【子育てあるある】おばか男子 VS 生意気女子の理由はコレ!

【子育てあるある】おばか男子 VS 生意気女子の理由はコレ!

Bu facebook
Bu twitter

thankyou0630-08.jpg
夏休みは終わったけれど、9月にはまた大型連休があります!

子どもとの時間はもちろん幸せだけど、あまり長く一緒にいると、いろいろイラッとすることも増えて、大変ですよね。
男の子はおばかなおふざけばっかりするし、女の子ならいちいち生意気なこと言ってくるし、「なんでー!?」って思いますよね。
 
はい、それ理由があったんです!
というわけで、おばか男子と生意気女子の行動&言動の理由と、ありがちエピソードをご紹介します。
 


「息子がお店屋さんごっこしよう!というので、はりきって「○○くださ~い♪」と言うと、「あーそれは売りません」。「じゃあ△△ください」と言うと「それもありません」とことごとく否定されて、ムカッ!」6歳男子


「娘は幼稚園に入った頃から、夏になると水着探しに余念がなく、試着マストは当たり前。そして親が勧めるものは全否定! 女子力の高さはすでに母を超えてます!」5歳女子


「すきあらば裸になろうとする息子たち。「エッチ~」とニヤニヤしたり、裸で芸人のネタをやり合ってる姿を見ると、育て方間違ったかな?と思います。服を着ろー!」6歳&4歳の息子

「お昼はかんたんにそうめんで済ませたいのに、「そうめんは食べ飽きているので、違うものにしてください」と先制攻撃をかけられます!」18歳&12歳&10歳女子

 


【男子と女子、その行動と言動の理由はコレ】

<男子>
落ち着きのなさは“頭のよさ”の表れ。男子脳は「空間認識力」にたけているので、自然とそれを鍛える遊び方をするんです。落ち着きがないのではなく、“脳が学習している”ということ。かと思うと急にぼーっとすることもあると思いますが、それは学んだことを脳に書き込んでいるんです。


<女子>
女子は生まれつき自我がしっかりしていて、4歳ともなれば自分が何者で、何を欲していて、どうやったら手に入るのかが本能でわかります。「ママ太った?」「こないだと言ってることが違う」という生意気に思えることも言いますが、それは観察力が優れているから。そんな女子には「○○に行くけど一緒に来てくれない?」など、友だちのような会話で頼りにすることでよい関係が築けます。


男子・女子のイラッとしたり謎だと思う行動も、理由がわかればひとまず安心。

上手につきあって、それぞれの特性を伸ばしてあげられたらいいですね♪
 


参照:『サンキュ!』9月号「おばか男子VS.生意気女子あるある対決」より一部抜粋 監修/黒川伊保子、イラスト/カツヤマケイコ、取材/草野舞友、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP