親子で身につける防犯術 きっぱり断り、知らせる

親子で身につける防犯術 きっぱり断り、知らせる

Bu facebook
Bu twitter

きっぱり断り、知らせる

不審者は、純真な子どもにつけ込んで近づきます。
怪しい人が実際にアクションをしてきたらどうすればいいのか、親子で体験してみましょう。


講師:清永奈穂(体験型安全教育支援機構 代表)
小さな子どもが被害者になる事件の多くは、ちょっとしたすきに起きています。子どもが小さいうちから親子で防犯の基本を身につけ、危険を回避する力をつけましょう。

危ないときは「いか・の・お・す・し」

危ないことや変なことにあいそうになったとき、覚えておきたいのが「いか・の・お・す・し」です。


「いか」 ついていかない

一緒に行こうと言われても絶対ついていかないこと


「の」 車に乗らない

知らない人の車には絶対に乗らないこと


「お」 おおごえを出す

勇気を出して、大声で助けを呼ぶ


「す」 すぐ逃げる

危ないと思ったら、走って逃げる


「し」 しらせる

怖い目にあったら、大人に知らせる


きっぱり断る

怪しい人に誘われたとき、子どもはきっぱり断ることができるでしょうか。
親子で練習してみましょう。
 
 
「お菓子をあげる、買いに行こうよ」
→「行きません」「いりません」

断ったら走って逃げよう!
 
 
「幼稚園を知りませんか? 一緒につれてって」
→「大人のひとに聞いてください」

道を教えるのはかまわない。でも一緒に行動しない!

 
「お母さんが交通事故にあった。病院に行こう」
→「おうちに帰ります」

車には絶対乗らない!


防犯ブザーの使い方を覚える

防犯ブザーはまわりに危険を知らせるためのもの。
正しい使い方を覚えましょう。

おなかの高さでひもをつける

捕まえられたときでも操作しやすいように、おなかの高さに調整したひもをつけます。
故障や電池のチェックも忘れずに!

自分で鳴らし、止める練習

親が子どもをつかまえ、実際にブザーを鳴らしてみます。
子どもが自分で鳴らし、止めることができるように練習しましょう。

※防犯ブザーは身を守る大切なもの。ふだんは絶対にぶざけて鳴らさないよう教えましょう。


大声を出す

怖い目にあったとき、声が出せないことがあります。
これも機会を見つけて練習しておきましょう。

大声で「助けて!」

親子で少し離れて立ち、大声で叫びます。
「助けて」のほか、「ママ!」や「おかあさん!」もOK。

手をバタバタさせたり身振りをつけたりして繰り返す

体をくの字に曲げて、手をバタバタさせながらしっかり声を出します。
繰り返し叫ぶと、普通と違う状況であることが周囲にも伝わります。


知らせる

実際に怖い目にあうと、子どもは「怒られる」と思って言えないことが多いものです。
いつ、どこで、どんなことがあったのか、優しく聞いてあげてください。

またこうした情報は警察などに知らせ、地域で共有するようにしましょう。


ポイント

怪しい人に声をかけられたらどう答えるか。
危なくなったらまわりにどうやって知らせるか。
いざというときに備えて親子で練習しておきましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP