今、新1年生はナーバスな時期!?ママが緊張をほぐしてあげよう

今、新1年生はナーバスな時期!?ママが緊張をほぐしてあげよう

Bu facebook
Bu twitter
新1年生 緊張

4月の入学シーズンからもうすぐ2ヶ月。お子さんの様子はどうでしょうか。保育園や幼稚園での生活から環境が大きく変わる小学校入学後の数ヶ月は、子供たちにとって心身ともに緊張し、疲れやすい時期です。新しい先生、新しい友達、新しいルールや学童での生活……小さな子供は順応性があるとはいえ、ここまで何もかもが一気に変わってしまっては、しばらくは精神的に不安定になってしまっても無理はありません。

そこで今回は、入学後の子供が少しでも安心して学校生活を送れるように、親がしてあげられることについてご紹介します。

共感しながら話をじっくり聞いてあげよう!

何から何までが新しい環境に変わってしまった新1年生たち。毎日が変化や緊張の連続で、心も体も疲れてしまっています。ぐずぐず、ダラダラして不機嫌になったり、帰ってすぐに疲れ果てて眠ってしまったりするのはそのせいです。中には、幼稚園や保育園のころにはできていたこともできなくなるような『幼児返り』をしてしまう子供もいるとか。

また、子供が「疲れた~」「先生に叱られちゃった!」「お友達にこんなことを言われたの……」など愚痴をこぼすようなこともあるでしょう。親は、そんな子供の様子を見て「大丈夫なのかな?」と心配になってしまいます。

そんなときは、子供の話をじっくり聞いてあげるようにしましょう。このとき、「先生のお話をちゃんと聞いていなかったからでしょ!」「1年生なんだからぐずぐずしないの!」などと突き放すような反応はせず、しっかり子供と向き合いながら、共感的に話を聞いてあげる姿勢が重要です。

親から共感してもらえると、子供は安心していろいろと話してくれるようになります。こうして子供とじっくり向き合って話をすることで、子供が今何に困っているのか、問題はどこにあるのか、親としてどういう対応をしてあげれば良いかなど、解決のヒントが見えてくることもありますよ。

先生と良好な関係を築いて、相談しやすい環境作りを

小学校では、保育園や幼稚園に比べてクラスの人数が増えるため、先生が一人ひとりの児童に割ける時間は少なくなってしまいます。先生の目が行き届かないところで、子供たちは不安や困り事を抱えている可能性もあります。「自分で先生に相談できない」「自分の口からは言い出せない」という子供もいるでしょうから、親が直接、先生に悩みや心配事を相談できるような関係性作りもとても大切です。そのためには、まず保護者会や参観日にはできるだけ出席し、先生とコミュニケーションが取れるといいですね。

先生と顔を合わせたときは、日頃子供がお世話になっているお礼や、子供が話していた先生のエピソードなどを伝えるなどして、良好な関係性を築くようにしたいもの。こうしておけば、連絡帳や電話などを通じて、担任の先生に心配事などを気軽に相談できるようになります。また普段から良好な関係であれば、先生からも日頃の子供の様子など気づいたことを教えてくれることもあるでしょう。

近年は残念ながら、先生に対してあまりにも失礼な態度をとったり、無理な要求をしたりする保護者が問題になることがあります。そういった行動は子供にも悪影響になりますし、先生との良好な関係作りを妨げます。大人としてのマナーを守り、先生に相談する際には日頃の指導に対する感謝や、相談して問題に対処してもらったお礼の言葉を伝えるなど、心遣いを忘れないようにしたいものです。

親同士も親しくなるように心がけよう!

仕事が忙しくて、なかなか小学校の父兄懇親会などに出席できないというパパ・ママも多いと思いますが、新入学生のうちは、なるべく親同士が集まる会にも出席してみましょう。

日頃から子供がよく話題にするお友達の名前を覚えておいて、そのお友達の保護者を見つけたら「いつも子供がお世話になっております」「仲良くして頂いているようでありがとうございます」などとあいさつしておくこともおすすめします。こうしておけば、子供同士で何かトラブルになった際も、大事になるのを回避することができますし、何かあったときに助け合うこともできて心強いですよ。

小学校に入ると、自分の足で通学しなくてはならなくなりますし、先生も『一緒に遊んでくれる人』から『勉強を教えてくれる人』になり、これまでのように甘えられなくなってしまいます。このように新しいことばかりの毎日で、新入学生は心も体もストレスを受けている状態だということを、親が理解してあげることが何よりも大切です。

「1年生なのだからもっとちゃんとして!」「1年生なのだから自分で考えなさい」などと厳しいことを言いたくなる気持ちは分かりますが、入学直後のこの時期だからこそ、自宅では子供の心にしっかり寄り添ってあげることや、リラックスできる環境を作ってあげることが必要なのではないでしょうか。

お子さんが楽しい学校生活を送れると良いですね!

写真/DGtal Plus Art & Photo 参照/ All About 暮らし「入園、進級!不安な子どもの心、どうする?」 日経DUAL「入学直後は疲れている・・・家庭ではリラックスを」 日経DUAL「小1の壁」は親より子どものストレスを気にかけて

関連コラム

どうすればいい?子供の噛み癖の原因と直し方とは
他の子と比べていませんか?子供を不幸にする子育てとは?
キャメロン・ヘロルド「子供を起業家に育てよう」ーTEDよりー
1歳からはじめる!子供の年齢別お手伝い

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP