106万円の壁!?パート主婦の2/3が働き方を変えることを希望!

106万円の壁!?パート主婦の2/3が働き方を変えることを希望!

Bu facebook
Bu twitter
パートで働いている方、これから働こうと考えている方も、一度は「103万の壁」、「130万の壁」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。2016年10月に施行される「被用者保険の適用拡大」によって、「130万の壁」が「106万円の壁」へと改正されます。これにより該当者の働き方はどのように変わっていくのでしょうか。
■「103万の壁」で所得税が発生し、扶養から外れる!
これまでも話題になっていた「103万の壁」。これは年間の収入が103万円以上になると所得税が課税され、夫の配偶者控除が受けられなくなる、扶養から外れてしまうためです。さらに、配偶者控除が会社からの家族手当支給の要件になっていることも多く、配偶者の給料が減ってしまうこともあるんです。
■社会保険への加入が「130万の壁」から「106万の壁」に。
また、年収が130万円以上になると、健康保険の扶養、国民年金第3号から外れてしまいます。こうなると、社会保険(健康保険、厚生年金保険)に加入しなくてはならず、国民年金第1号被保険者となります。加入すると保険料が発生し、当然手取りが減ってしまうので、この壁を越えずに働きたい!という方が多いのです。
この「130万の壁」が2016年10月に施行される「被用者保険の適用拡大」により、「106万の壁」に引き下げられます。今のままの働き方では、来年の10月以降は手取りが減ってしまう!という方々が出てくることになるのです。この改正により新たに社会保険の加入者になるのは、約25万人と推定されているそうです。

※配偶者が自営業等で国民健康保険や国民年金に加入している場合には、「130万の壁」はありません。
※パート収入が130万円未満でも、概ね正社員の3/4以上の勤務ならば、社会保険料は支払わなければいけません。
■「106万の壁」対応者は?メリットはあるの?
新たな壁の対応者は以下の通りです。2019年10月以降は従業員数が500名以下の企業にも適用されるようなので注意が必要です。
・勤務時間が週20時間以上
・月額賃金が8.8万円以上(年収106万円以上)
・勤務期間が1年以上
・従業員501人以上の企業

手取りが減ってしまうという話をしてきましたが、社会保険や厚生年金に加入することで生じるメリットとは何でしょう。それは、厚生年金保険に加入して保険料を納付すれば、その分だけ年金として支給される金額が増えるということです。老後の年金収入は多い方が良いですよね。これを機会に働き方を変えようと思う方も増えているようです。
■多くのパート主婦は、年収の壁を気にせず働くようになる!?
パート主婦へのアンケートによると、多くの方がこの改正により働き方を変えることを考えているようです。
パート主婦1,000名に、2016年10月にパート・アルバイトの社会保険の適用基準が拡大されたら、働き方をどう変えるか聞いたところ、「手取り年収が増えるように働きたい」が52.7%で半数以上となりました。
また、この改正の影響を直接的に受ける、現在の年収が106万円以上130万円未満のパート主婦層では、「手取り年収が増えるように働きたい」が64.0%で3人に2人と、より割合が高い結果となりました。(「ライフネット生命調べ」)
配偶者や家族とも相談して、長期的な視野でキャリアプランやライフプランを見直したいですね。


ライター:Sugao
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP