで判断します。

5年生から英語の成績がつくとなると、何歳のときに、何ができるようになっているとベストなのでしょうか?

道村:就学前に「英語を聞く」習慣をつけて音に慣れること、英語を好きになることが大事です。簡単な英単語を知っていて、あいさつができるようになるといいでしょう。小学校では、名前や年齢、どこに住んでいるか程度の自己紹介ができるとベスト。さらに生活に関わる単語を知っていて、基本的なフレーズでコミュニケーションができるようになるのが望ましいです。

「まずは、子どもの『英語を学びたい』気持ちを尊重して」と、道村さんは話す
まずは英語に慣れ親しむことが大切なようですね。では、中学生ではどんな内容になり、どれくらいの英語力を求められるのでしょうか。

道村:5年後、中学校の英語の授業は英語で行われるようになるため、ある程度のリスニングができないと、授業についていけず、「何を言っているのかわからない!」ということになってしまいます。成績は、4技能を評価するスピーチコンテストやインタビューを実施し、その中身で判断。高校卒業時には、英語で自己主張や意見交換(ディベート)ができるようなレベルが求められます。最終的には大学入試で4技能の点数を志望大学に提出するか、評価を基に試験を受けることになります。
英語はまず「音に慣れる」ことから。4技能は正しい順番で効果的に身につけてください
英語教育がここまで大きく変化するのを聞くと、気が遠くなるような感覚さえ覚えますが、順序を経ていけばしっかり身につけることができるそう。道村さんは英語の4技能を伸ばす方法についても教えてくださいました。それは、聞く、話す、読む、書く、の順番で学ぶことが大切で、英語に慣れ親しむには以下の5つのステップを踏むと効果的だと言います。

1.「音に慣れて英語を好きになる」
2.「英語を聞く習慣をつける」
3.「まず話す(発音はあとから)」
4.「英語について自信をもたせる」
5.「日常で英語に触れる機会を増やす」


筆者は、幼い頃から英語を習わせることで、日本語と英語の区別がつきにくくなるのでは? と疑問に思っていたのですが、4〜5歳くらいになる頃には、母国語の「日本語」と、「外国語」という異言語を認識できるようになることが、脳科学的にも実証されているそうです。3歳頃までは英語のCDやアニメのDVDを流すくらいにしておいて、日本語が定着してきた4〜5歳から英会話をはじめるといいのではないかと、道村さん。子どもを先生にして「これは英語で何て言うの?」と、コミュニケーションをとりながら英語を習得させていくことで、彼らの自信に繋がるそう。最初に気合いを入れすぎて、子どもが英語嫌いにならないよう、バランスよく取り入れることができるといいですよね。

道村さんのお話に、メモをとりながら熱心に耳を傾ける参加者たち

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP